コーヒーの器具

コーヒードリッパー選びは深い!ドリップポットを選び!スタンドも拘る

コーヒー ドリッパーコーヒーの器具
スポンサーリンク

自宅コーヒーを楽しみ始めると、最初に、「とりあえず」と購入した数100円のドリッパーでは物足りなくなります。

そして、最初は電気ケトルで入れていたお湯も、もっと細く少量ずつ注ぐほうが美味しくなることを知ると、ドリップポットも購入したくなります。

そして、ドリッパーの選び方はもちろん深いです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コーヒードリッパーは深い!ドリップポットを選び!スタンドも拘る

自宅コーヒーがお店のコーヒーと味が違うことに、疑問を感じ、色々と調べていくと、ドリップコーヒーの世界がシンプルでかつ深いことに気づいていきます。

当記事では、中でもコーヒーをドリップする事にフォーカスをして、ドリッパー・ドリップポット・ドリップスタンドについて紹介していきます。

特にドリッパーは、穴の数や位置、溝(リブ)の形や長さ、メーカーによって推奨するお湯の注ぎ方まで、本当に深いです。

 

コーヒーをドリップで楽しむならドリップポットを買う

コーヒーのドリップ専用に、ドリップポットを購入することに抵抗を感じる人もいるかも知れません。もし、やかんやケトルを使う場面がカップラーメンやごく一部のことのためなら、ドリップポットはやかんの代わりはできます。しかし、やかんにドリップポットの代わりはできません。

 

自宅コーヒーの多くの場合、ドリップコーヒーだと思います。サイホンやフレンチプレスを購入するのは、自宅コーヒーの中級者以上ではないでしょうか。

そして、自宅コーヒーで多くの人が体験することが、お湯を少量ずつ注ぐ難しさと、お店のコーヒーとはかなり違う自宅コーヒーの味がうまく出ないことです。

 

それは、お湯の注ぎ方と温度、豆の挽きすぎからなっています。

お湯を少しずつ注いで抽出することが出来ていない。お湯の温度が熱すぎること。豆を鼓膜挽きすぎということ、なのです。後者の2つは、知ればすぐに改善できますが、お湯の注ぐ方は、訓練が必要です。

しかしドリップポットがあれば、誰でも簡単に、適切な湯量で注ぐことができるようになります。流石に100均では売っていませんが、案外手頃な価格で購入可能です。しかし、筆者が愛用し、おすすめするのは、温度設定ができる電気ポット(ケトル)です。名前はメーカーがつけたもので、ケトルですが、細口の注ぎ口がついているタイプのものです。保温も出来て、非常に便利に簡単にドリップコーヒーが入れられるようになりました。

 

コーヒードリッパーを選ぶ|オシャレなデザインで美味しく

改めてコーヒードリッパーを選ぼうとする時に、かなり迷うと思います。

それは、自宅コーヒーをはじめて、いろいろなことを知るにつれて、ドリッパーによって、コーヒーの味が変わることを知ったからだと思います。

オシャレなデザインのドリッパーを選ぶことで、まろやかなコーヒーに変わるかもしれませんし、スッキリとした味わいに変わるかもしれません。また、最近ではフィルターレスのドリッパーが増えたことも特徴です。

 

はじめてのドリッパー選びならば、100均でもドリッパーを購入できます。ダイソーでは樹脂製も磁器製(200円)もあります。ただ、穴の数が樹脂製が4つ、磁器製が3つの穴が空いています。メリタやカリタのように、抽出についての計算から設計されたものなのかは不明です。

 

コーヒードリッパーを選ぶ|無印のはなぜか1杯用と明記

無印良品の製品は、品質の高さで、評価評判の良い企業です。

無印では、コーヒー関連商品は、たくさん販売されています。コーヒー豆やコーヒー粉から、関連する器具まで一通りが販売されています。

そんな中で、コーヒードリッパーは1種類だけの販売なので、選択肢はありませんが、きちんとした設計がされたドリッパーです。ただ一つだけ、謎があります。

それは、ドリッパーのサイズが大きいことです。商品名には、「1杯用」と明記されています。しかし、ドリッパーのサイズは、実測してみたところ、メリタやカリタの2〜4人用と同じです。

穴はひとつなので、お湯の注ぎ方は、メリタ式で入れるのが良いのかもいしれません。

 

コーヒードリッパーのおすすめを選ぶ

コーヒードリッパー選びに、こり始めると、これも一つの「沼」になるかもしれません。

まず初心者にとって、不可解なのは、メーカーによって穴の数や形が違うことです。材質によっては、穴がないものもあります。そして形の違いと溝(リブ)の形や長さ、そして、材質の違いです。

当記事では、「初心者」などのカテゴリにより、ドリッパーを紹介しています。まずは、初心者、次にサーバーとドリッパーの組み合わせの良いもの、1人用、ペーパーレス、などのカテゴリで、おすすめを紹介させていただいております。ドリッパー選びの参考の一つとしていただければと思います。

 

自宅コーヒーを本格的にするドリッパーセット

コーヒー器具を揃えていく時に、同じメーカーで揃えたほうが美味しく仕上げるのか、それぞれに組み合わせるのが、良いのかを迷います。

当記事では、筆者のおすすめする組み合わせと、メーカーが紹介する組み合わせのセットをしょうかいします。

 

筆者からの紹介では、手動のコーヒーミルも加えたセットを紹介します。ミルで挽いた豆の粉は、1粒が同じくらいの大きさに揃っているのが理想的なのです。1000円ほどの電動ミルでは5秒間で中挽き程度に挽けますが、挽いた豆の状態は、かなり不揃いになってしまいます。臼で挽いてくれるタイプがおすすめですが、電動だと少し高めの価格になります。

メーカー各社からのドリッパーセットも紹介しています。メリタ・Kono式・ハリオ、を紹介しています。最後のセットには、アウトドアのセットを紹介しています。

 

自宅コーヒーが楽しくなり本格化するドリップスタンド

ドリップスタンドは、直接味わいには関係ありません。しかし、コーヒーを入れている空間の演出には、素晴らしい魅力があります。

具体的なメリットはわずかですが、コーヒーを入れてる姿は、なかなか素敵です。

ドリップスタンドを紹介しています。見た目も、オシャレな感じのもの、ニトリや100均、木製のスタンドを紹介しています。

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒーミルのおすすめは?買うべきなのは電動か手動か?メーカーは?
  2. コーヒードリッパー選びは深い!ドリップポットを選び!スタンドも拘る *当記事
  3. コーヒーをドリップするならドリップポットを買う!ケトルはNG
  4. コーヒードリッパー おしゃれなデザインで美味しく飲もう
  5. コーヒードリッパー 無印の1杯用はゆったりサイズ
  6. コーヒードリッパー おすすめを選ぶ
  7. 自宅コーヒーを本格的にするドリッパー セット|各器具メーカー
  8. コーヒーはドリップスタンドを使うと本格的な雰囲気が整う
  9. ダイソーのコーヒードリッパーは100均比較で最強かも!
タイトルとURLをコピーしました