コーヒー

コーヒーを飲むと起こるカフェインの諸症状

スポンサーリンク
コーヒーを飲むと起こる諸症状コーヒー

コーヒーには、健康により作用があることがわかったきています。

しかし反面、コーヒーを飲むと諸症状が起きてしまう方もいます。

また、いろいろな症状が起きてる時のコーヒーはどうしたらいいのか。

解説します。

 

スポンサーリンク

カフェインの諸症状|コーヒー飲むと頭痛・腹痛になる

コーヒー 腹痛 頭痛

コーヒーの主成分は、カフェインとクロロゲン酸(ポリフェノール )です。

カフェインとクロロゲン酸は、体に良い作用もしますが、体に諸症状を起こすことがあります。

 

頭痛の原因はコーヒーのカフェイン諸症状

当然、1杯や2杯のコーヒーを飲んで、すぐにカフェインの症状で頭痛がするわけではありません。

カフェイン摂取に関する研究により、明らかにされてきました。

コーヒーのカフェインで頭痛の症状を起こすには、毎日のコーヒーが3杯以上続くと、頭痛の可能性が出てくるようです。

反面、ポリフェノール の良い効果を期待するには、3杯以上のコーヒーが必要になります。

しかし、それでも毎日のコーヒーを辞めずに続けていると、カフェイン中毒になってしまう可能性があります。

また、カフェイン中毒になってしまうと、コーヒーを飲まないと、頭痛がしてしまうという症状が起きてしまうようにもなります。

どちらにしましても、原因はコーヒーの飲み過ぎによるカフェインの症状です。

量を減らすことが、難しいようであれば、カフェインレスを飲むか、ミルクで刺激を抑えるなどの工夫をすべきですね。

 

コーヒーを飲むと腹痛を起こすというカフェインの諸症状

また自分の場合は頭痛ではなく、腹痛なんです、という方もいるかもしれません。

しかし、医師によれば、コーヒーと腹痛の因果関係は、見つかっていないということです。

 

医師専用のサイト(MedPeer)によれば、医師にアンケートを取り、500人超の医師から得られた回答によれば、6割以上の医師が、コーヒーと腹痛には関係性が認められない、としています。

適正な量のコーヒーを飲んでいる場合、影響はないとしています。

 

またユーザーの別の声では、腹痛をして、その次に下痢をしてしまう症状が出るという声もあります。

それはコーヒーを飲むと、腸の蠕動運動(ぜんどう運動)が促進されるからです。

 

 

コーヒーで胃痛を起こしてしまうカフェインの諸症状

コーヒーに、含まれているカフェインとクロロゲン酸は、胃液の分泌を促進させます。

それは、胃の中に食べ物がある時には、良いことです。

しかし、空腹の時に、胃液の分泌が増えてしまうと、胃壁に刺激を与えてしまいます。

その結果、胃痛になってしまいます。

 

また、胃の中に食べ物が残っていたとしても、コーヒーを飲み過ぎれば、やはり胃液の分泌がさらに促進される可能性がありますので、コーヒーを飲む量には、注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク

カフェインの諸症状|コーヒーで気持ち悪い時の原因と対策

コーヒーで気持ち悪い

コーヒーが好きな人でも、もしかすると、コーヒーを飲んで気持ち悪くなる症状が出る可能性があります。

考えられる原因はいくつかあります。

 

コーヒー豆は、焙煎した後、どんどん酸化してしまいます。

原因は、コーヒー豆に含まれている油脂成分が酸化するからです。

気持ち悪いと感じる症状は、酸化した油脂成分を体内に吸収したことが原因です。

また、前述したように、コーヒーの主成分であるカフェインとクロロゲン酸は、胃液分泌を促進させます。

空腹の時に、コーヒーを飲むと、胃液が分泌されて、気持ち悪いと感じるカフェインの症状が出ることもあるのです。

 

また、肝機能が弱っているのかもしれません。

肝機能が弱っていると、カフェインが分解しにくい状態になる可能性があります。

そのせいで、カフェインの作用が残って、気持ち悪い症状になっているのかもしれません。

 

対策としては、コーヒーを飲まないことが良いのですが、それでも飲みたい人のために、対策を解説します。

この症状の改善には、コーヒーを飲んだ後には、水を飲むことです。

刺激成分が薄まります。

 

また、酸化してないコーヒーを飲むようにすることです。

酸化を完全に止めることはできませんが、遅らせる方法はあります。

密閉した低温状態に置くことです。

冷蔵ではなく、冷凍の方が、酸化しにくいです。

保存方法を工夫するのは一つの方法ですが、もう一つは自分のコーヒーを飲むペースに合わせて、飲み切れる量のコーヒー豆を購入することです。

そして、酸化する前に、飲み切ることです。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーを飲むと起こるカフェイン諸症状・症状が起きてる時にコーヒーは

コーヒーを飲むと起こる諸症状 (1)

コーヒーを飲むと、気持ち悪い・頭痛・腹痛がすること以外にも、諸症状が起こる場合があります。

また何かの症状が起きてる時に、コーヒーを飲んでいいのかなどの点についても、解説します。

 

コーヒーを飲むと口臭がしやすくなる

実はコーヒーを飲んだ後の口の中では、口臭が発生しやすくなっています。

原因は口の中が乾燥しやすくなっていること、そして舌の上にコーヒー豆の粒子が残ることが原因です。

さらに、ミルクのタンパク質も口の中に残ると、口臭の原因になります。

気づかないうちに、コーヒー友達に迷惑をかけている可能性があります。

 

一番の対策は、口の中が乾燥して酸性状態を改善し、舌の上に残っているコーヒー豆の粒子やミルク成分を洗い流すことです。

簡単な対策は、ガムを噛むこと・水を飲むことです。

 

 

風邪をひいた時にコーヒーは

風邪をひいた時に、コーヒーは飲むか?飲まないか?

 

実は、コーヒーには、風邪の諸症状である、喉の痛み・解熱・利尿作用で、老廃物を体外に排出すること、などの作用があるのです。

意外に思われるかもしれませんが、コーヒーのカフェインが作用しているのです

 

ただし、風邪薬を飲んでいる時には、注意が必要です。

風邪薬にも、カフェインが含まれているからです。

二重に摂取してしまうことになるからです。

 

また、風邪をひいた時には、よく眠ることが大事ですが、コーヒーの覚醒作用が、睡眠の邪魔をするかもしれません。

 

 

コーヒーを飲むと太る?

コーヒーでダイエットするとという言葉を聞いたことがあると思います。

ですから、もしかすると、痩せるのかも、というイメージを持つ人がいるかもしれません。

単にコーヒーを飲むだけでは、痩せることも太ることもありません。

 

しかしコーヒーのダイエットはやり方を間違えると、太るかもしれません。

その一つが、バターコーヒーです。

材料との見方を間違えると太る可能性があります。

 

コーヒーの主成分には、脂肪燃焼効果が期待できますが、スティックコーヒーは、危険です。

太る要素がたくさん入っています。

ブラックコーヒーなら、良いです。

しかし、スティックコーヒーには、ミルクや砂糖がたっぷりです。

飲み過ぎると、太る要素が満載です。

 

 

コーヒーを飲むと下痢をする

コーヒーを飲むと下痢をする原因として考えられるのは、腸のぜん動運動を促進させる作用かもしれません。

便秘気味の人には、腸のぜん動運動が、便秘改善になるかもしれません。

しかし、そうではない人の場合、下痢になってしまうかもしれません。

これらは、カフェインの症状によるものです。

 

しかし、東京福祉大の研究論文によれば、ぜんどう運動には個人差があり、コーヒーで下痢や便秘になる証拠はないとされています。

下痢をしたり、体調が悪くなるケースでは、コーヒーの飲み過ぎや空腹時にコーヒーを飲んだことが原因となっていると思われます。

 

 

  1. コーヒーで健康|カフェインとポリフェノールがもたらす効果とリスク
  2. コーヒー飲むと頭痛・腹痛になる人|原因はカフェインにありそう
  3. コーヒーで気持ち悪い!治し方はどうすればいいか?
  4. コーヒーは太る?太らない正しい飲み方とは
  5. 風邪をひいてしまったらコーヒーは飲まない方がいいのでしょうか?
  6. コーヒー飲んだ後の口臭を消すには何が良い?予防対策には?
  7. コーヒーで便秘は、改善する?悪化する?それは飲み方次第!
  8. コーヒーで下痢は注意かも?特に黒い便や下痢は危険信号!?
  9. コーヒーで動悸がする?要因は様々!治し方も解説します!
  10. コーヒーはニキビに悪いのか?因果関係はあるのか
  11. コーヒーで胃痛?原因と対策を解説!
  12. コーヒー飲んだら頭痛がする。原因と対策を解説!
  13. コーヒーで腹痛は少数派?他の要因があるかも
  14. コーヒーは苦いしまずい!なぜ大人は美味しいと思えるのか?
  15. コーヒーで吐き気が起きるのは空腹の時では?
  16. 二日酔いの頭痛にコーヒーは効果があるのか?
タイトルとURLをコピーしました