注目キーワード

コーヒーは子供への影響が心配されます!何歳からなら大丈夫か?!

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

・何故子供にコーヒーを飲ませてはいけないのか

・12歳以上の子供にコーヒーを飲ませて良い理由

 

子供にコーヒーを飲ませて良いのは中学生以上の年齢で、体重が50㎏以上で

あれば飲んでも大丈夫です。

こちらの記事を読んでくださいますと、

「何故コーヒーを飲ませて良いのは12歳からなのか」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

コーヒーは子供への影響が心配されます!カフェインの副作用

コーヒー 子供への影響

 

コーヒーにはカフェインが含まれています。

カフェインには覚醒作用、強心作用、皮下脂肪燃焼効果、脳細動脈収縮作用、

利尿作用などの作用があります。

子供への副作用の影響は大人よりも強いので、基本的に飲ませない方が良いです。

 

コーヒー 子供への影響|カフェインの副作用

大人であれば眠気覚ましや疲労回復、集中力上昇などのメリットがありますが、

子供が飲んでしまうと副作用があります。

 

子供は大人とは違い、カフェインを分解する力が未発達です。安易に飲ませて

しまうと、大人が受ける効果以上の作用が出て子供の成長の阻害となる可能性が

高いです。

胃腸が弱くなったり、眠れなくなったり、最悪痙攣する事があります。

 

子供がコーヒーを飲むとどうなるのか

実際子供がコーヒーを飲んでしまうと、以下の問題が出てきます。

まず、興奮作用からテンションが高くなり、眠れなくなります。子供の成長過程

での睡眠は重要なのでコーヒーで寝付けなくなったら成長を止めてしまいます。

 

子供の頃コーヒーを飲むと背が伸びなくなると大人に言われた事はありませんか?

もしそう言われたとしたら、それはカフェインが直接作用しているのではなく、

副作用によって夜眠れなくなるから、背が伸びなくなるのです。

 

次にカフェインには自律神経のはたらきを狂わせてしまう副作用があります。

大人であれば飲み過ぎなければ問題はありませんが、子供だと胃腸を弱らせて

しまう事があります。

 

大人でもコーヒーを飲み過ぎてカフェインの副作用で苦しむ人もいるのです。

特に子供のコーヒーの摂取は気を付けましょう。

関連記事

コーヒーを飲み過ぎて死亡した事例があります。コーヒーは25杯で致死量に達する可能性があります。 ただ、カフェインの量は、焙煎によって変化します。そして、誤解をされている部分でもあります。&n[…]

コーヒー カフェイン量 焙煎

 

コーヒーの子供への影響|子供は何歳からなら大丈夫か?!

 

身体が大人になってくれば、カフェインを分解する力も強くなるので飲ませても

大丈夫です。

覚醒作用はありますが、中学生以上になると段々と夜起きる時間が増えてくる事と、

痙攣を起こしにくくなる事が挙げられます。

 

コーヒーの子供への影響|カフェイン分解には50㎏以上の体重が目安

人により個人差もあり絶対ではありませんが、50㎏の体重があれば100㎎までの

カフェイン摂取が可能です。

体重が50㎏以下であれば、コーヒー150mlあたり約90㎎のカフェインが含まれて

いますので、ミルクを多めにすると良いです。

 

12歳くらいからというより、体重で飲んでいい量を決めると良いです。

もし子供がコーヒーを飲んで体調が悪くなった場は迷わず病院へ行ってください。

 

子供に飲ませる場合

普通は子供がコーヒーを飲んだら、苦さからそれ以上飲まなくなる事が多い

のですが、それでも子供が大人の飲み物に興味津々で飲みたがっていたり、

意外と飲めてしまったりする事があります。

 

その場合は、ミルクたっぷりのコーヒーにしてあげましょう。

医者によってはコーヒーを飲んでいい年齢は関係ないという意見もありますが、

大量摂取や日常生活でなければ、という補足付きです。

 

覚醒作用があるので夜には飲ませない、水分補給を多くさせる、

ノンカフェインコーヒーにする、ミルクを多めにする、薄めにするなど工夫を

しましょう。

関連記事

コーヒーを飲み過ぎて死亡した事例があります。コーヒーは25杯で致死量に達する可能性があります。 ただ、カフェインの量は、焙煎によって変化します。そして、誤解をされている部分でもあります。&n[…]

コーヒー カフェイン量 焙煎

 

まとめ

 

子供にコーヒーを飲ませて良いのは12歳くらいで体重50㎏以上になってからに

するのが良いです。

50㎏以下の人はカフェインが100㎎以下になる150ml程度の量が良いです。

 

子供は大人と違い、カフェインを分解する力が未発達なので、カフェインの

副作用の方が危険となります。

飲ませる場合は、コーヒーを薄めたり、ミルクを多めにしたり、

ノンカフェインコーヒーにするなど工夫が必要です。

コーヒー 子供への影響
最新情報をチェックしよう!