コーヒー

コーヒーは肝臓を守り、あらゆる病を予防する!

スポンサーリンク
コーヒー 肝臓コーヒー

あなたは肝臓の健康を考えたことはありますか?

今の時代は昔と違って美味しいものがたくさんあります。

あげ物や、肉、スイーツやお菓子など。

 

実は、そんな美味しい物の多くが肝臓の健康を脅かしています。

放っておけば、徐々に進行して大変なことになるかもしれません。

 

でも、安心して下さい。そんな悩みをコーヒーが解決してくれます。

今回は肝臓の病をいくつか紹介し、それらを予防してくれるコーヒーの秘密をお話します。

 

スポンサーリンク

コーヒーは肝臓に良い

コーヒー 肝臓 (1)

コーヒーは昔なら肝臓に悪いと信じられてましたが、近年ではむしろ肝臓に良いと分かっています。

 

コーヒーは肝臓の負担をやわらげる

人体の中で肝臓の役割はとても重要です。

口にした食べ物の栄養分解や貯蓄、解毒が主な仕事です。

 

あまりに分解や解毒の仕事を増やして負担をかけたり、脂肪をつけて太らせるのは注意です。

それをさせるのは、脂肪や糖質、アルコールの摂取です。

 

しかし、コーヒーに限ってはこれらの負担をやわらげ、肝臓を助ける働きをします。

コーヒーは肝臓に関するあらゆる病を予防してくれるのです。

 

コーヒーの肝臓への影響|Y-GTPを下げる

肝臓の機能を計る数値として、Y-GTPがあります。

この数値が上がると肝機能の低下を表し、また高血圧に傾くことを意味します。

 

肝臓に悪いで有名なアルコールを飲むと、Y-GTPは上がり(悪くなる)ます。

ところがコーヒーを飲むと、Y-GTPは下がり(良くなる)ます。

 

しかもコーヒーはアルコールをたくさん摂取しても、その数値を大きく下げてくれるのです。

 

スポンサーリンク

肝臓障害をコーヒーは予防する

肝臓に関する障害はいくつかあります。

脂肪肝や肝硬変、肝がんなどです。

コーヒーの効果とともに肝臓障害を紹介していきます。

 

コーヒーの肝臓への影響|脂肪肝

脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪がいっぱい付いた状態のことです。

肥満になった肝臓なので、アルコールや糖質、脂肪を取り過ぎるとなります。

 

研究結果から、脂肪肝の原因は飲酒やB・C型肝炎が確実です。

タバコや肥満、糖尿病もほぼ確実な原因と言われています。

それに対し、コーヒーが脂肪肝を予防するのも、ほぼ確実です。

 

コーヒーは肝臓がんまで予防する

実は脂肪肝には3種類あります。

 

一つは、アルコールが原因でなる、アルコール性脂肪肝。

二つ目は、アルコール以外の、糖質や脂肪などによる、非アルコール性のもの。

 

三つ目は、非アルコール性から進行するタイプのNASHです。

このNASHが厄介です。

 

ふつう脂肪肝は炎症を起こしません。

しかし、何らかの原因で、酸化ストレスや腸内毒素で、炎症が起きる場合があります。

炎症が起きると、その部分の細胞が死に、死んだ部分が線維化(硬くなる)していきます。

線維化が進行すると、肝硬変、そして肝がんにまでなってしまいます。

このように進行性のあるものがNASHです。

 

でも安心して下さい。

コーヒーは、脂肪肝も肝硬変も、肝がんも抑制し予防してくれます。

なんと、コーヒーを一日に三杯飲む人は、肝がんリスクが半分になるというデータまであります。

 

スポンサーリンク

コーヒーは肝臓にどう作用する?

コーヒーが肝臓に良いのは分かりました。

でも、コーヒーの何が肝臓を良くしていると思いますか?

カフェイン?ポリフェノール?

 

カフェインは肝臓を守らない

最初の見解では、カフェインが肝臓を守るとの考えもありました。

しかし、カフェインは肝臓で代謝され、肝臓を守ることはありません。

 

はじめの方で、コーヒーを飲むと血圧が下がり、肝機能が良くなると言いました。

ところがコーヒー慣れした人は、カフェインで血圧は下がりません。

Y-GTPや血圧も、カフェインとは別の成分に反応しているのです。

 

それでも、カフェインには線維化を抑制する働きがあるので、肝硬変には効果的です。

 

コーヒーのポリフェノールが肝臓を救う

カフェインになかった肝臓を保護する作用は、実はポリフェノールの方にあります。

さらにコーヒーのポリフェノールには、抗酸化作用と、炎症を抑える効果もあるのです。

 

つまり脂肪肝の原因となる、酸化ストレスや炎症を防ぎ、線維化まで抑制します。

それは、脂肪肝から肝硬変、肝がんを予防するということです。

 

また、ポリフェノールの抗酸化作用が血行を良くするので、血圧を下げのにも一役かっています。

 

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーは肝臓に関するいろんな病に効果的だと分かりました。

脂肪肝から、肝硬変、肝がんをコーヒーのポリフェノールが抑え、予防してくれます。

 

お酒飲みの人も、コーヒーを飲めば、肝臓の負担をかなり減らすことができます。

それほどコーヒーは肝臓に欠かせない存在です。

 

もし、あなたが肝臓に気をつかっているならコーヒーを飲みましょう。

ただし、肝機能が低下してる場合は、カフェインが負担となります。

その場合はカフェインレスだといいですね。

重要なのはコーヒーのポリフェノール、クロロゲン酸ですから。

 

 

コーヒーの健康効果|カフェインとポリフェノールがもたらす効果とリスク

コーヒーが身体に及ぼす影響!腎臓や肝臓、生理中の作用は?

腎臓の結石|原因はコーヒー?毎日飲んでる人は危ないかも!?

腎臓にコーヒーは毒か薬か?腎臓の健康状態で影響が変わる!

胆石をコーヒーが予防!でも頼り過ぎるのは危険かも?

肝臓に悪い食べ物はコーヒーじゃない!本当に悪いのはコレ!

生理中にコーヒーはどう作用する?痛みは和らぐが貧血が心配?

タイトルとURLをコピーしました