転職

20代の転職|キャリアアップを目指して転職する

スポンサーリンク
20代の転職 キャリアアップを目指して転職

20代の転職には、限りないほどの可能性があります。

個人差はありますが、学生時代に好きだったことから、発展し就職をした人もいると思います。

あるいは、適正診断を受けて、仕事を選んだのかもしれません。

しかし、実際に働き始めて、思っていたことと違うことにたくさん出会って、転職を勘が始めたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

20代の転職ではキャリアップを目指す

学生時代からの延長で、就職を決めた人もいるでしょう。

しっかり、ネットで情報を探し、将来性なども考えて、就職先を決めた人もいると思います。

何が自分に向いてるかわからず、まずは就職として、決めたかもしれません。

 

数年働いてみて、こんなはずではないと思うこともあります。

あるいは、興味を感じて調べて見たら、今の職場では実現できないことだと気づいたのかもしれません。

どちらにしても、転職を考え始めたのです。

 

おすすめするのは、キャリアップのための転職です。

社会人となって、まだ数年しか経過しておらず、キャリアと呼べるほどに、業務上の経験が熟練していない可能性も高いです。

20代という年代でお勧めする転職は、可能であればキャリアアップする転職です。

 

ただし、チャレンジしてみたい・キャリアップしたいと感じる業種・職種でなかった場合には、未経験の職種・業種を探すのも良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

20代の転職ではジョブホッパーに注意する

20代の転職は、未経験の職種・業種にチャレンジしていける年代です。

40代以上になれば、未経験の転職は、かなり難しくなっていきます。

 

ただし、注意すべきは、ジョブホッパーにならないように、注意することです。

ジョブホッパーとは、短期間(半年とか1年)で何度も転職を繰り返す人のことです。

ジョブホッパーの職歴があると、転職はどんどん厳しくなっていきます。

採用する側から、また辞めるのではないかと警戒されるからです。

 

ジョブホッパーの方が迎える40代50代は、かなり厳しいです。

年齢は40代になっているのに、短期間で転職を繰り返してきた結果、スキルと言えるものが備わっておらず、新社会人と変わらないような人がいます。

こうなると、就職できる先は、ブルーワーカーの仕事しかなくなります。

 

スポンサーリンク

20代の転職ではサイトで情報をたくさん集めて、企業を選ぶ

転職サイトやハローワークで、求人情報をたくさん集めることが大事ですが、やはり好きな物事や関心があることを軸にして、企業を選ぶことです。

やはり、続けやすいということと、好奇心ある物事については、集中力が切れにくいので、継続していける可能性が高まります。

自分が好きなことが、明確にならないようでしたら、転職エージェントに相談してみる方法もお勧めです。

適正診断や、面接の練習もしてくれます。

リクルートやマイナビの転職エージェントがお勧めです。

 

 

 



タイトルとURLをコピーしました