コーヒー

豆乳をコーヒーに入れると健康効果絶大!

スポンサーリンク
コーヒーの豆乳効果コーヒー

近ごろ健康志向の人が増えてきて、カフェでカフェラテを頼む時、コーヒーには牛乳より栄養価の高い豆乳をえらぶ人が増えています。

最近はソイラテもよく聞きますが、豆乳って実際何がいいんでしょうか?

豆乳にどんな栄養素があって、どんな効果があるのか?

そして、コーヒーとまぜ合わせるとどんな効き目があるのか?

今回はそのあたりをまとめました。

 

スポンサーリンク

豆乳をコーヒーに入れると効果いっぱい

コーヒーに豆乳をいれると、どんな効果があるのでしょうか?

じつは健康や美容、ダイエットといろんな面でいい影響があるんです。

 

豆乳をコーヒーに入れると効果が期待できます

コーヒーに豆乳をいれて飲むと、おいしいだけじゃなく、いろんな効果をもたらしてくれます。

期待される効果は、こんなにもあります!

  • ダイエット効果
  • 老化防止
  • 血行促進
  • 美肌効果
  • ガンや更年期障害、生活習慣病の予防
  • 腸内環境を整える
  • 脳細胞の活発化
  • 覚醒作用
  • 利尿作用
  • ホルモンバランスの調整

とくに、ダイエットや抗酸化作用・血行促進は、コーヒーと豆乳どちらも持つ効能なので、効き目は大きいのです。

 

 

豆乳コーヒーの効果|イソフラボンは本当に効く?

豆乳に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た構造をしています。

なので豆乳を飲むと、女性ホルモンが活発化して、美肌や抜け毛予防に効きます。

 

他にも、悪玉コレステロールを排除すると血液がサラサラになり、更年期障害予防や脳の活動を活発にすると言われています。

また骨密度の維持までしてくれます。

 

しかし、イソフラボン効果を得るのは条件があります。

なぜなら、イソフラボンは大豆製品が発酵や消化の過程で、イソフラボン配糖体からイソフラボンが分解されます。

そこからさらに、エクオールになって吸収されるので、発酵した納豆だったり、腸内環境が対応してないと効き目が無いと判明しています。

 

じつは、日本人の半数以下はエクオールへ変換できません。

変換できる人は、日頃から大豆製品を食べ、規則正しい生活をしているので、同じ生活をつづければ変換できる可能性があります。

 

 

スポンサーリンク

豆乳とコーヒーを合わせると痩せるの?

コーヒーと豆乳は、どちらもダイエットに有効とされています。

どちらか単体でもその効き目があるくらいですが、豆乳の場合は、種類を間違うとあまり効果がでないこともあります。

 

豆乳とコーヒーでダイエット効果

コーヒーにはカフェインとクロロゲン酸が含まれています。

どちらにも脂肪燃焼効果があり、コーヒー単体でもダイエットに有効です。

 

豆乳では、大豆タンパク質に注目です。

このタンパク質は、吸収率が高くて吸収速度が遅いので、満腹感や腹持ちのよさ、加えて基礎代謝もアップします。

また、サポニンやレシチンには脂肪燃焼効果まであるのです。

 

 

豆乳コーヒーで太ることはあるの?

ダイエットをする上で、コーヒーに砂糖をいれない方が良いのは分かりますが、豆乳側にはすでにいろいろと入ってるものもあります。

豆乳には無調整と調整、そして豆乳飲料があります。

 

無調整は豆乳以外何も入ってませんが、クセがあって飲みにくい人のために、砂糖や塩、添加物、香りづけなどをして飲みやすくした調整豆乳があります。

豆乳飲料はさらに果汁や野菜、コーヒーなどの風味をたして、ジュースのように飲みやすくしたものです。

無調整から調整、豆乳飲料となるにつれていろんなものが添加され、大豆固形分など本来の成分も減っていきます。

 

なので、ダイエットに一番有効なのは、無調整の豆乳です。

他の種類の製品は、逆に太る要素さえあります。

 

 

スポンサーリンク

豆乳をコーヒーに入れると栄養満載で健康にいい

コーヒーは98%が水分なので、栄養はあまりありません。

しかし豆乳には、豊富な栄養が含まれています。

 

豆乳コーヒーの栄養はどれほどある?

豆乳には、様々な栄養素が含まれています。

  • サポニン
  • レシチン
  • ビタミンB郡、E
  • オリゴ糖
  • タンパク質
  • リジン
  • イソフラボン配糖体

これらが、身体に良い影響をあたえてくれます。

一方でコーヒーの成分には、栄養面で注意が必要です。

 

タンニンは、鉄分や亜鉛の吸収をぼう害します。

カフェインは、カルシウムの吸収をぼう害して、排出してしまいます。

 

コーヒー+豆乳は健康にいい

豆乳コーヒーは、腸内環境を整えてくれます。

そして、利尿作用で、悪いものも流してくれます。

そして強い抗酸化作用が、様々な病気を予防し、老化防止までしてくれます。

 

豆乳コーヒーは血管にやさしい効果

豆乳コーヒーでは、血管を広げたり、血液をサラサラにしてくれます。

ですので、脳や体中の血のめぐりがよくなります。

頭もさえてきますし、免疫力や肌にも影響してきます。

何より血のめぐりのよさは、健康な証しにつながるものです。

 

 

スポンサーリンク

各社の豆乳コーヒーのカロリー・糖質・栄養

豆乳コーヒーは、各社から販売されていますが、その成分には、かなりの違いがあります。

キッコーマンの販売力が、スゴいので、店頭で見かけるのは、キッコーマンが多いです。

しかし、成分表示を見比べると、ベストな選択は、コープかマルサンの豆乳コーヒーが、良さそうです。

 

キッコーマンの豆乳コーヒー|カロリー・糖質・栄養

キッコーマンの豆乳コーヒーは、「麦芽コーヒー」という商品名で販売されています。

生のコーヒー豆をローストして抽出したコーヒーに、麦芽がブレンドされてます。

 

紙パックの製品は、200ml・500ml・10000mlがあります。

原料の原産地は、オーストラリア産の大麦から作られた麦芽エキス。

インドネシア産のコーヒー豆。

そして、カナダまたはアメリカ産の大豆の豆乳から作られています。

 

気になる栄養成分は、200mlあたり、132kcalの熱量、タンパク質は4.9g、脂質は5.4g、炭水化物16.2g(糖質15.6g)。

そして、イソフラボンは28mg含まれています。

価格は、200mlで税抜き90円です。

 

ヤクルトの豆乳コーヒー|カロリー・糖質・栄養

ヤクルトの豆乳コーヒーは、「ラックミーコーヒー」という商品名で販売されています。

栄養成分は、200mlで見てみると、熱量が86kcal、タンパク質は4.4g、脂質3.7g、炭水化物8.8g、イソフラボンは32mg。

キッコーマンと比べると、炭水化物が少ないのが魅力です。

税抜き100円です。

 

マルサンの豆乳コーヒー|カロリー・糖質・栄養

マルサンの豆乳コーヒーの商品名は「麦芽コーヒー カロリー50%オフ」。

同じように、200mlあたりの栄養成分を調べてみます。

大豆はカナダ産が使用されています。

熱量は54kcl、タンパク質は2,8g、炭水化物は3.2gに抑えられています。

イソフラボンは32mg。

カロリー50%オフをうたっていますが、それにしても炭水化物が少ないのは、スゴい特徴です。

 

紀文の豆乳コーヒー

紀文ブランドが、いつの間にかキッコーマンブランドに変わっていることに、お気づきでしょうか。

実は、紀文の豆乳を製造販売していた紀文フードケミファは、2008年にキッコーマンに子会社化されています。

それから紀文とキッコーマンの両方が、パッケージに表示されていました。

2015年からは、紀文の名前が消えて、キッコーマンだけになっています。

 

 

コープの豆乳コーヒー|カロリー・糖質・栄養

コープの豆乳コーヒーの特徴は、国産大豆が原料で、コーヒー豆はメキシコ産のカフェインレスが使われていることです。

商品名は、「麦芽コーヒー カロリーハーフ」。

200mlの成分は、熱量は48kcalしかありません。

脂質は2g、炭水化物3.5g。イソフラボンの表示はありませんでした。

 

 

スジャータの豆乳コーヒー|カロリー・糖質・栄養

スジャータの豆乳コーヒーは、有機大豆とブラジル産のコーヒーを使っているのが特徴です。

成分は、200mlあたり、熱量が146kcal、タンパク質4.4g、脂質6,2g、炭水化物18gを含んでいます。

イソフラボンは50mg含まれています。

 

スポンサーリンク

まとめ

コーヒーと豆乳をまぜると、様々な効果があると分かりました。

とくに、ダイエットや抗酸化作用、血行促進は期待大です。

豊富な栄養が含まれているので、健康にいいことは間違いありません。

豆乳は、余分なものが入っていない無調整豆乳がおすすめです。

 

ただし、イソフラボン効果は条件があり、分解できない人が多いです。

ですので、効き目が感じられない人は、生活習慣を見なおしてみましょう。

そして、飲み続けることが大切です。

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒーのおすすめの飲み方|ダイエット効果と美味しい組み合わせ
  2. コーヒーの美味しい組み合わせ7選!意外なものもあるかも?
  3. はちみつ珈琲は万能薬!つらい咳止めにも効く!
  4. コーヒーにはちみつ|まずい?おいしくする作り方は牛乳か豆乳
  5. コーヒーとチョコレートは似たもの同士!ギフトにもぴったり!
  6. コーヒーとココアは何が違う?混ぜたらどうなる?
  7. 豆乳をコーヒーに入れると健康効果絶大!(当記事)
  8. コーヒーに豆乳は分離してしまう?原因と対策そして効果!
  9. カレーにコーヒーは意外と合う!味が複雑になるとおいしくなる
  10. コーヒー✕炭酸は爽快感と刺激の飲料!夏季限定のおいしさ?
  11. コーヒーと紅茶|カフェインや効果の違いは?混ぜると美味しい!
タイトルとURLをコピーしました