注目キーワード

50代で転職する男性|成功するには覚悟して転職活動すべき!

50代転職するには相当な覚悟が必要です。

この記事でお伝えすることは、以下の通りです。

・50代の転職は、同業種への転職なら早く実績を示すこと

・50代で異業種に挑戦は、非常にハードルが高い

 

 

50代といえば、社内においてそれなりのポジションや給料で、仕事をしてきているはずです。

それを捨てて、転職を考えるには、相当な理由があるはずです。

しかし、よく考えて、転職をしないと、とんでもないことになってしまいます。

この記事を読んでいただいて、お役に立てば幸いです。

 

50代で転職する男性|成功するには覚悟して転職活動すべき!

50代 転職 男性 成功

 

転職を考えるには、相当の理由があると思います。

しかし、転職先で待っているのは、そんなに簡単な環境ではないです。

 

50代の転職の男性|同業種への転職

今回の転職がコネクションを通じての転職であるならば、新人でありながら役付での採用かもしれません。

あるいは、ハローワークや転職サイト等からの転職であるならば、あなたのキャリアに期待をかけられているのかも知れません。

 

おそらく、給料も期待する分を含めて、20代の新人社員よりも高く設定されるはずです。

それに応えなくてはなりません。

 

20代の転職採用とは明らかに違います。

50代で転職するからには、入社早々から実績を示さないといけません。

会社があなたに求めることは、ほぼそれしか有りません。

 

20代の新人とは期待されることは明らかに違います。

実績というと、「営業」の場合であるなら、売上業績となるでしょう。

営業でない場合、売上でないにしても、経験値の高さを期待され、それに見合う働きぶりが期待されます。

 

50代の転職する男性|異業種への転職

 

異業種への転職をするということは、これまでのキャリアを捨てるということです。

現在の業種での経験値がどれくらいあるのかわかりませんが、異業種へ転職するということは、これまでのほとんどの経験が使えないということです。

 

つまり、ゼロからのスタートになります。

給料も、恐らく他の20代新人社員と同じくらいの設定になるでしょう

 

自分の子供世代と肩を並べて、ビジネスマンとして、職人として、営業マンとして、勝負するくらいの気持ちを持って、転職すべきです。

自分より10歳も20歳も若い社員に、頭を下げて、仕事を教わる覚悟があるでしょうか。

その覚悟がないのなら、50代で異業種へ転職することはお勧めできません。

 

 

 

50歳を過ぎて、会社員として転職をするとき、面接する側は、もうあなたの大きな成長には期待はしてないです。

今現在が、能力の最大値だと思っている可能性があります。

 

少なくとも、筆者が社員面接をして、応募者が50代なら間違いなくそう思う。

これから頑張ってできるようになることなんて、期待できない。

今現在、どのくらいできるか、しか見ません。

 

現実には、50代の転職でも、成長する人は稀に存在します。

しかし、それは強い覚悟を持って、必死に勉強や改善の努力をやめない人だけです。

だから、自分の子供と同じ世代の人と、ビジネスの場で真剣に勝負する気持ちを持てないないら、転職はしない方がいいです。

 

 

50代で転職する男性|成功するには覚悟して転職活動すべき!20代30代の転職だって、キツイのです。

50代 転職 男性 成功

 

過去約20年間、大学新卒の初任給は、ほぼ横ばいです。

転職するだけ、給料が下がると言われています。

 

働き方改革で残業はしないことになりました(みなし残業45時間まで)。

外国人労働者も受け入れが決まっています。

 

給料が上がっていく要素がなくなっています

 

おまけに、AI・ロボット化、そしてIoTがどんどん進化しています。

働く場所も減ってます。

良い給料条件で転職できる理由がなくなっています。

 

そのような転職市況の中で、50代の転職のチャンスがどのくらいあるのか、です。

強い覚悟の意思を持ってチャレンジしていかないと、心折れてしまいます。

そんな中で、上手くやってこられている、50代の転職成功者もいます。

あなたも強い覚悟を持って、チャレンジしてください。

関連記事

転職がうまくいかないと考えてる人は、2つに分かれる。 そもそも転職活動自体がうまくいかずに、決まらない人。なんとか転職はしたが、思っていたのとは違う、辛いと感じている人。あなたはどちらですか?[…]

転職 疲れた
関連記事

転職考え中のあなたへ。同業他社が希望ですか?それとも異業種への転職を検討ですか?かなり以前から言われていることに、こんな質問があります。 「異業種への転職の場合、早い方がいいのか」「異業種転[…]

異業種 転職 年齢 限界

 

50代で転職する男性|成功するには自分の過去30年分のキャリアを活かせる業種・職種を選ぶべき

50代 転職 男性 成功

 

それが最善の方法です。

キャリアのある、実績のある業種・職種への転職こそが、50代の最も有効な転職活動の方向性です。

 

そうではない道を選択するなら、独立起業も考えるべきです。

会社員として、50代で異業種へ転職することは、不可能とは言いません。

しかし、非常にハードルが高く、うまく成功する確率は、かなり低くなります。

 

ハードルが高い理由は、会社にも、自分自身にもあります。

 

50代で転職する男性に会社が求めること

50代で転職する男性に会社が求めることは、いわゆる”実績”です。

 

20代30代にはあって、50代にないものは、「体力と柔軟性」です。

そして、20代30代になくて、50代が持っているものは、「知識・経験・情報」です。

50代の転職者に、会社が求めるものは、知識と経験と情報を生かした仕事です。

つまり、具体的な成果を上げることです。

 

ですから、新しい分野に挑戦をするよりも、過去30年の経験を生かした仕事について、具体的な成果=実績を上げてくれることを期待されます。

求められているのは、具体的な成果です。

関連記事

転職がうまくいかないと考えてる人は、2つに分かれる。 そもそも転職活動自体がうまくいかずに、決まらない人。なんとか転職はしたが、思っていたのとは違う、辛いと感じている人。あなたはどちらですか?[…]

転職 疲れた

 

50代で転職する男性が持っている成句のハードルが高い理由

過去30年のキャリアがあるのは、諸刃の剣です。

自分なりの成功体験を30年分持っています。

 

すると、会社の方針やチームの方針、上司の指示を、素直に受け入れることが、難しいのです。

「心機一転、頑張ります。」とは、言いますが、

実際には、心機一転ではなく

今までの自分の成功法則の中で、頑張ろうとします。

 

その結果、素直に受け入れるということが非常に難しくなっています。

結局、チームや上司のアドバイスや指示を聞けないという状態に現れます。

その結果、成功していくことが、なかなか難しくなります。

 

 

 

心機一転、というより、職場を一転して、今までの経験を生かして、成果を出せる仕事・職場を選んでいく方が成功する可能性は高くなります。

50代 転職 男性 成功
最新情報をチェックしよう!