ダイエット

ダイエットで晩御飯抜くのはおすすめなのか?

スポンサーリンク
晩御飯抜き ダイエット リバウンドダイエット

晩御飯を抜くダイエットをしている人は多いのでしょうか?

朝と昼のご飯と、晩御飯を比べると、晩御飯に食べる量が多い人が一般的だからなのではないかと思います。

そこで、最もハイカロリーな晩御飯を抜くことで、痩せるかもしれないと、思いがちなのだと思います。

確かに、一時的な効果はありそうです。

しかし、晩御飯抜きダイエットは、一時的な効果が出やすい反面、リバウンドしやすいという欠点もあります。

当記事では、実際、晩御飯を抜くダイエットが有効なのかどうか、について紹介してまいります。

 

スポンサーリンク

晩御飯を抜くダイエットは効果はあるのか?

晩御飯抜き ダイエット リバウンド

結論を言えば、一時的な短期効果はありそうですが、リスクも大いにあります。

リスクとは、リバウンドする可能性です。

 

理屈で考えると、太るということは、使うエネルギーよりも食べるエネルギーが多いという状態がずっと続いていることです。

ですので、晩御飯の分(多分1日で一番多いと思われる)の摂取カロリーを減らせば、1日の摂取カロリーが減少するのだから、痩せると考えてしまいそうになります。

 

しかし、人間の体は、そこまで単純にはできていません。

正直、もっと複雑にできています。

むしろ「晩御飯が食べられないという危機的状況にいる」と判断する可能性があります。

誰が判断するのかといえば、人間の体に備わっているホメオスタシスという生命維持機能です。

実は、ホメオスタシスがあるから、私たちは、朝起きた時に、意識していなくとも、呼吸をして心臓が動いています。

このように、ホメオスタシスは、生命を維持働きをします。

 

 

 

スポンサーリンク

晩御飯抜きダイエットでリバウンドを防ぐには

晩御飯抜き ダイエット リバウンド

 

晩御飯を抜くダイエットは効果的な方法ですが、まったく抜いてしまうと、リバウンドを招きやすくもなります。

まさに、諸刃の剣といえるでしょう。

しかし、晩御飯を置き換えダイエットを取り入れると、痩せながらリバウンドを防げるのです。

 

晩御飯を抜くとリバウンドする理由は、身体が飢餓状態と勘違いするためです。

本来3回の食事で身体のエネルギーが保たれています。

ところが、晩御飯を抜くとエネルギーが供給されず、身体は飢餓状態と認識するのです。

 

すると、基礎代謝を低下させて、消費エネルギーを減らしてしまいます。

その結果、痩せにくく太りやすい体質に変わってしまうのです。

これがリバウンドの正体です。

 

これを防ぐのに効果的なのが、晩御飯の置き換えダイエット。

「置き換え」ですので、食事をまったく抜くことはしません。

普段の食事の代わりに、低カロリー・低糖質な食事を摂取するのです。

夜は寝るだけだから、栄養を補給しなくても大丈夫と考えてしまいがちです。

しかし、寝ている間もエネルギーは消費しています。

そのため、晩御飯を抜くと、エネルギー不足に陥って、太りやすい体質に変わってしまうのです。

 

身体が「危険!」と感じない程度に晩御飯で栄養を補給することで、脂肪を燃焼しながらリバウンドも防ぎやすくできるのです。

「晩御飯を抜いてダイエット!」と意気込んでいる人は、晩御飯の置き換えダイエットに変更することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

ダイエットするときの晩御飯をコンビニで買う

晩御飯をコンビニで揃えることで、ダイエットをしやすくなります。

コンビニの食品の多くが、成分表示が明記されているからですね。

晩御飯で注意すべきは、活動量=エネルギー消費量が少なくなる夜の時間帯に向けて、栄養バランスを考えつつ、栄養が消費しきれずに、脂肪になってしまうリスクを防止することです。

ビタミン・ミネラルを意識しつつ、タンパク質を取るのが理想です。

米などの炭水化物を食べないと満腹感を感じにくい人は、一番最後に食べるようにしましょう。

コンビニで買うことで、成分表示がわかりやすいので、晩御飯をコンビニで買うのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

ダイエット中の晩御飯レシピの基本

晩御飯のレシピを考えるときには、栄養バランスが基本です。

ある程度の糖質制限・脂質制限、またタンパク質を多く取るレシピは、効果的ですが、極端な制限ダイエットは、ほぼ確実にその後にリバウンドや体調不良などのリスクを持っています。

そもそも、人間の日常生活に、3大栄養素と言われる、炭水化物・脂質・タンパク質が必要とされています。

それぞれ一定の量が必要なのです。

 

例えば、糖質制限で、炭水化物を全く食べないなどという食事は、色々な弊害を発生させます。

炭水化物の代表は、米や麺類などです。

炭水化物は、糖質と食物繊維からできていますので、炭水化物を全く食べないと、糖質は制限できますが、食物繊維も不足します。

便秘になったり、疲れやすくなったり、口臭がキツくなる人もいますし、頭痛や吐き気や抜け毛が増えるとされています。

 

ですので、全く食べないという制限は、体に良くないのです。

ダイエット中の晩御飯のレシピで、意識すべきは、現代人に不足している、ビタミンやミネラルを取るレシピです。

 

スポンサーリンク

まとめ

晩御飯を抜くダイエットは効果的です。

しかし、リバウンドのリスクが高く失敗しやすい方法でもあります。

そのため、晩御飯はヘルシーに置き換えしたり、米なしにしたり、サラダ中心にするなどのダイエットを取り入れるようにしましょう。

そうすれば、身体に負担を与えることなくダイエットができるので、リバウンドすることなく痩せられますよ。

 

 

関連記事一覧

タイトルとURLをコピーしました