注目キーワード

カードローンの利息と金利計算方法|知っておくべき!

普段カードローンを利用しているという方でも、利息と金利計算方法について詳しく知っている方は少ないことでしょう。

しかし利息と金利について詳しく知らないままカードローンを利用するというのは、少し危険ですのである程度の知識を得ておくことは必要になります。

この記事ではカードローンの利息と金利計算について初心者でも分かりやすいように解説していきます。

金利と利息の基礎的な事も解説いたしますので、是非お読みください。

 

 

カードローンの金利計算と利息の基礎

カードローン,金利計算

カードローンの金利計算の基礎

金利計算というのは利息を計算するため必要なもので、カードローンのサイトで〇%〜〇%と表されている数字の事です。

金利には上限金利と下限金利というものがあり、11.0%〜17.0%でいうと11.0が下限金利で17.0が上限金利になります。

カードローンの審査に受かって契約をする時に設定される金利計算は、そのほとんどが上限金利に近くなりますので下限金利が低いからといって油断してはいけません。

 

利息の基礎

利息というのはカードローンを利用した時に発生してしまうもので、DVDを借りる時に生まれてしまうレンタル料金に近いものです。

利息は金利が低ければ増えにくくなりますが、金利が高いと増えやすくなってしまうという特徴があります。

返済期間が長くなってしまうと利息は増えてしまいますので、借金は出来るだけ早く完済することをおすすめします。

 

遅延損害金について

遅延損害金というのは返済が遅れてしまった時に生まれてしまうものです。

通常の金利よりも高い利率で発生してしまうため、返済の負担がより大きくなってしまうのです。

ただでさえ利息が膨らんでいるのに遅延損害金まで生まれてしまうと、返済が困難になってしまいます。

決められている最低返済金額分だけでもきちんと支払っていき、延滞をしないようにしましょう。

 

利息制限法で上限が決まっている

金利の上限というのは利息制限法で定められており、カードローン会社は上限よりも高い金利を請求できない事になっています。

利息制限法

  • 100万円以上は15%まで
  • 10万円以上100万円未満は18%まで
  • 10万円未満は20%まで

このように利息制限法によって借りる金額ごとに上限となる金利が決められているのです。

関連記事

カードローン会社は多数存在しておりますが、どこのカードローンが低金利で利用できるのか分からないという方は多いです。しかしカードローンを利用するうえでは金利はとても重要な要素のため、出来る限り詳しく知っておきたいですよね。そこ[…]

カードローン 金利計算

 

カードローンの利息の計算方法と金利の重要性

重要ポイント,カードローン,金利計算

利息の計算方法

利息の金額=借りた金額×金利×返済までの日数÷365日

利息の計算方法は上記の通りになっていますので、ここからは式にあてはめて計算をしていきます。

30万円×16%(0.16)×20日÷365日=2,630円

30万円×16%(0.16)×30日÷365日=3,945円

 

30万円を金利16%で借りて20日で返済した場合は2,630円が利息の金額になります。

そして返済期間以外が同じ条件でも返済期間が30日になると3,945円に増えるのです。

このように条件が同じでも返済期間が長くなってしまうと利息が大きくなってしまうことが分かります。

 

金利計算が変わると利息も変わる

先ほどは返済期間を変えた時の利息の金額に変化について紹介してきました。

ここからは金利が変わることによる利息の変化を解説いたします。

40万円×18%(0.18)×30日÷365日=5,917円

40万円×14%(0.14)×30日÷365日=4,602円

40万円×9%(0.09)×30日÷365日=2,958円

 

40万円を金利18%で借りて30日で返済した場合、40万円を金利14%で借りて30日で返済した場合、40万円を金利9%で借りて30日で返済した場合では大きく利息に違いが出ました。

利息を計算する時に金利がとても重要であるという事が分かっていただけたかと思います。

関連記事

カードローン会社は多数存在しておりますが、どこのカードローンが低金利で利用できるのか分からないという方は多いです。しかしカードローンを利用するうえでは金利はとても重要な要素のため、出来る限り詳しく知っておきたいですよね。そこ[…]

カードローン 金利計算

 

まとめ

 

カードローンを利用する時には金利計算と利息について知っておかないと、利息の金額が気付かないうちに増えてしまっていたという事もあります。

そのためカードローンを利用する時にはなるべく金利が低いものを選び、出来る限り早く返済をするという事が大切になるのです。

利息と金利に気を付けながらカードローンを利用していきましょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

カードローン 金利計算方法
最新情報をチェックしよう!