注目キーワード
CATEGORY

仕事

  • 2020年2月21日
  • 2020年2月24日
  • 0件

不動産業の仕事は外注化・フリーランス化していく|正社員雇用は減少

不動産業も既に進化を続けている。 現在2019年秋から、3〜4年以内には、社内の営業社員は半減するだろう。 (不動産仲介会社を経営する立場から書いています。)   フルコミ営業やフリーランサーとして、業務を一部を請け負う人がもっと増える。   不動産業の仕事は20年以降 外注化・ […]

  • 2020年2月15日
  • 0件

年収に関する徹底解明|あれやこれや

人生において何かと気になる年収。 高い方が良いが、年収を上げるにはどうすればいいのか。 資格を取ればいいのか、転職すればいいのか、他に何をすればいいのか。 年収に関する色々な事をまとめました。   宅建士の給料は実績次第|高卒でも女性でも年収1000万以上は実在   「宅建士」と […]

  • 2020年2月10日
  • 2020年2月26日
  • 0件

管理職になりたくない人が増えてる理由とメリット/デメリット

最近、管理職になりたくない人が増えてると聞いた。 しかも、どうも若い人だけではないらしい。 筆者の場合、年収アップ+キャリアアップを望んできた結果、管理職は経験してきた。 管理職になりたくない人の秘密を深掘りして解説します。     管理職になりたくない人が増えてる   […]

  • 2020年2月10日
  • 2020年2月11日
  • 0件

営業事務と一般事務の違いは?求められるスキルは何?|現役の会社社長が解説します

・営業事務と一般事務とは違い、ビジネスマナーも必要。でも給料も高め。 ・営業事務は営業とチームになって連携する必要がある ・営業事務に求められるのは、事務処理能力だけではない   営業事務とは、会社によっては営業アシスタントとか営業サポートと 呼ばれることのある職種です。 営業事務は営業と […]

  • 2020年2月10日
  • 2020年2月26日
  • 0件

マーケティングが最重要|営業も製造もプロモーションもその中の一部

営業の前線に立って、売上で会社に貢献してきた時間が長くなると、つい誤解をしてしまいます。 会社の業績を支えているのは、営業であるという誤解です。 それは、幻想です。 営業が商品を販売するために、マーケティングを活用しているのだ、という意識も幻想です。 営業が事業に強く関与しているのは、出口の所だけで […]

  • 2020年2月10日
  • 0件

介護派遣の給料は?介護士として派遣で働くメリット、デメリット

ここでお伝えするのは以下の通りです。 ・介護派遣の給料事情はどうなっているのか ・派遣会社で介護士として働くメリット、デメリット   世の中高齢化社会が益々加速していき、4人に1人は高齢者の割合になってきます。 その中で、今後重要な仕事となっていくのが「介護」の仕事です。 慢性的な人員不足 […]

  • 2020年2月10日
  • 0件

心理学における初の国家資格「公認心理士」

こちらの記事でお伝えすることは次の通りです。 ・公認心理師の国家資格の専門性 ・国家資格の合格率 ・心理支援や心理療法により、できること ・精神科リエゾンチームでの公認心理師の必要性     2015年「公認心理師法」が交付され、2017年に9月に施行されました。 この記 […]

  • 2020年2月10日
  • 2020年2月26日
  • 0件

マーケティングの仕事は魅力的!しかし難しいしきつい!

マーケティングの仕事の魅力は、データ収集から統計データ分析すること から始まります。   次に、その情報を元にプラン(計画)を決定して実行する、これを 繰り返して最適化していくことにあります。     「データを分析・計画を立て・実行し・結果を分析し・改善計画を立て ・ […]

  • 2020年2月9日
  • 0件

時間を短縮する仕事効率化ツール!現役社長教える役立つ10選

できるビジネスマンに共通していることは、「仕事が速い」ということです。 彼らが何故仕事が速いか? その理由は、仕事効率化するツールを使いこなし、非生産時間である、「ロス時間」を短縮し効率化しているからです。   仕事そのものの作業自体のスピードも、繰り返すことで速くはなります。 しかし、そ […]

  • 2020年2月9日
  • 0件

「消える職業」と「なくなる職業」|確かに変化は進んでる|現役会社社長が解説

オックスフォード大学のマイケル・オズボーン准教授が2014年秋に「未来の雇用」という論文を発表した。 この論文の副題は「いかに仕事はコンピュータ化されていくのか」。 どの仕事が何パーセントの確率で無くなるのかを示したものでした。   論文の結論では、10年後には47%の雇用者が仕事を失うと […]