コーヒー雑学

朝コーヒーは健康にいい?悪い?朝コーヒーには効果がある

朝コーヒーコーヒー雑学
スポンサーリンク

朝一コーヒーは、健康的にいい効果があるとか、何も食べてないのに良くない、という説など、様々です。深掘りして解説します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝コーヒーは健康にいい?悪い?朝コーヒーには効果がある

朝はコーヒーだけ。ご飯は食べない、という人がいます。逆に、胃の中に何もない状態で、コーヒーが入るとカフェインが悪く影響する可能性があるという説もあります。

 

朝からコーヒーを飲むのは健康に悪いのか

朝からコーヒーを飲む習慣(筆者もそうです)を持っている人は、「朝一コーヒー」「朝はコーヒだけ」「コーヒーは朝は危険」などと、聞いたり、何かの資料を読んだりしたことがあると思います。

 

アメリカの神経学者であるスティーブ・ミラー氏が朝の8時〜9時は、コーヒーを飲むべきではないとしています。人間は、この時間にコルチゾールというホルモンを分泌するということです。

 

朝コーヒーはコルチゾールを抑制してしまう可能性がある

コルチゾールとは、カフェインと同じように、覚醒作用があります。コルチゾールは、朝6時くらいから分泌が増えて、8時〜9時にピークになります。

コルチゾールの作用で、脳と体が覚醒し、やる気が高まるのです。しかし、コルチゾールとカフェインは互いの作用を相殺してしまうようです。この時間にコーヒーを飲むと、コルチゾールの分泌は抑えられて、眠気を感じたりするようになってしまいます。

 

朝の食事前にコーヒーを飲むと血糖値が上がる

コーヒーのカフェインは、インスリンを効きにくくします。その結果、血糖値が上がりやすくなります。

すでに糖尿病になっている方に対しては、カフェインの作用によって、血糖値を上げるホルモンであるアドレナリンが分泌されますので、1日に何度も血糖値の上昇を繰り返すと、血統コントロールが乱れてしまいます。

ただし、糖尿病になる前の予防には良い効果があるとされています。2009年の国立国際医療研究センターから、「コーヒーのストレス緩和効果が、糖尿病発症のリスクを低下させる」という研究結果を発表しています。

 

朝コーヒーは下痢しやすくなる

朝食前にコーヒーを飲むと、コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸が、胃腸に働きかけます。すると、胃の中に、何もない状態で、胃液が分泌されてしまいます。

消化するものがない状態で、胃酸が分泌すれば、胃酸過多となり、胸焼けを起こしたり、腹痛を起こしたり、下痢になったりしてしまいます。

逆流性食道炎や胃潰瘍に繋がる原因になったりします。

 

朝にコーヒー飲むと何か効果はないのか

朝コーヒーには、マイナスポイントが多いように見えますが、実際には状態の現れ方には個人差があります。プラスになる効果は何があるでしょう。マイナス作用同様に、個人差がありますが、次の効果が期待できます。

 

朝コーヒーの効果|覚醒と血管拡張

コーヒーのカフェインには、覚醒作用と血管を拡張(脳の血管は収縮)させる作用があり、血流が良くなる可能性があります。朝が苦手な低血圧の方が、体を動かしやすくなる効果が期待できます。

 

朝コーヒーの効果には便秘改善

前述の下痢にも関係しますが、普段から、便秘の人には改善する効果が期待できます。

カフェインが、副交感神経を刺激することで、胃腸は蠕動(ぜんどう)運動をおこします。その結果、便意をもよおします。

また、コーヒーには、オリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は、胃では消化さず、大腸まで届いてビフィズス菌の餌となります。結果、腸内環境を整えてくれますので、便秘改善に効果的なのです。

 

朝のコーヒーでダイエット|朝コーヒーで痩せるには

コーヒーには、ダイエット効果があるということは、知っている人も多いと思います。では、コーヒーが具体的にどんな作用をしているかを確認します。

コーヒーの主な成分は、カフェインとポリフェノール(クロロゲン酸)です。

カフェインには、アスリートに禁止されているように、興奮させる作用があります。その結果、基礎代謝が増えることで、脂肪燃焼効果が期待できます。クロロゲン酸には 脂肪燃焼を促進する効果があると言われています。

ただし、コーヒーでダイエットをしようと考えるならば、注意する点が1つあります。それはブラックコーヒーで飲むことです。ミルクと砂糖に含まれる糖質は、カフェインとクロロゲン酸のダイエット効果を相殺してしまうからです。

 

 

関連記事一覧

  1. 朝コーヒーは健康にいい?悪い?朝コーヒーには効果がある *当記事
  2. 夜にコーヒーを飲むメリット・効果はあるのか
タイトルとURLをコピーしました