コーヒー

コーヒーのカフェインは子供の成長に強く影響する

スポンサーリンク
子供 コーヒー (1)コーヒー

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

  • 何故子供にコーヒーを飲ませてはいけないのか
  • 12歳以上の子供にコーヒーを飲ませて良い理由

 

子供にコーヒーを飲ませて良いのは、中学生以上の年齢が目安です。

体重が50㎏以上であれば、飲んでも大丈夫です。

当記事を読んでくださいますと、「何故コーヒーを飲ませて良いのは12歳からなのか」について、子供への害があるのか、成長へ影響についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーのカフェインは子供には害になる可能性がある

コーヒー 子供への影響

 

コーヒーにはカフェインが含まれています。

カフェインには、覚醒作用・強心作用・皮下脂肪燃焼効果・脳細動脈収縮作用・利尿作用などの作用があります。

体が小さく、まだ整っていない体の子供にとっては、カフェインの影響は、大人よりも強く作用します。

子供にとっては、カフェインは成長への害があると考えておいた方が良さそうです。

ですので、基本的に、子供にコーヒーは、飲ませない方が良いです。

 

コーヒーのカフェインが子供に強い副作用の影響

大人であれば、コーヒーのカフェインは、眠気覚ましや疲労回復・集中力上昇などのメリットがあります。

しかし、子供がコーヒーを飲んでしまうと、カフェインが子供の成長への害の影響=副作用があります。

 

子供は大人とは違い、カフェインを分解する力が未発達です。

安易に、コーヒーを飲ませてしまうと、大人が受ける効果以上の作用(子供にとっては害ある影響)が出て、子供の成長の阻害となる可能性が高いです。

 

コーヒーを飲んでしまった子供には、胃腸が弱くなったり、眠れなくなったり、などの現象が起きてしまう可能性があります。

最悪のケースでは、痙攣するなどの、強い影響がある場合が考えられます。

 

コーヒーは子供の眠りを妨げる可能性がある

子供が、コーヒーのカフェインをとると、眠りを妨げる可能性が大です。

子供は、コーヒーを飲むことで、眠れなくなったり、興奮状態になったりします。

子供は、コーヒーのカフェインの影響を受けやすく、大人も2倍から3倍の持続時間があります。

 

万が一、夕方の時間帯に摂取した場合は、夜眠れなくなる可能性があります。

もちろん、これらの事は子供がコーヒーを飲むことで起こるカフェインの影響です。

 

カフェインは子供に脱水出症状や体力を消耗させる可能性がある

成長過程にある体の、子供はもともと脱水症状を起こしやすいのです。

当然、子供も日常の基本的な生活の中で、こまめな水分補給が欠かせません。

しかし、カフェインを多く含んだ飲み物を飲んでしまえば、カフェインの利尿作用が働き、脱水症状へとつながっていく可能性があります。

脱水症状起こすと、大人でも大変ですが、子供にとっては体力を消耗させる可能性が高いです。

 

水分補給をする際の飲み物として、コーヒー以外にも、カフェインが含まれている飲み物が、ありますので注意が必要です。

カフェインは、コーヒー以外にも、ココアやコーラにも含まれています。

 

コーヒーの子供への影響を心配するとき|他のカフェイン飲料・食べ物にも注意

カフェインが多く含まれている飲み物には、子供にとっては良くない影響が出る可能性が考えられます。

カフェインが含まれている飲み物や食べ物は、日常の中に、意外にたくさんあります。

カフェインが含まれている飲み物と食べ物と薬

・コーヒー・インスタントコーヒー・ココア・紅茶・ウーロン茶・抹茶・ほうじ茶・コーラ・炭酸飲料・エナジードリンク・栄養ドリンク・青汁

・チョコレート

・鎮痛薬・感冒薬

実はカフェインが含まれていない飲み物
・麦茶・杜仲茶・黒豆茶・たんぽぽ茶・はと麦茶・ルイボスティー・そば茶・コーン茶
コーヒー以外にも、カフェインを含んでいる飲み物・食べ物は、かなりあります。
子供に、チョコレートを与えすぎてはいけない理由は、虫歯になる可能性以外に、カフェインの影響を懸念してのこととわかります。
カフェインの子供への影響を考えて

子供に良くない影響を与えるカフェインが、実は、日常の中にたくさんあることに気がついたと思います。

合わせて、カフェインの含有量についても、確認をしておいた方がいいです。

 

目安としては、紅茶には、コーヒーの約半分の量のカフェインが、含まれています。

緑茶には、コーヒーの約3分の1のカフェインが、含まれています。

また、緑茶の中でも、玉露は普通の緑茶の8倍のカフェインが含まれています。

コーヒーのエスプレッソにも、多くのカフェインが含まれていることに注意しておいた方がいいです。

 

また、チョコレートの場合ですと、コーヒーよりは少ないですが、苦味が強いものほどカフェインの量は多く含んでいます。

子供が食べるのでしたら、ホワイトチョコレートが無難です。

反対に、カカオの多いチョコレートは、要注意です。

 

 

スポンサーリンク

子供がコーヒーを飲むとどうなるのか

子供 コーヒー (2)

実際に、子供がコーヒーを飲んでしまうと、カフェインの影響が、強く出る可能性があります。

具体的には、どんな作用があるのか。

 

コーヒーで子供は興奮し眠れなくなるかも

コーヒーを飲んだ子供は、カフェインの影響で、興奮作用を起こし、テンションが高くなり、眠れなくなります。

大人にとっても、睡眠は重要ですが、子供の成長過程では、睡眠はとても重要です。

「寝るこは育つ」というくらいです。

もし、コーヒーで興奮して、眠れなくなってしまえば、子供の成長にとって害となる影響をしてしまいます。

 

コーヒーが害となる影響をする

子供の頃に、コーヒーを飲むと背が伸びなくなる、言われた記憶はありませんか?

もし、そう言われたとしたら、それはカフェインが直接作用して、身長が伸びなくなるのではありません。

子供が、コーヒーを飲んでしまったことで、夜眠れなくなるからです。

成長期のはずの子供が、睡眠がうまく取れなくなると、背が伸びなくなるのです。

 

コーヒーのカフェインが直接影響するのは

コーヒーのカフェインには、子供の自律神経のはたらきを狂わせてしまう可能性があります。

大人であれば、コーヒーを飲み過ぎなければ、特に問題はありません。

しかし、体が小さい子供の場合、胃腸を弱らせてしまう事もあります。

 

大人でも、コーヒーを飲み過ぎて、気持ち悪くなってしまう人もいます。

コーヒーのカフェインが、子供の成長の害の影響で苦しむ人もいるのです。

のちに、後悔してしまうような影響が残らないように、子供がコーヒーを飲んでしまわないように、気を付けましょう。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーの子供への影響|子供は何歳からなら大丈夫か?!

コーヒー 子供への影響

 

身体が大人になってくれば、カフェインを分解する力も強くなるので飲ませても、カフェインの影響は少し弱まった感じがします。

体の大きさが、大人と変わらないサイズに成長していれば、子供でも成長への害の影響は少なくなるでしょう。

 

コーヒーのカフェインの覚醒作用はありますが、中学生以上になると段々と夜起きている時間が増えてくる事もあり、コーヒーを飲んだとしても、夜眠れなくなると言う事は起きにくくなっていきます。

それは、日本人が元来カフェインの影響を受けにくい耐性があるということもあります。

 

 

コーヒーの子供への影響|カフェイン分解には50㎏以上の体重が目安

コーヒーのカフェインの影響は、個人差はあります。

個人差がありますので、大まかの目安としては、50㎏の体重があれば100㎎程度までのカフェイン摂取であれば、子供の頃ほどの強い影響はないと、考えられます。

体重は50キロ以上の体格になってくれば、子供であったとしても、成長への害の影響は少ないと思われます。

体重が50キロ以下の場合であれば、ミルクを多めにするカフェオレなどで、多少なりとも緩和ができると思います。

 

年齢を、12歳くらいと限定するよりも、体重で目安を考えると良いです。

体重は50キロ以上になれば、子供であっても、カフェインの成長への害の影響は、少なくなるでしょう。

もし、子供がコーヒーを飲んで、体調が悪くなった場合は、迷わず病院へ行ってください。

 

 

子供に飲ませる場合

普通は子供がコーヒーを飲んだら、苦さからそれ以上飲まなくなる事が多いです。

それでも子供が大人の飲み物に興味津々で飲みたがっていたり、意外と飲めてしまったりする事があります。

 

その場合は、ミルクたっぷりのコーヒーにしてあげましょう。

医者によっては、コーヒーを飲んでいい年齢は関係ないという意見もありますが、大量摂取や日常生活でなければ、という補足付きです。

 

覚醒作用があるので、「夜には飲ませない」「水分補給を多くさせる」「ノンカフェインコーヒーにする」「ミルクを多めにする」「薄めのコーヒーにする」など工夫をしましょう。

 

 

デカフェのコーヒーなら子供でも安心なのか

デカフェやカフェインレスという表示は、もともとカフェインを含んでいる飲み物などからカフェインだけを取り除いた飲み物のことをいいます。

つまり、麦茶などのように全くカフェインを含んでいない飲料とは、別のものです。

デカフェにしてもカフェインレスにしても、カフェイン量はわずかながらに含まれています。

 

デカフェについての明確な基準は日本のルールにはなく、カフェインレスと同等のものと考えられます。

つまりカフェインが90%以上除去されている飲み物と言うことです。

逆に言えば、カフェインの含有量は10%未満であると言うことです。

EUでは、デカフェについて基準が決められています。

EUのルールでは、デカフェの表示はコーヒー豆なら0.2%以下、インスタントコーヒーなら0.3%以下でなければ、デカフェと言う名称を使えません。

 

ですので、デカフェのコーヒーを子供に与えるときには、わずかではあるがカフェインが含まれていることを意識してあげてください。

何度も繰り返し飲むようであれば、当然カフェインの影響が出てきます。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

子供にコーヒーを飲ませて良いのは、12歳くらいを目安として、体重50㎏以上になってからに、するのが良いです。

50㎏以下の人は、カフェイン摂取量が100㎎以下になるように、コーヒーなら150ml程度の量に、しておくのが良いです。

 

子供は大人と違い、カフェインを分解する力が未発達なので、カフェインの子供への成長への害の影響の方が危険となります。

どうしても、子供が飲みたがり、飲ませる場合は、カフェイン量を減らす工夫が必要です。

 

 

コーヒーの健康効果|カフェインとポリフェノールがもたらす効果とリスク

コーヒーを飲むと良い効果があるが人によっては高リスク!注意です!

コーヒーは妊婦さんに悪影響?でも2〜3杯ならOK

犬にコーヒーは毒!とくに粉や豆には気を付けて!

猫がコーヒーを飲むと大変!コーヒー以外のカフェインも危険!

タイトルとURLをコピーしました