コーヒー

コーヒーで健康|カフェインとポリフェノールがもたらす効果とリスク

スポンサーリンク
コーヒー

コーヒーの健康効果が広く作用することが分かってきました。

コーヒーのカフェインとポリフェノールが、様々な効果をもたらしてくれます。

ただ、一方では、飲み過ぎた場合のリスクもあります。

 

スポンサーリンク

コーヒーは人の腎臓や肝臓に良い効果

コーヒー 作用する

コーヒーを習慣的に飲み続けることで、体の臓器に、良い作用をしてくれます。

 

腎臓にコーヒーが作用する

腎臓は、体の中で、身体に必要な栄養と、老廃物を分ける役割をしてくれます。

そして、老廃物は、尿となって、対外に排出されます。

コーヒーには利尿作用があり、デトックス効果が、腎臓の働きを助けてくれます。

また腎臓がんを予防する働きもあることが分かってきました。

 

コーヒーは肝臓の味方

肝臓は食べたものの分解や解毒をする働きをしています。

体の中で重要な働きをしています。

その肝臓に対して、コーヒーのポリフェノール であるクロロゲン酸が、脂肪肝や肝癌などの予防をしてくれます。

肝臓は、糖質・脂肪・アルコールなど、取り過ぎは注意が必要です。

肝臓を太らせ、血圧を上げ、肝機能を低下させます。

しかし、クロロゲン酸は、それらを抑制してくれます。

 

生理の時は効果は?

女性にとってつらい生理ですが、ホルモン作用で、筋肉が収縮し、結構不良が症状の悪化につながります。

コーヒーは、血管を広げるので、血行を良くする可能性があると期待されます。

しかし、実際には、コーヒーには血管は拡張と収縮をする可能性があるので、どちらとも言えないのです。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーの良い効果は人によっては高リスク

コーヒー 高リスク

コーヒーの効果には、良い作用があることがわかってきましたが、対象(人)によっては、高リスクになることがあります。

 

コーヒーは妊婦にとって高リスク

お腹の中にいる赤ちゃんにとって、コーヒーのカフェインは高リスクがあります。

ですので、妊婦だけではなく、授乳中でも、母乳から赤ちゃんに影響してしまいますので、十分に注意する必要があります。

 

妊婦が1日にとって良いとされるカフェインは、200mgとされています。

コーヒーに換算すると、2〜3杯になります。

しかし、カフェインを含んだ食品は、コーヒー以外にも、実はかなりたくさんあります。

緑茶にもコーヒーの半分近く含まれています。

紅茶もそうです。

また、コーラやチョコレートにも、カフェインは含まれています。

妊婦の場合は、発育不調の赤ちゃんが生まれる可能性があります。

また、妊娠初期であれば、流産リスクもあるとされます。

 

子供にとってもコーヒーはリスク

コーヒーのカフェインには、覚醒作用・共振作用・脳細動脈収縮作用・利尿作用があります。

大人にとっては、このような作用は、良い働きもしてくれます。

しかし、子供にとっては、眠気覚ましではなく、興奮作用にまで発展してしまいます。

利尿作用は、おしっこが多くなるだけではなく、脱水症状にまで、発展する、可能性があります。

体の小さい子供にとっては、作用が強いのです。

 

カフェインは、子供が好きそうなもので言えば、ココアやチョコレートにも含まれていますので、注意が必要です。

体重が50kgを超えるくらいにならないと、カフェインの作用は、大人が感じるよりも強くなりますので、注意してあげる必要があります。

 

猫にとってはとてもリスクが高い

猫は、飼い主が残しているものを食べたり、舐めたりすることがあります。

猫は、子供よりもさらに小さいのですから、カフェインの作用は、とても強いです。

万が一、コーヒーカップに半分残っていたコーヒーを、猫が舐めてしまうことがあったら、中毒を起こしてしまいます。

興奮し、歩けなくなり、嘔吐や痙攣をする可能性があり、最悪の場合、死亡のリスクさえあります。

もしも、愛する猫が舐めてしまったら、病院に行って、薬で吐かせて貰わなけれなりません。

 

犬にもコーヒーは毒

犬にとっても、コーヒーのカフェインは、悪影響をします。

しかし、小型犬でなければ、その作用は猫ほどではありません。

中型犬以上であれば、致死量はコーヒー2〜8杯にもなり、現実的はありません。

ですが、コーヒーの粉や豆を、食べていたとしたら、重大問題です。

カフェインの摂取量は、多くなってしまいます。

急いで、病院に行ってください。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーの効果は尿酸値や血圧・血糖値に、良い作用をする

コーヒー (8)

コーヒーの主成分は、カフェインとポリフェノールです。

昔は、害があるものとされていましたが、近年カフェインとポリフェノール の良い効果が発見されています。

 

カフェインとポリフェノール の健康効果

コーヒーは現代人の認識では、嗜好品です。

しかし、大昔は、コーヒーは薬でした。

 

最も知られているのは、コーヒーのカフェイン効果には、覚醒作用があることです。

覚醒作用の現れ方には、個人差があります。

30分から1時間もすると、効果が現れます。

その効果は、だんだんと薄らぎますが、8時間程度継続します。

 

コンビニのドリップコーヒー

コンビニでも本格的なドリップコーヒーが楽しめるようになりました。

価格も安く、約100円です。

本格的なドリップコーヒーが100円で楽しめるのです。

珈琲ショップで飲むコーヒーの3分の1〜5分の1です。

ただ、カフェインは普通に入っているのですから、飲み過ぎには、注意です。

 

コーヒーのカフェ飲料は焙煎で変わります

イメージ的には、深煎りしたコーヒーは苦いので、カフェインを多く含んでいるように感じます。

しかし実際には、深煎りすると、カフェイン量は減少します。

ただし、深入りしたコーヒー豆は、重量が軽くなるので、重量対比で考えると、カフェイン量は変わらないと考えるべきでしょう。

 

日本人にはカフェインは効かないという説

今日は寝ずに頑張らないといけない、と思いコーヒーを飲む人もいるかもしれません。

しかし、結果的には、眠気覚ましにはならなかった、という経験はありませんか。

実は、カフェインの研究データで、アジア人には、カフェインの効果が出づらいということがわかっています。

 

もしかすると、古くから緑茶などのお茶を飲む文化から、カフェインの耐性ができていて、DNAに引き継いでいるのかもしれません。

しかし、急性カフェイン中毒による死亡も確認されていますので、やはり飲み過ぎには注意です。

 

コーヒーのポリフェノール はクロロゲン酸

コーヒーのポリフェノール は、クロロゲン酸です。

赤ワインのポリフェノール 含有量が、数ある食品の中で、トップなのですが、実はコーヒーのポリフェノール も、かなり近いのです。

 

クロロゲン酸には、肥満防止効果があるとされています。

インスタントコーヒーにも、ポリフェノール が含まれています。

カフェインはちょっと苦手という方なら、インスタントコーヒーで、ポロフェノール効果を得ることができます。

 

コーヒーで血糖値が下がるのは本当なのか

コーヒーに含まれているポリフェノール 、つまりクロロゲン酸に血糖値を下げてくれる効果があることがわかっています。

もちろん、たまに飲むくらいでは、その効果は期待できません。

その効果を期待するのなら、毎日3〜5杯のコーヒーを飲むと良いです。

 

飲むタイミングは、食事中がベストです。

レストランでは、食後にするか、食前にするかを尋ねられると思います。

クロロゲン酸の効果を得ようと考えるなら、食後でなく、食事中です。

ですので、食事と一緒にと、頼むのが良いです。

血糖値を下げる目的でコーヒーを飲むのでしたら、コーヒーは砂糖を入れずに飲むことです。

 

コーヒーは尿酸値も下げる効果

尿酸値が上がると、痛風になってしまいます。

痛風は実際に経験者でなければ、あの痛みが理解できないかもしれません。

文字の通り、風が当たっても痛いというくらいに、わずかな刺激で目が覚めるほどの激痛を発します。

ですので、とても寝ていられません。

実は、コーヒーは、尿酸値を下げる作用があることが、確認されています。

カフェインとポリフェノール が、作用します。

水分を多めにとって、コーヒーを飲むと、利尿作用で、尿酸が排出されます。

もし苦いのは、無理という人は、牛乳を混ぜても、作用してくれます。

 

コーヒーは血圧も下げる

血圧を下げることについても、コーヒーのポリフェノール が良い効果を作用することがわかっています。

ただ、飲み慣れていない方は、カフェインによって血管収縮作用が働く可能性があります。

慣れてくると、ポリフェノール 効果で、血圧を下げてくれることが期待されます。

ただ、コーヒーを飲む量は、毎日3〜6杯くらいです。

結構な量を飲まないといけません。

でも、血圧に不安を持っているのであれば、一定期間でも試してみると良いです。

 

コーヒーを飲むと疲れが取れるのは本当か?

これは、カフェインの覚醒作用の効果です。

しかし、実際には、疲れがとれるのではなく、覚醒作用によって、忘れさせているだけです。

ですので、正しくは、疲れが取れているのではありません。

これは、エナジードリンクも同じです。

含まれているカフェインが、一時的に忘れさせる効果の作用をしているだけです。

カフェインの効果が切れてしまえば、疲れを感じるようになります。

 

また、日本人には、カフェイン効果の効き目がない可能性がありますので、疲れを取ることを目的に、飲むと期待外れになるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーを飲むことで、様々な効果が期待できます。

しかし、人によっては、リスクがある場合もあるので、要注意です。

自分に合った飲み方をすると良いです。

 

 

  1. コーヒーを飲むと起こる諸症状・症状が起きてる時のコーヒーは?
  2. コーヒーの効果|成分が尿酸値・血圧・血糖値に作用する
  3. コーヒーは人によっては高リスク!注意です!
  4. コーヒーが身体に及ぼす影響!腎臓や肝臓、生理中の作用は?
  5. コーヒーで動悸がする?要因は様々!治し方も解説します!
  6. コーヒーはニキビに悪いのか?因果関係はあるのか
  7. コーヒーで下痢は注意かも?特に黒い便や下痢は危険信号!?
  8. コーヒーで便秘は、改善する?悪化する?それは飲み方次第!
  9. コーヒー飲んだ後の口臭を消すには何が良い?予防対策には?
  10. 風邪をひいてしまったらコーヒーは飲まない方がいいのでしょうか?
  11. コーヒーは太る?太らない正しい飲み方とは
  12. コーヒーで気持ち悪い!治し方はどうすればいいか?
  13. コーヒーで頭痛・腹痛になる人|原因はカフェインにありそう
  14. コーヒーの効能|コーヒーは人に健康をもたらす
  15. コーヒーの主成分はカフェインとポリフェノール!健康効果!
  16. コーヒーは妊婦さんに悪影響?でも2〜3杯ならOK
  17. コーヒーのカフェインは子供の成長に強く影響する
  18. 猫がコーヒーを飲むと大変!コーヒー以外のカフェインも危険!
  19. 犬にコーヒーは毒!とくに粉や豆には気を付けて!
  20. 腎臓の結石|原因はコーヒー?毎日飲んでる人は危ないかも!?
  21. 腎臓にコーヒーは毒か薬か?腎臓の健康状態で影響が変わる!
  22. 胆石をコーヒーが予防!でも頼り過ぎるのは危険かも?
  23. 肝臓に悪い食べ物はコーヒーじゃない!本当に悪いのはコレ!
  24. コーヒーは肝臓を守り、あらゆる病を予防する!
  25. 生理中にコーヒーはどう作用する?痛みは和らぐが貧血が心配?
  26. 二日酔いの頭痛にコーヒーは効果があるのか?
  27. コーヒーで吐き気が起きるのは空腹の時では?
  28. コーヒーは苦いしまずい!なぜ大人は美味しいと思えるのか?
  29. コーヒーで腹痛は少数派?他の要因があるかも
  30. コーヒー飲んだら頭痛がする。原因と対策を解説!
  31. コーヒーで胃痛?原因と対策を解説!
  32. コーヒーに利尿作用があるのはなぜ?効果的な飲み方紹介!
  33. コーヒーは血圧にとって良いの?悪いの?
  34. 尿酸値はコーヒーで下がるって本当?効果と飲み方を紹介!
  35. コーヒーで血糖値を下げる!?コーヒーの正しい飲み方とは? 
  36. インスタントコーヒーでもポリフェノール効果は同じ?
  37. コーヒーポリフェノールのダイエット効果(論文)|クロロゲン酸
  38. コンビニコーヒーのカフェインレスはローソンで!
  39. カフェインが効かない!は本当だった!|日本人の場合
  40. 緑茶とコーヒーのカフェインを比較!日本人には耐性がある?!
  41. カフェインの致死量|日本人はコーヒーに耐性がある
  42. コーヒーのカフェイン量は焙煎で変化する|何杯飲んだら危険か
  43. 妊娠初期の珈琲は、流産リスクを高める?
  44. 授乳中のコーヒーは何杯までならいいのか?!授乳中はカフェインに注意?!
タイトルとURLをコピーしました