コーヒー

コーヒーを飲むと気持ち悪いという人|理由と治し方は?

コーヒー 気持ち悪いコーヒー

疲れを癒やしてくれたり、ストレス軽減の効果があり、毎日コーヒーを飲む人も少なくありません。

主成分のカフェインとポリフェノール(クロロゲン酸)の効果も認められるようになり、毎日3~5杯飲む人もいます。

しかし、一方では、コーヒーが苦手という人もいます。

あるいは、普段はよく飲むのに、何故か今日はコーヒーが合わないというときもあります。

 

コーヒーを飲んだら、気持ち悪いし、頭痛もする

コーヒー 気持ち悪い 頭痛

その日の体調によって、好きなはずのコーヒーが気持ち悪いと感じるときがあります。

それは、コーヒーに含まれているカフェインのせいかもしれません。

 

気持ち悪い理由はカフェインのせい

コーヒーには、覚醒作用が含まれている事が知られています。

その他にも、胃液が分泌する事も促進する働きがあります。

空腹の時や体調が悪いときに、胃液が分泌が促進することで、気持ち悪くなる事があります。

 

又、頭痛が出てしまう人もいます。

又、カフェインの作用によるものです。

カフェインには血管を収縮させる作用があります。

血管の収縮が頭痛を引き起こしてしまいます。

 

 

空腹の時にコーヒーを飲むと吐き気が

空腹 コーヒー 嘔吐

コーヒーには、血糖値を下げる効果など、良い効果があることが知られています。

しかし、タイミングが悪いと、良くない影響も有ります。

例えば、空腹の時もそうです。

 

食後のコーヒーという言葉があります。

その通りで、食後に飲むと、いろいろな良い効果が期待できます。

しかし、朝起きたばかりの時など、空腹の時にコーヒーを飲むと、胃や消化器に悪い影響を及ぼします。

 

胃の中に何も無い状態なのに、コーヒーの刺激で、胃酸がでてしまします。

胃痛を起こす可能性があります。

 

 

コーヒーで気持ち悪い!治し方は?

コーヒーで気持ち悪い

気持ち悪くなる可能性は?

酸化したコーヒーのせい?

カフェインかクロロゲン酸(ポリフェノール)のせい?

体調不調のせい?

コーヒーには、良い効果がいくつもありますが、マイナスの作用をしてしまう事もあります。

 

時間の経ったコーヒーはすぐに酸化してしまいます。

酸化している状態とは、品質が劣化しているという事です。

劣化したコーヒーの成分が、身体に悪影響を及ぼします。

 

また、カフェインやポリフェノールにも良い効果が発見されています。

コーヒーのポリフェノールは、赤ワインに近いぐらい豊富に含まれています。

普段なら良い効果の作用がありますが、体調不調や空腹の時には、悪影響をおよぼします。

 

 

コーヒーは苦いしまずい!

子供には、分からない味でしょう。

子供からみれば、大人はなんであんなに苦いものを飲むのか、と思っているかもしれません。

 

大人になると味覚の感じ方が変わります。

特に、苦みは、大人になると、美味しく感じたりするようになります。

大人になると、その苦みが気持ちを沈静化したり、ストレスを軽減をすることを感じるようになります。

 

甘くして飲むなら、それは有りです。

しかし、ブラックコーヒーやブラックコーヒー、ゴーヤは、ビールなどは、どうでしょう。

おとなになって、なれてくると、苦いだけではなく、味だけではなく、香りを楽しむようになります。

 

だから、大人になっても、嫌い人は嫌いです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました