コーヒー

コーヒーは飲む人によっては高リスク!注意です!

スポンサーリンク
コーヒー 高リスクコーヒー

コーヒーが、実は健康にプラスになる良い効果が多いです。

ただし、対象によっては、高リスクで害のある飲み物になってしまいます。

心当たりのある方は、ご注意を。

 

スポンサーリンク

コーヒーは妊婦に高リスク

コーヒー (1) 妊婦

妊婦は、日頃食べているものに注意をしていると思います。

もちろん、お腹の中にいる赤ちゃんのためです。

 

コーヒーには、カフェインが含まれています。

妊婦が1日にとっていいとされるカフェインは、200mgです。

コーヒーに換算すると、2〜3杯です。

カフェインは緑茶にも含まれています。

普通の緑茶なら、コーヒーの半分か3分の1のカフェインが含まれています。

 

しかし、緑茶でも玉露には、コーヒーの倍のカフェインが含まれているので、要注意です。

また、カフェインは、コーラにも紅茶にも含まれています。

ですので、1日のカフェ飲料で、換算して考えておくべきです。

 

カフェインは、妊婦自身だけではなく、お腹の中の赤ちゃんに影響します。

影響が強いと、発育不調や低体重児が生まれる可能性があります。

そして、流産リスクを高めると言われています。

ですので、コーヒー好きの妊婦さんは、カフェイン抜きの飲み物に変えた方が良いです。

 

 

スポンサーリンク

子供にとってもコーヒーは高リスク

コーヒーのカフェインには、次のような作用があります。

覚醒作用・強心作用・皮下脂肪燃焼効果・脳細動脈収縮作用・利尿作用です。

大人と比べて、体が小さく、整っていない子供にとって、カフェインの作用は、強く働きます。

 

大人にとっては、眠気覚ましや疲労を回復したり、集中力を高めるメリットがあります。

しかし、体が小さい子供にとっては、大人が感じる以上の作用をしてしまいます。

ですので、子供を安易に大人扱いして、コーヒーを与えるなどはしてはいけません。

 

大人にとっては、眠気覚ましでも、子供にとっては、興奮状態にまで作用する可能性があります。

本当に眠れなくなります。

また、利尿作用は、脱水状態にまでなるかもしれません。

 

カフェインは、コーヒーの他にも、ココアやコーラ、チョコレートにも含まれています。

チョコレートは、虫歯になるかもしれないだけではないリスクがあるのです。

では、何歳までダメなのかと言いますと、個人差がありますので、体格体重で考えると良いです。

体重が50kgほどになれば、カフェインの影響は、少なくなると見られます。

 

注意が必要なのは、カフェインが入っていない飲み物とデカフェ の飲み物は、別のものということです。

デカフェ は、カフェインを取り除いた飲み物です。

カフェインが90%以上除去されているのが、デカフェ ですので、少ないながらも含まれているということです。

子供の場合は、カフェインの影響が不安視されるので、デカフェでも繰り返し飲むのであれば、影響を受ける可能性があることを覚えておく必要があります。

 

 

スポンサーリンク

実は猫にもコーヒーはハイリスクな飲み物

猫にとってもカフェインは、毒ともいえるものです。

猫はカフェインを飲むと、中毒を起こしてしまいます。

そして、歩けなくなり、吐いたりして、最悪の場合死んでしまうこともあります。

 

猫にとって、致死量は、体重1キロ当たり150mgとされています。

一般的な猫の体重は、4〜5kgですので、致死量は600〜750mgということです。

さらに、中毒症状が起きるのは、致死量の10分の1程度ですので、要注意です。

放置していた飲み残しが、カップに半分残っていて、猫が飲んでしまうと、中毒症状を起こします。

 

猫の中毒症状は、興奮状態に始まり、歩行困難となり、嘔吐や痙攣を起こし、死亡に到るかもしれません。

もしも、飲んだことがわかったら、すぐに病院に行くしかありません。

病院へ行くと、薬を使って吐かせてくれます。

 

 

スポンサーリンク

犬にもコーヒーは毒!

猫だけではなく、犬にとってもコーヒーのカフェインは、悪影響があります。

致死量は体重1kgあたり、140mgです。

犬の場合、犬種によって、体格差が大きいです。

小型犬の場合なら、コーヒー1杯で、下痢や嘔吐をしてしまう可能性があります。

致死量は、2〜8杯。

 

中型犬や大型犬になれば、致死量のコーヒーは、すごい量になります。

ですので、確かに高リスクですが、現実の量はかなりの大量になります。

でも、小型犬の場合だと、体重も軽いので、注意が必要です。

ただし、注意した方が良いのは、犬がいたずらして、コーヒーの粉や豆を食べてしまうことです。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーのカフェインは、大人にとっては、覚醒作用を始めに、様々な作用が良い影響を与えてくれます。

しかし、お腹の中の赤ちゃんや子供、そして一緒に暮らしている猫や犬に、強い影響をしてしまいます。

大人にとっての覚醒作用は、子供や猫にとっては、興奮作用になってしまいます。

利尿作用は、子供や猫には、脱水症状にまで発展する可能性もあります。

カフェインは、コーヒー以外にも含んでいる食品が、身の回りにたくさんあります。

子供や猫と暮らしている方は、注意しておきましょう。

 

 

コーヒーで健康|カフェインとポリフェノールがもたらす効果とリスク

コーヒーの効果|成分が尿酸値・血圧・血糖値に作用する

コーヒーを飲むと起こる諸症状・症状が起きてる時のコーヒーは?

コーヒーが身体に及ぼす影響!腎臓や肝臓、生理中の作用は?

コーヒーは妊婦さんに悪影響?でも2〜3杯ならOK

コーヒーのカフェインは子供の成長に強く影響する

猫がコーヒーを飲むと大変!コーヒー以外のカフェインも危険!

犬にコーヒーは毒!とくに粉や豆には気を付けて!

妊娠初期の珈琲は、流産リスクを高める?

授乳中のコーヒーは何杯までならいいのか?!授乳中はカフェインに注意?!

タイトルとURLをコピーしました