コーヒー

コーヒー豆には苦い種類がある!焙煎によっても変わります

スポンサーリンク
コーヒー 苦い種類コーヒー

この記事でお伝えすることは、次の通りです。

・コーヒーは苦いだけじゃない

・コーヒーが苦い理由

・苦い豆の種類を覚えておく

 

苦いと有名なコーヒーですが、その主な理由は成分と焦げにありました。

こちらの記事を読んでくださいますと、「なぜコーヒーが苦いのか」

「苦い豆の種類」についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

 

スポンサーリンク

コーヒー豆には苦い種類があります

コーヒー 苦い種類

 

コーヒー豆は、焙煎だけではなく、元々のコーヒー豆の種類によって、苦味が強いものと酸味が

強いもので分かれています。

コーヒー豆の味わいには、「苦味」「酸味」と「コク」があります。

 

苦味は、酸味とコクとの複合的なバランスで決まりますので、苦味ランクが高くとも、酸味とコクの絡み具合で、味わいが変わってしまいます。

そこで、順番をつけるのではなく、大きな分類として紹介してまいります。

 

コーヒー豆の苦い種類|苦味の強いコーヒー

マンデリン(インドネシア)

トラジャ(インドネシア)

キリマンジャロ(タンザニア)

パプアニューギニア(パプアニューギニア)

など

これらのコーヒーが苦いと言われるコーヒーです。

 

コーヒー豆|酸味の強いコーヒー

コナ(ハワイ島)

モカ(イエメン、エチオピア)

キリマンジャロ(タンザニア)

グアテマラ(グアテマラ)

 

コーヒーの苦い種類|苦味もあるが、酸味の方が強いコーヒー

ブルーマウンテン(ジャマイカ)

ブラジル(ブラジル)

ジャワコーヒー(インドネシア)

等は、苦味か酸味に偏らず、バランスの取れた味です。

 

コーヒーは味だけでなく、風味やコク、甘味が豆によってそれぞれ違うので、

自分の好みのコーヒーを探してみるのも良いでしょう。

 

昔は苦いと言って飲めなかったコーヒーが飲めるようになっているかもしれません。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/coffee-kimotiwarui/ target=]

 

スポンサーリンク

コーヒーに苦い種類あるが、焙煎によっても苦さは変わる

簡単に言ってしまえば、コーヒーの苦味は果実の成分と焦げが原因です。

苦いコーヒーを作る為に、苦味の強いコーヒー豆を作るわけですが、この苦味は

2つの成分に分けられます。

 

コーヒーの苦い種類|成分による苦味と焦げによる苦味

元々ーヒーの果実には、苦いと感じさせる元となる成分が多く含まれているのです。

生豆の状態では苦味は感じませんが、その苦味は焙煎していくと現れてきます。

 

何故コーヒーは苦いのでしょうか。

それは、カフェイン、クロロゲン酸、トリゴネン等の苦味を出す成分があります。

また、元々コーヒー豆が持っている苦味というものがある為、コーヒーは苦いのです。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/coffee-mazui/ target=]

 

コーヒー|焙煎によっても、苦味は変わる

そして、もう1つ苦い理由は焦げです。

焙煎は加熱をする作業です。料理をしない人でも分かる事ですが、長く過熱をすると焦げてしまいます。

焦げてしまった食べ物は普通苦いです。コーヒーも同じなのです。

 

コーヒー豆も火加減で焦げさせて苦味を引き出します。

料理ではマイナスになってしまう事が多い焦げですが、コーヒーは焦げさせる事によって、

風味や味わいを良くさせているのです。

 

ただ、コーヒー豆は元々苦味となる成分があるので、焙煎時間を短くした浅炒りのものでも

苦味を感じます。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/mizudasi-coffee/ target=]

 

スポンサーリンク

コーヒーは苦い!飲めないのは私だけ?

コーヒー 苦い種類

 

コーヒーは、コーヒーチェリーという果実の実です。

コーヒーの実を収穫し、種を取り出して洗って乾燥させた生豆を焙煎すると、

誰もが知っているコーヒー豆になります。

 

焙煎でコーヒーの味や風味が変わります

焙煎とは、コーヒーの生豆を炒る加熱作業を事をいいます。

焙煎をするから、香りや味の変化が出てくるのです。

 

焙煎時間によって浅炒り、中炒り、深炒りという焙煎の度合いが変わってきて、

味や風味に影響してきます。

長く炒るほど、苦いコーヒーになるという事です。

 

コーヒーは酸味が強いものもあります

普通、コーヒーといえば苦いものという認識をされている人が多いと思います。

では酸味が強いとは、どういう事でしょうか。

 

そもそもコーヒーは果実です。

焙煎時間を短時間にすればするほど、果実の味が引き立つので果実が本来持つ

酸味が強くなるのです。

 

更に、コーヒーは豆の挽き方でも、味に違いが出ます。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/coffee-hikikata/ target=]

 

 

スポンサーリンク

まとめ

苦いコーヒーの苦味は、成分と焦げが原因です。

チェリーコーヒーと呼ばれるコーヒーの果実には、苦味の元となる成分が入っています。

コーヒーの生豆を焙煎する事によって苦味が引き立ってきます。

 

ですが、焙煎する時間が短ければ果実の酸味が引き立つコーヒーとなり、焙煎する時間が

長ければ焦げて更に苦味が増したコーヒーになります。

 

子供の頃苦いと感じたコーヒーの苦味は、コーヒー豆が元々持っている成分が多くを占めています。

なので酸味が強いコーヒーも、基本的に苦いです。

 

大人になると、味覚が変わってきます。

昔は苦いとしか感じられなかったコーヒーも、今は味わい深いものとなっているかもしれません。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://the7interchange.com/coffee-matome/ target=]

タイトルとURLをコピーしました