コーヒーのカフェインの効果と量注意!日本人の耐性

コーヒーには、カフェインが含まれている事は、誰でもご存知の事です。

しかし、お店に置いてある飲み物には、「カフェインレス」「カフェインゼロ」などの表示のものが多くありますので、悪いもののイメージがあります。

しかし、コーヒーに含まれるカフェインには、良い効果もたくさんあります。

ただし、副作用もある事から、飲み過ぎに注意とされています。

 

 

コーヒーのカフェイン効果

コーヒーのカフェイン

実はカフェインは、コーヒー以外の飲み物にもたくさん含まれているものがあります。

緑茶やウーロン茶、紅茶、ココアなどにも含まれています。

その中でもコーヒーには比較的多く含まれているため、コーヒーに注目されているのです。

 

食べ物ではチョコレートにも含まれています。

意外に気づいていないかもしれませんが、無水カフェインとして医薬品にも含まれています。

風邪薬や鎮痛剤に、含まれています。

 

このように、医薬品にも応用されているわけですから、カフェインの効果作用は明確にあると言うことです。

ただし一方で、カフェインレスの飲み物がように、取りすぎには注意すべきものです。

 

主な作用としては、覚醒作用や皮下脂肪の燃焼効果や利尿作用などが知られています。

ただし後述しますが、その効果作用には、個人差や民族に関わるものがあるようです。

 

ですので、コーヒーを飲むと時間帯によっては眠れなくなったり、ほとんど影響されない人もいます。

あるいは、脂肪燃焼効果を期待して、コーヒーによるダイエット効果を求めたりする人もいます。

また、学習や記憶に良い作用をすることも知られていますし、集中力が高まる作用もあるようです。

 

では、注意すべきカフェインの副作用としては何があるか、説明します。

カフェインの取り過ぎによる不眠、人によってはめまいなどが起こる可能性があります。

 

 

コーヒーのカフェイン量・緑茶のカフェイン

緑茶のカフェイン

日常的に摂取する飲み物の中では、コーヒーがやはり1番多くカフェインを含んでいます。

正しい日本人が愛する緑茶の中で、玉露については、コーヒーよりも多いほどのカフェインを含んでいます。

コーヒーの飲み方で、1番多くカフェインを含む飲み方は、エスプレッソです。

玉露は、エスプレッソと変わらぬカフェインを含んでいます。

緑茶好きの方は、ご注意です。

 

最近では、喫茶店以外にコンビニエンスストアでも、ドリップコーヒーが楽しめる時代になりました。

毎朝の出勤前に、セブンイレブンでコーヒーを買う方も多いのではないでしょうか。

 

気軽に、手軽にドリップコーヒーを飲める事はとてもありがたいことです。

しかしコンビニのドリップコーヒーは、マシンの中で豆をひいて、ドリップする方式です。

カフェインレスでは、ないことに注意が必要です。

あまり多くの、コンビニコーヒーを飲むようになりますと、体の調子を悪くする可能性があります。

 

 

日本人にはカフェインが効かないとする説

コーヒーのカフェイン

コーヒーを飲むと、カフェイン効果で、目が覚めるはずと考えて、コーヒーを飲む方もいると思います。

受験勉強の追い込みや、仕事の書類作成の集中する時間等に、飲むことが多いのではないでしょうか。

しかしその後、眠くなってしまった経験もある方はいないでしょうか。

 

実は、日本人にはコーヒーのカフェインは効果がないのではないか、と言う説があります。

東洋人は昔からお茶を飲む習慣があり、欧米人とは違うのだと言う説です。

真偽の程はどうなんでしょう。

 

筑波大学の研究に、世界の地域別にカフェインの効果があるかどうかを遺伝子レベルで調べたものがあります。

その結果からすると確かに、アジア人については、カフェインにたいする効果が強くないことが分かりました。

つまり、欧米人の方が、カフェインに対して、気持ちよくなる効果が認められたということでした。

 

逆に、日本人を含むアジア人には、カフェインに対して、覚醒効果などが低く、人によっては、コーヒーを飲むと気持ち悪くなる人もいるほどです。

 

 

カフェインによる致死量

カフェイン致死量

医薬品にも応用されているカフェインです。

やはり、摂取をしすぎると、体に害があります。

 

カフェインの致死量については、個人差があります。

実際に、カフェインの過剰摂取が原因で、死亡してしまった例はありますが、非常に少ないです。

ただ、カフェイン中毒で救急車で搬送された人は、日本で過去5年間に100人ほどいるとの記録があります。

その症状は、吐き気と意識低下です。

日本人は、カフェインはあまり効果がないらしいと思って、飲み過ぎるのは、とても危険です。

 

では、大量摂取とは、どの程度かということになります。

一時的な摂取です。

個人差と体格差があります。

あくまでも、目安ということでは、体重60キロの人で、1時間以内に400mgを摂取すると、半数の人は、急性カフェイン中毒を発症するとされています。

 

一般的に一番口にする可能性のあるドリップコーヒーでは、1杯を150mlとしますと、90mgのカフェインが含まれています。

1時間で、4杯以上のドリップコーヒーを飲むと、危険ということになります。

 

エスプレッソや玉露では、1杯の容量が少なめですが、カフェインの含有量が多いですから、注意が必要ですね。

玉露(60ml)で、2杯で320mgになります。

3杯目は、危険です。

エスプレッソは、カップ小さい(30ml)ですが、間違えて普通サイズ(150ml)で飲んでしまうと、それだけで300mgのカフェインを摂取することになります。

 

 

まとめ

 

カフェインは、医薬品にも使われているほど、体に効果作用があるものです。

適量を飲んでいる間は、勉強や仕事への集中力が高まったり、良い効果もあります。

しかし、飲み過ぎると、急性カフェイン中毒のリスクもあります。

体の小さい子供や授乳中のお母さんは、基本的には、飲まない方が良いのです。

 

日本人は、カフェインの効果は得られにくいという研究結果もありますが、ダイエット効果を狙って、飲み過ぎるなどにならないように、注意をしましょう。