注目キーワード

30代女性の転職。未経験で正社員・事務へ採用されるポイントとは?

30代女性は、結婚や育児と仕事の両立のため、転職を考える時期でもあります。

そこで、30代女性の転職を成功させるためには、どういった点に気を付ければいいのでしょうか。

 

この記事でお伝えすることは次の通りです。

・成功のポイント1:転職で実現したい事を明確にすること

・成功のポイント2:正確な情報収集を行うこと

・成功のポイント3:アピールポイントを伝えること

 

この記事を読んでくだされば、30代女性が転職を成功させるための3つのポイントが理解できます。

では、解説してまいります。

 

 

30代女性が転職を成功させるための3つのポイント

30代女性が転職を成功させる

 

転職で実現したい事を明確にする

30代の女性が転職する場合、転職して何を実現したいのかを明確にすることが大切です。

例えば、転職して育児と仕事の両立を実現したい、などです。

女性としてもっと仕事ができる環境を求めて転職したい、という場合もあるかと思います。

この点をまずは明確にすることをお勧めします。

 

なぜなら、転職活動が始まると、自分の本心が、ぼやけてしまうことがあるからです。

実際に転職活動を始めると、多くの情報に触れることになります。

 

例えば、多くの求人情報に触れ、面接対策のため企業研究をすることになるでしょう。

こうして客観的な情報に多く触れれば触れるほど、自分の気持ちを忘れてしまいます。

その結果、情報に惑わされて、転職後にこんなはずではなかったと、後悔してしまいます。

こうならないように、転職により何を実現したいのかを明確にしておきましょう。

 

 

 

正確な情報収集を行う

30代の女性が転職する場合、転職先に関する正確な情報収集を行いましょう。

なぜなら、その転職先で実現したい事ができるか正確に判断する必要があるからです。

 

例えば、家庭と仕事を両立するために転職する場合、関連する情報をリサーチしましょう。

具体的には、求人票などの育休制度や、時短勤務に関する情報を確認します。

残業時間や有給の取得率も重要な情報です。

 

他にも、社員の男性と女性の比率が公開されていれば、その情報もヒントになります。

女性の比率が高い場合、女性が多く活躍していることを意味します。

女性が多く活躍していれば、育休や産休などの制度が整備されている可能性が高いです。

 

反対に、30代女性がキャリアを求めて転職する場合はどうでしょうか。

具体的には、男女比の情報も重要ですが、社員の平均年齢の情報もヒントになります。

会社内で30代が若いかどうかは、そこでのキャリア形成に少なからず影響があるはずです。

諸々の情報を収集し、30代女性が転職先で実現したい事ができるかどうか、判断しましょう。

 

 

 

アピールポイントしっかりと伝える

30代の女性が転職する場合、これまでの実績や経験をしっかりと伝えてください。

これは、30代までの実績を評価してもらうために行います。

 

また、自分にマッチする転職先を見つけるためでもあります。

例えば、30代女性が、履歴書にこれまでの実績や経験を記載したとしましょう。

 

結果、書類選考で落とされた場合、考え方によってはラッキーなことかもしれません。

企業は、その実績等を見て、うちでは経験を活かせないと判断したわけです。

 

30代女性が、もし履歴書で実績等をアピールしないまま、運よく内定が出たとしましょう。

入社後、30代までに築いた実績や経験が活かせないことに初めて気づきます。

 

30代までの経験を活かして仕事ができないわけですから、不幸なことかもしれません。

アピールポイントをしっかりと伝えることで、こうしたミスマッチを回避できます。

関連記事

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。・転職における資格はあくまでも参考資料に過ぎない・事務の場合は、一定のスキルがある事を証明するために必要なケースも・20代や女性などは転職のためにわざわざ資格をゲッ[…]

転職 資格

 

まとめ

30代女性が転職を成功させるための、3つのポイントを理解して頂けたでしょうか。

 

30代の女性は、仕事と家庭を両立させようと転職を考える時期でもあります。

30代の女性の転職を成功に導くために、まず、転職で実現したい事を明確にしましょう。

 

そして、転職活動中は、正確な情報収集を行って下さい。

転職先の企業へ、アピールポイントを伝えることも忘れないように。

30代女性が転職する際は、ぜひ3つのポイントを参考にしてみてください。

 

 

転職 30代女性
最新情報をチェックしよう!