転職

転職が決まらない20代と40代|無職になるという焦り

スポンサーリンク
転職 決まらない 20代転職

 

転職活動はしてるけど、半年以上やって全然決まらない。

転職が決まらないのは、20代と40代。

あまりにも決まらなくて、鬱になりそうとか、無職になりそうで焦りまくりの人へ。

 

 

スピリチュアルなことにも、すがりたくなる。

転職が決まらないと本当に不安です。

実際、無職になってからだと、なおさら転職が決まらなくなりそうな気もします。

転職が決まらないと嘆く前に、状況を確認することも大事な事です。

 

 

転職が決まらないで、困ってる人へ。

是非、読んでください。

転職活動のヒントになるかもしれません。

それでは解説してまいります。

 

 

 

スポンサーリンク

40代の転職はなぜ決まらない

30代の転職がスムーズに決まっていた人も、40代の転職になると、なかなか決まらないで、困ってる人が多いと思います。

何故なのでしょうか。

30代の転職では、そこそこうまく決まったのに、何故か転職が決まらない。

40代の転職が簡単に決まらないのには、やはり原因があります。

 

 

40代の転職応募者に求められることが変わる

30代、特に半ばまでの転職応募者と、40代の転職応募者に対して、企業が求める人材像が違います。

企業は、20代と30代の前半までは、社会人としてのキャリアが約10年ですので、求めているのは、スキルや経験よりも、人しての資質です。

素直な性格で、仕事に前向きに取り組んでくれる人材を求めます。

早く、会社のルールや仕事内容を覚えて欲しいと願っているのです。

 

 

しかし、40代になると、企業が求める応募者は、必要条件は変わります。

40代になると、社会人になってから、約20年の社会人経験があります。

40代の人は、40代なりの成功体験を持っており、新しい会社のルールや仕事のやり方を、素直な気持ちで受け入れることができなくなっています。

面接の時には、「真摯な気持ちで、真面目に頑張ります」という気持ちでいっぱいのはずなのです。

 

 

40代の転職で未経験業種・職種は難しい

入社が決まり、実務が始まると、40代の人は、なかなか新しい会社の雰囲気に、従っていくことができないで、苦労します。

自分の成功体験が、会社の指示やアドバイスを受け入れることに、抵抗します。

その結果、なかなかうまくいきません。

そのことを企業は知っています。

 

 

ですので、40代の転職応募者に企業が求めるのは、即戦力となる経験とスキルです。

同業種の他業者への転職であれば、過去のスキルを生かすことでもできるでしょう。

しかし、40代の転職で、未経験業種の場合、なかなか難しいのです。

自分の中にアドバイスや指示に抵抗する気持ちがあり、自分のやり方にこだわります。

 

 

40代で転職が決まらない人は、経験ある業種職種に転職すべき

勇気を振り絞り、堅い決意と覚悟を持って、未経験の業種職種へチャレンジすることは、もちろん可能です。

堅い決意と覚悟を持って、転職をして、未経験だがうまくやっていける人もいます。

 

 

しかし、企業は40代の未経験応募者の転職が困難であることを知っています。

転職後にうまく仕事を続けていくには、自分のスキルや経験を、活かせる仕事に転職することをおすすめします。

仕事の成果を出すこと、営業ならば実績を上げることは、40代の転職であっても、すでにキャリアを持っている同業種ならば、可能です。

 

 

 

スポンサーリンク

転職が決まらないのは決して問題ではない理由

転職 決まらない 20代

 

 

転職活動を始めてすぐに決まる方が少数派

転職が決まらない|7割以内が半年以内で転職を決める!

 

転職活動を始めてすぐに転職先が決まる人は、実はあまり多くありません。

決まらないと嘆く人は想像以上に多く、半年かけてようやく決まる人も3割ほどいます。

 

2017年にエンジャパンが行った調査では、全体の28%が3か月以上半年未満で決めている状況。

裏を返せば半年以上転職先が決まらない、この場合には何かしらの問題があります。

 

3か月も過ぎると、転職が決まらない事に焦るのは当然の考えです。

でも、実際のところ、3割ほどの人が半年程度でようやく決まっている現実が。

そのように考えると、決まらない事で必要以上に悩む必要はありません。

 

 

転職が半年以上決まらない人は、転職エージェントの活用を!

転職が半年以上決まらない人には、間違いなく問題があります。

それは、応募した会社が少ない、書類に問題がある、面接練習が不足しているなど様々。

 

自分で問題点を見つけ出せればいいですが、見つけられていればこんなに時間はかからないはず。

そこでオススメしたいのは、転職エージェントの活用です。

転職のプロが、内定を勝ち取るために色々なアドバイスをしてくれます。

 

自分では見抜けなかった事を、あっさり見抜いて矯正を行う、これが重要です。

拍子抜けするほどあっさり決まる事もあるなど、エージェントの活用は必要です。

 

 

スポンサーリンク

転職が決まらない20代|複数の要素は、いくらでも打破できる!

転職 決まらない 20代

 

無職やバイトからでも転職はできる!

 

転職が決まらないのは、無職やバイトのせいではない

 

無職の人、バイトとして働く人が、正社員を目指すのは確かに大変です。

しかし、今後も全く決まらない、不可能とまで言えるのかとなると違います。

 

そもそも既卒向け、フリーター向けの正社員の求人は意外とあるものです。

応募すれば十分チャンスはあるけど、複数の要素で成功確率を落としているだけ。

 

そのためにも、既卒者やフリーター向け専門の転職サイトなどへの登録をオススメします。

書類の書き方だけでなく面接の練習や服装指導、資格のアドバイスなど色々行います。

その中で、転職に向けて何をするべきか、色々と学べるはずです。

早々に決まらないと諦めるのは、絶対にやめましょう。

 

 

転職が決まらない|条件次第であっさり決まる!

 

20代からの転職だから、早々決まらない、そう考える人もいるはず。

しかし、20代の社会人は、社会経験もそれなりに重ねた人たち。

同じ業種間、職種間での転職は、高望みしなければすぐに見つかります。

 

この場合に難しいのは、未経験の業種、職種へのチャレンジ。

今まで経理をやってた人がいきなり営業をやろうとしても、なかなか大変です。

人手不足で誰でも採用する会社ならありますが、それでは後が大変。

 

決まらないから妥協しすぎる、これが一番最悪です。

なぜ転職したいのか、譲れない部分だけを守り、あとは条件を緩和させる事が大事。

あとは経験した業種や職種に絞って探せば、自然といい案件に出会えます。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

転職が決まらないために、心身のバランスを崩す人がいます。

決まらない事で焦るのは仕方ないですが、まずはその原因を突き止める事。

分からない場合でも、転職エージェントに依頼すれば原因を見つけてくれます。

数か月決まらない状況でも、決しておかしくはありません。

1人だけで転職活動をしない、これが転職をなるべく早く決めるポイントです。

 

タイトルとURLをコピーしました