コーヒーのポリフェノール効果|意外に知られてないスゴい効果!

コーヒーのカフェインはよく知られているが、コーヒーのポリフェノールの効果は意外に知られていない。

実は、コーヒーには、カフェインよりもポリフェノールが多く含まれています。

その効果は、意外にスゴいんです。

健康に気遣っている人は、コーヒーを飲んだ方が良いです。

 

 

コーヒーのポリフェノール効果はスゴい

コーヒーのポリフェノール

コーヒーに含まれるポリフェノールには、体に良い抗酸化作用が期待できます。

ポリフェノールは、植物が生きていく上で必要になる抗酸化物質です。

そのポリフェノールを摂取すると、人にも良い作用があります。

 

コーヒーのポリフェノールはクロロゲン酸

コーヒーに含まれているポリフェノールは、クロロゲン酸です。

様々な食品に、ポリフェノールが含まれています。

代表的なものでは、緑茶であればカテキン、ブルーベリーだとアントシアニンです。

 

コーヒーのポリフェノールには血圧上昇を抑えてくれる

コーヒーのポリフェノールであるクロロゲン酸には、高血圧を改善する作用がある事が知られています。

ただし、気をつけないといけないのは、カフェインです。

カフェインには、覚醒作用・興奮作用があることが知られています。

 

あまり、コーヒーを飲まない人の場合、血圧が、わずかに一時的に上昇する事が確認されています。

ただし、コーヒーを飲み慣れてくると、その作用に耐性ができ、血圧上昇などの変化はなくなるようです。

ですので、高血圧の不安を持つ方は、コーヒーを飲み続けることで、血圧が下がる効果が期待出来そうです。

 

コーヒーのポリフェノールは寝付きも良くする

コーヒーに含まれているポリフェノールであるクロロゲン酸。

カフェインが覚醒作用があるのに対し、クロロゲン酸には、夜寝る時の寝付きをよくすることが、分かっています。

寝付くまでの時間が、短くなる傾向があるということです。

個人差はありますが、夜の時間帯にコーヒーを飲む場合には、カフェインレスのコーヒーを飲む方が良いということです。

夜、眠れない人は、カフェインレスのコーヒーを飲むと良いです。

 

 

コーヒーのポリフェノールは肝臓の健康に良い効果をもたらす

コーヒーを飲む人の方が、肝臓疾患による死亡リスクが低いという数値があります。

また肝臓がんの死亡リスクも低いという国立がん研究センターの報告もあります。

日本人においてコーヒー高摂取により肝がんリスクが低下することは「ほぼ確実」である一方で、緑茶が肝がんリスクと関連するという証拠は不十分である、という結論になりました。

https://epi.ncc.go.jp/can_prev/evaluation/8446.html

 

九州大学名誉教授の医学博士 古野純典氏の研究でも、「コーヒーを飲んでいる人は、肝機能の数値が良好」とされている。

同氏の自衛官を対象とした研究データから、「飲酒によって肝機能が悪化するのを、コーヒーが抑える」と、1994年の論文にまとめています。

1日に3〜5杯飲むことを推奨しています。

 

 

コーヒーのポリフェノールの種類と量

コーヒーのポリフェノール

ポリフェノールは、植物に含まれている抗酸化物質です。

植物が生きている上で、自分の身を守るために、持っている成分です。

人間は、植物が持つポリフェノールを摂取することで、活性酸素と戦う作用を得ています。

コーヒーのポリフェノールは、クロロゲン酸です。

他の食物では、赤ワインの「アントシアニン」、緑茶の「カテキン」大豆の「イソフラボン」などがあります。

 

コーヒーのポリフェノールの量

コーヒーのポリフェノールは、カフェインよりも多く含まれています。

 

一般的にポリフェノールといえば、赤ワインのポリフェノールがよく知られています。

100mlあたりに230mg含まれてるとされています。

実は、コーヒーには、100mlあたりに、200mgも含まれています。

 

更に、緑茶のカテキンもよく知られているポリフェノールです。

カテキンの場合、100mlあたり115mg含まれています。

コーヒーのポリフェノールは、緑茶の約2倍も含まれています。

 

コーヒー1杯が、通常140〜150ml程ですので、コーヒー1杯飲めば、約300mg程、摂取していることになります。

一般的には、ポリフェノールの理想的な摂取量は、1000〜1500mgといわれています。

ですので、毎日コーヒーを飲む習慣があり、3〜4杯飲んでる方ならば、他の食品から摂取する量を考えなくと

も、ほぼ足りてる状況にあります。

 

 

コーヒーのポリフェノール効果を多く得たいなら

コーヒーに含まれているポリフェノールはクロロゲン酸といいます。

クロロゲン酸は、熱によって減少することが分かっています。

つまり、焙煎は浅煎りの方が、ポリフェノールを多く含んでいます。

 

血圧降下の作用や寝付きをよくする目的で、コーヒーを飲むなら、コーヒー豆を買う時は、深煎りより浅煎りの方がおすすめということになります。

 

また、飲酒をする人も、コーヒーを飲む習慣をつけると、良いです。

コーヒーを飲むと、肝臓の健康を守る効果があります。

 

まとめ

1日に3〜5杯のコーヒーを飲むと、健康に色々とよいことがあります。

肝臓が気になる人、お酒を飲む人、血圧が気になる人も、コーヒーを飲む習慣をつけると良いです。

ただし、夜にコーヒーを飲むときには、眠れなくなる可能性がありますので、カフェインレスのコーヒーを選んだ方が良いです。