本を読む|読書のコツとメリットを知ることで人生が変わる

本を読む

本を読む

本を読むことで人生が変わることを知ってる人は、まだまだ少ない。

だから、約半分の人が、月に1冊の本も読んでいない。

でも、知られていないところで、本を読む人が平凡な人生から、好転させています。

当記事を読むことで、顔つきが変わり、自分の言葉と行動に自信が持てるようになります。

その積み重ねが、人生を好転させていきます。

 

 

  1. 本を読む人は少ない|読まない人との違い
    1. 本を読む人の性格の特徴は
      1. 本を読む人の特徴
      2. 本を読む人は、顔つきまで変わる
      3. 本を読むと本当に頭が良くなるのか
      4. 今気がついたあなたはラッキー!なぜなら多くの人が本を読んでいない
      5. 本を読む人と読まない人の差は、30代・40代・50代と、年齢が進むごとに
      6. 本を読む人は出世もしやすい
  2. 本の読み方は、読書のコツを知ることから
    1. 読まなきゃ、ではなく、読みたいところからはじめる
    2. 読書が苦手という人は、まずハードルを下げてスタートしましょう
    3. 紙の本ではなく、気楽にスキ間の時間を使って電子書籍で読む
    4. そもそもなぜ読書が苦手なのか
    5. 家で集中して読めない
    6. BGMの選択ミスもあるかも
  3. 読書のメリットは究極の時間短縮術かも知れません
    1. 寝る前の読書の効果|リラックスと記憶力アップ
    2. 読書のメリットは読解力?
    3. 読書のメリットは人生を豊かにします|デメリットがあるとすると、読書のための時間と場所の確保
  4. 読書の記録をつけるメリットと記録方法
    1. 読書の記録をすると良い理由は
    2. 読書の記録は、後日のアウトプットにも役立つ
    3. 読書の記録って、何を記録すればいいのか
    4. 読書の記録はどこにするのか?
  5. 読書アプリでは何ができるのか
    1. 読書アプリは何ができるのか
    2. 読書メーター
    3. 読書アプリの良さはまだまだある

本を読む人は少ない|読まない人との違い

本を読む人と読まない人の差

本を読むことができないのだ、自分は失読症なのだ、とおっしゃる方がいます。

しかし、子供の時に、学習障害・難読症だと診断された人が、それから数十年後には、たくさんの著作を出し、天才と呼ばれ、誰よりも多い読書量を誇るような人生もまたあります。

参考までに紹介しますと、その方は、ジョン・ディマティーニ博士です。

 

一方では、人口の約半分の人が、月に1冊の本すら読まないということも、分かっています。

だからこそ、30代であっても、40代になっていたとしても、全く遅くないです。

かくいう私も、本格的に、読書に目覚めたのは、40代になってからでした。

その後の人生は大きく変わりました。

 

 

本を読む人の性格の特徴は

人生の価値が、お金で測れるわけではありません。

しかし、現実の問題として、生きていると何をするにも、経済問題が障害となることがあります。

大きなことを望まずにいても、病気をしてもお金がかかります。

読書の効果を、役立てると、年収は明確に、上がります。

 

 

読書量が増えていけば、お金のことを考えることが少なくなっていきます。

つまり、年収が上がるので、気にしなくても良くなるのです。

 

本を読む人の特徴

本をよく読む人は、穏やかな人が多いです。

感情的な言動が少なくなり、論理的思考ができるようになります。

経済は人の感情で動いている、という本もあるように、人の行動は、一般的に、感情が大きく影響しています。

行動が、感情に基づいているのです。

感情が作用して、余計な買い物をしてしまったり、人との争い事を作ってしまったりします。

読書をよくする人は、そういう一連のことが少なくなっています。

本を読むことで、学びが進むことが作用しているのです。

 

 

本を読む人は、顔つきまで変わる

本を読むことを継続していくと、論理的思考が身につくようになります。

人の心は、本来ネガティブに、できています。

どんなに勇敢に見える人の心の中にも、「不安」があります。

本をよく読む人は、知識や情報を得ることによって、自分の言葉や行動に自信を持てるようになります。

その結果、心の中の不安が減り、自信が大きくなっていきます。

その途中から、顔つきまで変わっていくのです。

 

 

本を読むと本当に頭が良くなるのか

読書を否定的に見る人には、堪え難いかもしれませんが、スタンフォード大学の研究をはじめとして、読書とIQの関係性が証明されています。

特に、子供時代から、習慣的に、読書をする環境にあった子供が、大人になった時の年収には、20%以上の差ができるとも言われています。

筆者のように、40代になってから、気がつく人もいるかもしれません。

しかし、効果的なのは、やはり子供の頃からの習慣です。

そして、30代になっても、40代になっても、遅すぎることはありません。

 

 

今気がついたあなたはラッキー!なぜなら多くの人が本を読んでいない

平成30年の文化庁のデータによれば、約半分の人が、月に1冊の本も読まないということです。

今、読書のメリットに気がついたあなたは、とてもラッキーということです。

いきなり、月に10冊読む、としても、それはなかなか難しいことです。

でも月に2〜3冊ならどうですか?

 

 

2人に一人は、ほとんど読まないのですから、月に2〜3冊の読書量でも、大きなアドバンテージになるでしょう。

そして、その効果は、じわじわと時間を重ねるごとに、現れてきます。

さあ、思い立ったら、すぐにでも、読書を開始しましょう。

 

 

本を読む人と読まない人の差は、30代・40代・50代と、年齢が進むごとに

読書量が進んでいくと、感情や勘を使って、生きてきた人生から、論理的に物事を選択する人生に変わっていきます。

そして、その結果の積み重ねが、年齢と共に、大きな差となって、あらわれていきます。

そして、より効果的に、人生を好転させたいと考えるなら、読むべき本は、ビジネス書・自己啓発本・専門性の高い雑誌・小説・心理学の本です。

ビジネス書から焼き直した、アニメなどは、文字を読み慣れていない人にとっては、読書を進めるきっかけになるかもしれません。

最初のハードルは低めに設定して、本を読むという行動を習慣化させることの方が、重要です。

 

 

本を読む人は出世もしやすい

本を読むことで、知識と情報が増えて、漠然とした不安が減ったり、言葉と行動に自信を持てるように変わっていくと、当然ながら、会社員であれば、出世もし易くなっているでしょう。

社内において、本を読む人の言葉や行動は、周りの人に影響を与えたり、本を読まない多くの人との差が明確になっていきます。

その結果、社内の評価も高まるようになります。

当然、出世も進むことになっていきます。

もし、営業マンならば、勘に頼った営業スタイルから、顧客の心を想像したり、論理的な思考や行動が出来るようになります。

当然、成績も上がるようになるでしょう。

出世もしやすくなっていきます。

 

 

 

本の読み方は、読書のコツを知ることから

読書苦手な人 おすすめな読み方

本を読んだ方がいいんだろうな、と思うが、なかなか読書が出来ない。

読書は苦手だと思い込んでいませんか?

いきなり、分厚いビジネス書に手をつけると、挫折する可能性が上がるだけです。

 

 

読まなきゃ、ではなく、読みたいところからはじめる

読まなきゃ、と思ってスタートしても、続きません。

最初は、もっと楽な気持ちではじめるのがオススメです。

 

楽な気持ちで、すすめるには、次のように、実行してみることです。

・本全部を理解しようとしないことです。

・本を最初から最後まで、読もうとしないことです。

 

特に、ビジネス書などでは、本当に重要な事は、一つか二つです。

その事に気づき、学びを得られたら、OKと考えて下さい。

本は、著者が、取材をして、数ヶ月から長いもので数年かけて、書き上げたものです。

そういうものを、読んでいきなり全てを理解する事等、無理なことです。

 

 

自分にとって、今必要な事を読み取ることです。

読みにくいと思うのなら、飛ばして読むことです。

 

 

読書が苦手という人は、まずハードルを下げてスタートしましょう

最初は、ハードルを下げて、慣れることから始める。

そのためには、ゆくゆくはビジネス書を読んでいきたいが、苦手な間は、読みやすい小説でも構わないということです。

ビジネス書を焼き直した、アニメでも良いかもしれません。

わかりやすさに特化して書かれている、アニメは、確かに網羅されている内容は、通常版のビジネス書よりも内容は薄くなります。

しかし、苦手な人は、少しハードルを下げて、読むことに慣れることから始めるのが良いです。

 

 

紙の本ではなく、気楽にスキ間の時間を使って電子書籍で読む

紙の本だと、持ち歩くのも、ちょっと大変です。

ハードカバーの厚い本などは、電車の中で、開く気持ちになかなかなれません。

そんな時には、iPhoneを片手に、どこでも読めることは、読みやすさという点では、最高です。

しかも、ブックマークを挟まなくとも、次の場面で電子書籍を開くと気には、アプリを立ち上げると、続きの部分から読むことができます。

 

 

そもそもなぜ読書が苦手なのか

過去の何かがトラウマになっているのかもしれません。

面白いのは、読書が苦手な人って、1ページを全部理解して、読み進めようとすることです。

そこに出てくるのは、やめない感じや意味のわからない言葉です。

辞書やネット環境がない状況なら、本を片手に辞書を出さなくてはならないことになってしまいます。

それがまた面倒です。

そんなことが積み重なり、苦手になったのではないでしょうか。

筆者が行っていた解決策は、飛ばし読みです。

読みやすい部分や知りたい部分だけを読んでもいいのです。

残りは、また次の機会に、読めばいいのです。

 

 

家で集中して読めない

読書が苦手という人の中には、家で読もうと思って、本を広げたら、家族の障害にあってしまう、というケースがあります。

また、スマホのSNSが気になって、集中できないという人もいます。

家で、読書をする時には、スマホの電源を切るか、目につかない場所に置くことです。

 

あるいは、家の中での環境が、どうしても読書に向いていないのなら、会社の近くのコーヒーショップか、電車で帰るのなら、駅構内のお店など、本を読める環境の場所を持つことです。

 

 

BGMの選択ミスもあるかも

本を読むときって、BGMはかけるタイプの人と、無音の方が良いというタイプの人がいます。

実際には、最適な音楽であれば、BGMはある方が良いとされています。

では、どんな音楽が良いのか、という点が気になりますね。

 

実は、自分の好きな音楽が、BGMには必ずしも最適とは言えないのです。

ロックが好きな人であっても、クラシックなどの落ち着いた音楽の方が、集中できるとされています。

同じように、好きな歌手の音楽よりは、楽器だけの演奏=インストルメンタルの方が良いとされています。

歌詞が耳に入って、読書の思考に邪魔をしてしまうようです。

 

ですので、ジャンル的に好きとか嫌いではなく、あくまでも読書のBGMとしては、読書の集中を邪魔をしないということが大事な要素です。

 

 

 

読書のメリットは究極の時間短縮術かも知れません

読書のメリット

読書をすることには間違い無く、メリットがあります。

ただ、読書のメリットを生かせずに、「本は読んでいるが・・・」という人もいます。

 

彼らに共通するのは、読書の後のアウトプットをあまりしていないことです。

ですので、読書をした後には、必ず日常に活かすというアウトプットしていくことです。

その結果、人生が好転していくまでの時間を短縮していけるようになります。

 

 

寝る前の読書の効果|リラックスと記憶力アップ

寝る前の読書習慣には、個人差はありますが、良い効果を生み出します。

睡眠学習を言う言葉を聞いたことがあると思います。

寝る前に、インプットした情報というものは、記憶に残る傾向にあります。

そして、寝る前の数分間でも、静かに読書をすることで、リラックスした状態になり、睡眠にも良い効果があります。

 

分厚く重いビジネス書は、ちょっとね、という方は、電子書籍を利用するのも良い方法です。

スマホやタブレットの画面から発している光が、脳を刺激してしまうという説もあります。

その場合、アマゾンのKindleペーパーホワイトがいいです。

Kindleのペーパーホワイトなら、ブルーライトをカットしてくれます。

iPhoneやタブレットの場合なら、ナイトモードを利用することで、悪い影響は減ってくれます。

 

 

読書のメリットは読解力?

読書を重ねていくことで、読めない感じが読めるようにもなりますし、知らない言葉の意味も知るようになります。

また、文章を読みなれていくことによって、自分が書く文章にも影響が出てきます。

つまり、読解力と文章力が上がります。

 

ただ、読書のメリットは、それだけではなりません。

自分が、書く文章が変わっていくように、自分が発する言葉にも影響するようになります。

その次には、行動や思考も変わるようになります。

 

会社員の場合であれば、言動が変わっていくことで、他の人からの見方が変わります。

評価が変わっていくということになります。

会社の中の状況にもよるでしょうが、評価が上がれば、責任ある立場につく可能性も高まっていきます。

 

ただし、本を読むということは、薬を飲むのとは、違うものですから、読書の効果が、自分の中に蓄積されていく時間と言葉と行動に意識的に使っていくというアウトプットも必要です。

 

 

 

読書のメリットは人生を豊かにします|デメリットがあるとすると、読書のための時間と場所の確保

前述しましたように、読書のメリットには、良いことがたくさんあります。

自分の評価が変わったり、ビジネスマンならば、文章力が高まり、報告書や計画書などの書き方も変わると思います。

そして、多くの場合、年収も上がっていきます。

人間関係にも影響します。

つまり、人生が豊かになっている要素がたくさんあるのです。

 

ほとんどデメリットがないと思われる読書ですが、あえていうならば、読書のデメリットは、そのための時間を要するということです。

本を読む時間です。

何かをしながらでは、自分の知識情報になってくれません。

集中しないといけません。

そのために、時間と場所が必要になります。

読書に集中できる時間と場所です。

 

 

読書の記録をつけるメリットと記録方法

読書の記録をつけるメリット

読書のメリットを活かすために、記録をつけると良いです。

読書をインプットとすると、誰かに話すことや行動に活かすことは、アウトプットになります。

読書の記録をつけることは、インプットであり、アウトプットの一つにもなります。

 

 

読書の記録をすると良い理由は

例えば、読書の途中で、自分に役立つと感じる文章を見つけた時に、記録するという行動をします。

すると、単純に読書から得られるインプットよりも、強くインプットされることになります。

 

同時に、指を使って、「書く」という行動をすることは、アウトプットとも見えます。

ですので、単純に読書をするよりも、強いインプットと、アウトプットで、自分に刷り込んでいくことになります。

読書をしながら、そばにノートを置いて、自分が良いと感じる部分を、ノートに要約して記録していく、という行動の効果は、読書のメリットを強めることに役立ってくれるのです。

 

 

読書の記録は、後日のアウトプットにも役立つ

単純な読書という行動だけでは、実は、人間は読んだ後から、どんどん忘れていきます。

「勉強になったなあ」という記憶は残っていても、日にちが空いた時に、何が書いてあったか、よく思い出せなくなってしまいます。

 

読書の記録をしておき、日にちが空いた時に、記録を読み返すことで、復習の効果を生みます。

忘れることを食い止める効果と、より理解を深める効果です。

 

 

読書の記録って、何を記録すればいいのか

記録する内容には、個人差があるかもしれません。

最低限、必要なことは、本のタイトルと、著者名、そして、自分が感じ取った役に立つ情報です。

 

 

著者名を記録することは、読書をたくさん深めていく時に、読みたい本を探していくときの手がかりになります。

ネット通販で、本を探す時には、特に効果があります。

数年前に、著者が書いた良書を、発掘できるかもしれません。

 

自分が感じ取った役立つ情報は、当然、後日生きてきます。

記録するコツは、メモのように、書くことです。

きれいな字で書こうとすると、読書のスピードが落ちてしまいます。

箇条書きや、文節だけでも良いでしょう。

 

 

読書の記録はどこにするのか?

読書の記録をする方法は、2つあります。

一つは、デジタルツールを使う方法、そしてもう一つは、古くからあるアナログ手法、つまり紙のノートにペンんで記録するという方法です。

 

デジタルツールの選択は、今ではたくさんあります。

スマホのアプリやパソコンアプリ、Web上のツールなど。

デジタルツールの最大の魅力は、書いた文字が劣化しないこと、あとで簡単にすぐに検索できることです。

タイトルだけではなく、単語ベースで、検索できますから、記憶に残っているワードがあれば、そのワードを手がかりに、何年前の読書記録であろうと、検索できるのです。

これは、紙のノートには、できない芸当です。

 

 

もう一つは、紙のツールを使うことでした。

紙のツールは、デジタルに比べると、検索には向いていません。

過去の記録から、調べる時には、数分から、ヘタをすると数時間かかるかもしれません。

しかし、それでも紙のツールを使う人は、います。

それは、紙のツール=ノートに、手書きで書いていくという作業は、脳につながりやすいのです。

脳に定着しやすいので、もしかすると、あとで調べ直すという作業がないかもしれません。

つまり、強くインプットされるということです。

ただし、古い記録になると、さすがに脳に定着した記憶も、曖昧なものになります。

 

どちらの記録方法が良いのかは、あなた次第です。

 

 

 

読書アプリでは何ができるのか

読書アプリ

今の時代は、紙の本を読む人よりも、電子書籍で本を読む人が増えています。

iPhoneなどのスマホやタブレットに読書用のアプリをインストールし、アマゾンなどの電子書籍ストアで、買って読むことができます。

 

 

読書アプリの電子書籍は、オンラインで本を購入することで、読むことができます。

リアルの本屋さんとの違いは、何時でも、どこにいても、読みたい本を読めることです。

夜中の何時であろうと、周りに何のお店がなくとも、電波が届けば、ダウンロードが可能です。

 

 

読書アプリは何ができるのか

読書アプリで何が読めるか。

単純に本を読むだけではありません。

 

読書アプリで、できることを並べると、

・読んだ本をまとめる・記録する

・本を読んでいて、気になる言葉があれば、その場で検索して調べる

・読書メーターなどの共有サイトに、本のレビューやメモを書き込む

・SNSで、読書仲間とコミュニケーションもできる

・ブックマークが自動でできるので、次の場面で読書アプリを開くと続きからすぐに読める

他にも、読んだ書籍をジャンルごとに整理したり、作家順に並べたり、などスマホやタブレットが一つでできます。

 

すごいです。

紙のノートでは、到底真似ができません。

 

 

読書メーター

読書アプリは、たくさんあります。

しかし、何といっても定番は、「読書メーター」です。

本を探すのも、記録するのも、読書好き仲間とのコミュニケーションも、読書メーターがあれば、完結できます。

 

 

本の整理もグラフ化されていて、見やすいです。

利用者が多く、色々な人の意見を参照できるのも、役に立ちます。

アマゾンのKindleを持っている方なら、Kindleのペーパーホワイト一択かもしれません。

しかし、Kindleをお持ちでなければ、読書メーターは、とてもおすすめです。

 

 

読書アプリの良さはまだまだある

読書アプリには、前述したようにたくさんの魅力があります。

しかし、その他にも読書アプリの良さがあります。

 

ありがちな場面は、読書中に読めない漢字がある時です。

辞書がアプリと一緒にインストールされているものもありますし、ネット経由で調べるタイプのアプリもあります。

どちらにしましても、カバンや書棚から、辞書を取り出して、調べるという作業は無くなります。

 

知ってるはずで、意味をよく知らない言葉もあります。

その場で調べられることが重要なのです。

人間の脳は、困った時にこそ、成長できるようになっています。

電子書籍を読んでいて、読めない漢字・意味のわからない言葉に、出会ったその瞬間が、成長できる場面です。

その困った瞬間を逃さずに、読めない感じや意味のわからない言葉を、インプットできます。

 

 

 

  1. 本を読む人は少ない!読まない人との違い|本を読む人になろう!
  2. 本の読み方は読書のコツを知り集中できる環境をつくる事から!
  3. 読書アプリで出来ることは何?おススメ機能や得する機能も紹介
  4. 読書のメリットは究極の時間短縮術かも知れません
  5. 読書の記録をつけるメリットと記録方法|有益な読書方法
タイトルとURLをコピーしました