コーヒーのカフェイン量は焙煎で変化する|何杯飲んだら危険か

コーヒーを飲み過ぎて死亡した事例があります。

コーヒーは25杯で致死量に達する可能性があります。

 

ただ、カフェインの量は、焙煎によって変化します。

そして、誤解をされている部分でもあります。

 

いくら、コーヒーが好きでも、やはり飲み過ぎには、注意です。

こちらの記事を読んでくださいますと、

 

 

それでは、解説いたします。

 

 

コーヒーのカフェイン量は焙煎で変化する!カフェインの取り過ぎによる致死量がある

コーヒー カフェイン量 焙煎

コーヒーのカフェイン量と焙煎|深煎りの方がカフェインは少ない

コーヒー豆の焙煎で、深煎りした方が「苦み」が増すことは、

知られていると思います。

 

そして、ここが誤解なのですが、苦いほどカフェイン量が多いと思われています。

 

実は、コーヒー豆に含まれているカフェインは、焙煎の途中で一部気化します。

つまり、焙煎を強くすると、カフェインの量は減少します。

苦みの強い深煎りの方が、浅煎り・中煎りのコーヒー豆よりも、

含んでいるカフェイン量は少ないのです。

 

コーヒーのカフェイン量は深煎りするとカフェインが減少

ここで注意が一つあります。

じつは、深煎りすると、カフェインが減った分、

コーヒー豆の重量も減少しています。

 

ですから、コーヒーを入れるときに、

コーヒー豆のグラム数を目安に、入れる場合。

深煎りコーヒー豆は、重量が軽くなっている分、

豆の量は余計に入れることになります。

その時点で、カフェイン量は同じになってしまいます。

 

つまり、結果的には、浅煎りであっさり目のコーヒーを飲んでも、

深煎りの苦めのコーヒーを飲んでも、

カフェイン量は同じと言うことになります。

 

 

コーヒーのカフェイン量と焙煎|良い効果もあるが、飲み過ぎは良くない

コーヒーにはカフェインが含まれており、

眠気覚ましに飲む人が多いです。

そのコーヒーに含まれるカフェインに、

致死量がある事はご存知でしょうか。

 

誤解がないように説明しますが、

カフェインは正しく摂取すれば自律神経を高め、

集中力を高め、体内の老廃物を排出したり、

ダイエット効果や眠気覚ましにもなるので体に良いものです。

 

 

ですが、飲み過ぎると興奮して落ち着きがなくなる、

不眠、胃腸の不調、嘔吐

などの副作用が出るものでもあります。

カフェインが多く含まれているコーヒーに致死量はあるのでしょうか。

 

コーヒーのカフェイン量と焙煎|飲み方

健康を維持する為に望ましいカフェインの量は

1日当たりのカフェイン400㎎未満

1回当たりのカフェイン200㎎未満

 

と、欧州食品安全機構(EFSA)が発表しています。

カフェイン中毒で倒れる人はいても、

なかなか致死量に至るまで飲める人はいません。

 

コーヒーのカフェイン量|適切なコーヒーは何杯か

コーヒー1杯約250mlあたり、カフェインの含有量は150㎎です。

 

上にあるように1回あたり200㎎までが好ましいので、

1回に飲む量は1~2杯程度です。

1日当たりですと、3~4杯くらいが良いです。

 

これが健康的に飲めるコーヒーの量です。

とはいえ、安全に摂取出来るコーヒーの量は

体格によって違ってくるので、目安として考慮してください。

飲み過ぎると致死量には至らなくとも

カフェイン中毒になるケースがあります。

関連記事

 コーヒーとは便利な飲み物ですよね。そのもっとも知られている効果は、カフェインがもたらす眠気覚ましです。 会議中や運転中に眠くなったら、コーヒーを飲めばいい!そう思って、コ[…]

 

 

コーヒーのカフェイン量|致死量は一日に何杯か

コーヒー カフェイン量 焙煎

コーヒーをどれくらい飲むと致死量に達してしまうのでしょう。

 

医師によって答えは違いますが、

カフェインの致死量は3000㎎と言われています。

 

コーヒーのカフェイン量には致死量がある

コーヒーの種類によってカフェインの含有量は変わってくるので、

絶対とは言えませんが、

250mlあたり150㎎のカフェインが含まれているコーヒーであれば、

致死量は約25杯です。

 

一回にそんな量を飲むのは現実的ではないので、

飲み過ぎてすぐに致死量に達してしまう事はありません。

コーヒーだけを致死量に達するまで飲んでしまったという事例もありません。

 

ですがコーヒー以外で、エナジードリンクや錠剤等を大量摂取し、

致死量に至った為、死亡した例はあります。

 

 

コーヒーのカフェイン量|摂取の死亡リスク

コーヒーはあくまで健康的な飲料物です。

飲んでいる人の方が飲んでない人に比べて病気での死亡率は低いですし、

死亡リスクの低下が見られます。

 

血糖値を改善し、血圧を調整してくれる効果もあり、

1日4杯までなら死亡リスクを逆に低下させてくれるのです。

 

コーヒーのカフェイン量|1日5杯以上は危険

コーヒーは病気での死亡率を低下させると説明しましたが、

だからといって多く飲めばより健康になるわけではありません。

 

過ぎたるは猶及ばざるが如し、ということわざにもある通り、

飲み過ぎるとやはり体に悪影響です。

致死量には至らなくともカフェイン中毒になる恐れがあります。

 

致死量に至る約25杯を飲まなければ良い、というわけでもありません。

 

カフェインには良い効果もあるが、中毒になる可能性もある

カフェインには依存性もあるので、

それゆえにコーヒーを飲み過ぎてカフェイン中毒になる可能性もあります。

1日のカフェイン摂取量は400mgまでが好ましいので、

それ以上を飲んでしまうと、イライラしたり、不安を感じたり、

胃腸が悪くなったりと悪影響となってしまいます。

 

特に毎日5杯以上飲んでいると、体がカフェインに慣れて

眠気覚ましの効果が出にくくなります。

致死量に達しなくても体に悪影響にはなるので注意が必要です。

 

 

コーヒーのカフェイン量|致死量についてのまとめ

 

コーヒーの致死量はカップ約25杯分です。

一人の人間が一度に、または一日に飲み切れる量ではないので、

コーヒーを飲み過ぎて致死量に至る事はまずありません。

ですが、コーヒー以外でカフェインが多く含まれている物を

摂取して死亡した例はあります。

 

健康的にコーヒーを飲むには、1回当たり1~2杯。1日当たり3~4杯です。

そのくらいの量であれば、飲んでいない人よりも病気での死亡は低下します。

5杯以上飲むと、カフェイン中毒になり体に悪影響を及ぼす事もあるので、

飲み過ぎには注意が必要です。