コーヒーで健康

コーヒーの効果|成分が尿酸値・血圧・血糖値に作用する

コーヒー (8)コーヒーで健康
スポンサーリンク

コーヒーには、カフェインとポリフェノールという主成分があることは、知られています。

しかし、その効果には、知られていない体に良い効果がたくさんあります。

ダイエット効果があることは、知っている人もいると思います。

しかし、その他にも血圧を下げたり、尿酸値が下がり、血糖値をも下げる効果があるのです。(当記事はまとめの記事ですので、詳しくは各々の詳細ページをご覧ください)

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コーヒーの効能|様々なコーヒーにも健康効能がある

コーヒーの効能

コーヒーに健康作用があることはかなり知られるようになりましたが、コーヒーの名前がついたコーヒー原料ではないのンカフェインコーヒーの数々にも健康効果があります。

たんぽぽコーヒー・チコリコーヒーなど。

そして、コーヒーに別のものを加えて効能を増やす方法もあります。

シナモンを加える方法、はちみつを加える方法、また焙煎しない生豆のままのドリップコーヒーもあります。

生豆にはポリフェノールがたくさんあります。焙煎すると、大幅に減少するからです。

コーヒーの効能|様々なコーヒーにも健康効能がある
コーヒーは、実は健康飲料と言っていいくらいに、コーヒーを飲むことで得られる効能があることが解明されてきました。 コーヒーのカフェインやポリフェノールが、血圧・尿酸値・血糖値を下げる効能があることが知られています。 しかしノンカフ...

 

 

スポンサーリンク

コーヒーの主成分であるカフェインとポリフェノールには健康効果があります

コーヒーの成分

コーヒーのカフェイン効果で、最も有名なのは、覚醒作用です。眠い時には、コーヒーのカフェインが効くといいますが、実際には、どうなのでしょうか。

コーヒーのカフェインには、薬ではないですが、覚醒作用があります。カフェインの覚醒作用は、コーヒーを飲んでから、30分から1時間ほどで、効果が出てくるとされています。

またその効果が効いている時間には、個人差がありますが、概ね3時間〜4時間すると、半減すると言われています。

その効果は、8時間ほど持つようです。今では、コンビニでも、挽きたてのドリップコーヒガーが楽しめます。

コーヒーの主成分はカフェインとポリフェノール!
コーヒーの主成分は、カフェインとポリフェノールです。 コーヒーは、飲んで美味しいだけではなく、その成分が健康にも効果を発揮してくれます。 コーヒーの成分は他にもあります。 コーヒーの成分表|インスタントコーヒーとの違い...

 

 

コーヒーのカフェインについて

コーヒー カフェイン

カフェインは、ドイツの科学者ルンゲが発見したものです。コーヒーの中に発見したので、カフェインと名付けられた物質です。

天然由来の有機化合物アルカロイドの一種であり、人に対して様々な作用が確認されており、薬にも使用されています。

ただ、カフェインはコーヒー特有のものではなく、お茶などにも多く、最近ではエナジードリンクにコーヒー以上のカフェインが含有していることがわかっています。

カフェイン中毒で入院や死亡する事例も、実際にはコーヒーではなく、薬品やエナジードリンクによるものでありました。

コーヒーのカフェインについて
カフェインは、コーヒーといえばカフェインというくらいに、よく知られた存在です。 歴史で見ると、1819年にドイツの分析科学者ルンゲがコーヒーの中に見つけた物質で、カフェインと名付けられた物質です。 当ページでは、コーヒーのカフェ...

 

 

コーヒーのカフェイン量と比較

コーヒー カフェイン量

一般的コーヒーカップのサイズでは、コーヒー1杯の量は、140〜150mlほどです。この中に含まれるカフェインは、ドリップコーヒーで、90mgです。

コーヒー以外では、紅茶で約半分、緑茶では1/3、そのほかには、コーラやココア、チョコレートなどにも含まれているものがあります。

ただし例外もあります。コーヒーのエスプレッソは、ドリップコーヒーの3.5倍、緑茶の玉露には2.6倍という、非常に多いカフェインが含有されています。

コーヒーのカフェイン量と比較
コーヒーを飲むときに気になることは、やはりカフェインです。 コーヒーのカフェイン量について紹介しています。 コーヒー1杯のカフェイン量 コーヒー1杯のカフェイン量は、どの位あるのか。 コーヒーのカフェイン量は、一般的...

 

 

スポンサーリンク

コーヒーのカフェイン効果|量と時間はどのくらい?

コーヒーのカフェイン効果

コーヒーのカフェイン効果は、先に結論を言えば、個人差が大きいです。しかも飲み慣れによっても変化します。ですので、あくまでも一般論として紹介します。

コーヒーを飲んだ後、その効果が現れ始めるのは、30分から1時間後くらいです。通常の薬の薬効と似ています。

そして、3〜4時間経過すると、カフェイン効果は半減します。その後は徐々に減衰していきます。

繰り返しですが、個人差が大きいので、夕方に1杯飲んだために、夜寝られなかった、という人がいる反面、夜の寝る前のリラックス時間にコーヒーを飲んでその後1〜2時間後に寝てしまう方もいます。

コーヒーのカフェイン効果|量と時間はどのくらい?
コーヒーのもっとも知られている効果は、カフェインがもたらす眠気覚ましです。 会議中や運転中に眠くなったら、コーヒーを飲めばいい! そう思って、コーヒーを飲む人は多いはずです。 ですが、コーヒーに含まれるカフェインの効果が、...

 

 

カフェインが効かない日本人!コーヒーが効かないのは遺伝なのか

日本人 カフェイン 効かない

コーヒーを飲んだのに眠い、という経験は、ないでしょうか。

実は、アジア人には、カフェインの覚醒効果が出にくいとされる説があります。

個人差はありますが、カフェインの研究データからも、アジア人にはカフェインの効果が出づらい、という結果も出ています。

しかし、だからと言って、過剰に摂取すると、死亡してしまうことがあります。

日本にも、急性カフェイン中毒が原因で死亡してしまった事例があります。

ただ、飲み物によるものではなく、錠剤によるものとされています。

カフェインが効かない日本人!コーヒーが効かないのは遺伝なのか
日本人にはカフェインは効かない。そんな噂があります。 しかし、寝る前にコーヒーを飲んだら眠れなくなるよ、なんてことも、よく言われます。 実際にコーヒー飲んだくらいで眠れなくなった、なんて、日本人では、そんな話は聞きません。 ...

 

 

スポンサーリンク

インスタントコーヒーの成分ポリフェノール|効果は同じ?量は?

インスタント コーヒー ポリフェノール 効果

コーヒーの主成分のうち、カフェインの次に注目されるのが、ポリフェノールです。

コーヒーのポリフェノールはクロロゲン酸と言います。

コーヒーのポリフェノールは、ワインのポリフェノールに次いで、含有量が多いとされています。また、インスタントコーヒーにもポリフェノールが含まれており、最近では、ポリフェノール量を増やした製品まで販売されるようになりました。

インスタントコーヒーの成分ポリフェノール|効果は同じ?量は?
コーヒーといえばカフェインの成分が有名です。 ですが、もう一つ。 コーヒーには健康に大きな効果をもたらす、ポリフェノールという成分が含まれています。 その効果は人の肌を綺麗にしたり、様々な生活習慣病を予防してくれます。 ...

 

 

スポンサーリンク

血糖値下げるコーヒー!タイミングは食前か食後か?

血糖値下げるコーヒー

コーヒーに含まれているポリフェノール「クロロゲン酸」には、血糖値値を下げてくれる効果があります。糖の代謝をすすめてくれたり、糖の吸収を抑えてくれることで、血糖値を下げてくれるようです。血糖値を下げる効果を得ようと思うのなら、1日に3〜5杯を目安に飲んでください。

 

ただし、クロロゲン酸の良い効果を得るためには、コーヒーを飲むタイミングが重要になります。朝にコーヒーを飲むという方は、多い気がしますが、朝起きてすぐに飲むコーヒーは、よくない方に作用してしまいます。朝起きる時に、人の体の中で、目を覚ますための成分が分泌されています。

コチゾールと言われる成分です。朝一のコーヒーは、コチゾールの分泌を止めてしまうのです。目覚めが悪くなってしまうということです。

コーヒーを飲むのであれば、ベストなタイミングは、食事中です。

血糖値下げるコーヒー!タイミングは食前か食後か? 
コーヒーを飲むと血糖値は下がるのか。食前と食後・食事中では、いつが効果的なタイミングなのか、またカフェインレスや豆乳など入れた場合の効果はどう変わるのか。

 

 

スポンサーリンク

尿酸値を下げるにはコーヒーと牛乳がいい!痛風の発症リスク低減

コーヒー 尿酸値

年齢と共に様々な病気の可能性が出てきます。昔には、ぜいたく病と言われた痛風も、その一つです。

痛風が起きてしまうのは、尿酸値が高いことが原因となっています。実は、コーヒーは、尿酸値を下げることにも、効果があるのです。

尿酸は、プリン体と呼ばれる物質を体内で分解する時に、発生するものです。通常は、尿酸は、尿や便となり、体外に排出されるものですが、様々な要因で、排出量を超える尿酸が、体内で発生してしまった時に、体内に尿酸がたまってしまいます。

この状態で、すでに「高尿酸血症」という、病気の状態と言われます。その状態が続いてしまうと、痛風が起きてしまうのです。

ここでもまた、コーヒーの主成分のカフェインとポリフェノールが活躍してくれます。

カフェインには、利尿作用があります。排出させようとしてくれます。ポリフェノールには、尿酸値を下げる働きがあることが認められています。

尿酸値を下げるにはコーヒーと牛乳がいい!痛風の発症リスク低減
尿酸値が高いとさまざまな病気を引き起こしやすいため、気にしている方もいるのではないでしょうか。 激痛をともなうといわれる痛風も、尿酸値が高いと起こりやすい病気のひとつです。 実は、尿酸値の上昇を防ぐために今すぐ取り入れられる方法...

 

 

スポンサーリンク

コーヒーが血圧を下げるのはカフェインかポリフェノールか

コーヒーと血圧

良いことがたくさんあるコーヒーですが、実は、血圧に対しても、良い効果が期待できるのです。実は、以前までは、コーヒーは、血圧を上げる可能性があるとされていました。

それは、コーヒーを飲み慣れていない人が、たまにコーヒーを飲むと、カフェインが一時的に血圧を上げてしまうことから、話されていたことでした。

 

しかし、日常的にコーヒーを飲む方は、血圧が上がるのではなく、むしろ下がる効果があることがわかってきました。これは、コーヒーのポリフェノールである、クロロゲン酸の働きによるものです。

コーヒーと血圧の関係については、すでに複数の研究がなされており、毎日3〜6杯のコーヒーを飲んでいる人の方が、血圧が上がりにくい、と結果報告されています。

コーヒーが血圧を下げるのはカフェインかポリフェノールか
コーヒーを飲むと、血圧は上がるのか下がるのか。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーの利尿作用|知っておいた方が良いメカニズム

コーヒー (6)

コーヒーを飲むと、トイレに行きたくなるのは、コーヒーの利尿作用によるものです。

コーヒーに利尿作用があるのは、コーヒーに含まれるカフェインが作用するからです。

コーヒーのカフェインの効果は、眠気を覚ます覚醒作用が、よく知られていますが、体外に尿を排出しようとする作用があります。

それが、カフェインの利尿作用です。

 

カフェインの利尿作用は、防止をすることは、できません。

体内にカフェインが残っている間は、利尿作用が働きます。

ですので、夜眠気覚ましと思って、コーヒーを飲むと、その夜は何度も、トイレに行くことになります。

コーヒーの利尿作用|知っておいた方が良いメカニズム
コーヒーを飲むとなぜかトイレに行く回数が増える、という方はいませんか。 これは、コーヒーの利尿作用によるものです。 それでは、なぜコーヒーには利尿作用があるのでしょうか。 利尿作用と聞くと悪い印象を受けがちですが、...

 

 

スポンサーリンク

カフェインレスコーヒーの健康的?カフェインゼロではない!

カフェインレス コーヒー

カフェインを気にする人は、カフェインレスコーヒーを飲む方も多いでしょう。ただし、注意点は、カフェインゼロではないことです。90%以上のカフェインが除去されていますが、数mgのカフェインは含有しています。

カフェインの影響は避けて、ポリフェノールの作用は得ておきたいという方には、いいでしょう。また、少なくとも原料はコーヒー豆ですので、ノンカフェインコーヒー(原料はコーヒー豆ではない)とは味が違います。

妊娠中や授乳中の方は、カフェインは抑えたほうが良いので、カフェインレスコーヒーが良いです。ただし、ゼロカフェインではありませんので、飲み過ぎはいけません。

カフェインレスコーヒーの健康的?カフェインゼロではない!
カフェインレスコーヒーは、コーヒーからカフェインを90%以上除去したもの。安全性やカフェイン以外の成分についても気になるとこです。

 

 

スポンサーリンク

カフェインレスコーヒーって効果あるの?デメリットは?

カフェインレスコーヒー

カフェインに対して反応が多い人は、カフェインレスコーヒーにすれば、頭痛・不眠症・胃液分泌過多・脱水症状などの症状は、緩和されるでしょう。それがカフェインレスコーヒーの効果です。

あえてデメリットを考えるとすると、カフェインで得られていた効果はなくなるということです。それは、次の通りです。

覚醒作用・集中力を高めるきっかけ・癌や肝臓の病気リスクを抑える効果、などです。

また、カフェインをなくする生活は、いくつか余計に考えることが増えるかもしれません。

カフェインレスコーヒーって効果あるの?デメリットは?
カフェインレスコーヒーの健康効果。妊娠中でも飲んで安心。コーヒーが胃に悪いと言われるのはカフェインのせいではない。ポリフェノール。夜、寝る前に飲んでも安心できる。

 

 

スポンサーリンク

亜鉛とコーヒーの気になる飲み合わせ・相性

コーヒー 亜鉛

2018年にコーヒーを飲みすぎると亜鉛不足になる可能性があることがわかりました。

アルコールが亜鉛を消費してしまうのとは違い、コーヒーの場合は、亜鉛の吸収を邪魔するということなのです。

アルコールのように、すぐにその作用が現れるわけではありませんが、飲み過ぎが続いていると、起きる可能性があると考えられる障害は、次の通りです。

味覚障害・免疫力低下・髪や肌の状態にトラブル・爪に異常、などが起こり得る障害です。

亜鉛とコーヒーの気になる飲み合わせ・相性
亜鉛とコーヒーの関係性について、気になることがあります。 定説とされてきた関係性が、2018年のドイツの大学研究チームの発見によって、ちょっと違ってきたようなのです。 亜鉛とコーヒーの関係性についての定説 2018...

 

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒーの健康効果|知らないのはもったいない
  2. コーヒーの効果|成分が尿酸値・血圧・血糖値に作用する(当記事)
  3. コーヒーは体にいいが注意も必要
  4. コーヒーを飲むと起こるカフェインの諸症状
  5. コーヒーは飲む人によっては高リスク!注意です!
  6. コーヒーが身体に及ぼす影響!腎臓や肝臓、生理中の作用は?
  7. コーヒーの効能|様々なコーヒーにも健康効能がある
  8. コーヒーの利尿作用|知っておいた方が良いメカニズム
  9. コーヒーは血圧を下げるのはカフェインかポリフェノールか
  10. 尿酸値を下げるにはコーヒーと牛乳がいい!痛風の発症リスク低減
  11. 血糖値下げるコーヒー!タイミングは食前か食後か? 
  12. コーヒーの主成分はカフェインとポリフェノール!
  13. 亜鉛とコーヒーの気になる飲み合わせ・相性
  14. コーヒーのカフェインについて
  15. インスタントコーヒーの成分ポリフェノール|効果は同じ?量は?
  16. カフェインレスコーヒーの健康効果は?カフェインゼロではない!
  17. カフェインレスコーヒーって効果あるの?デメリットは?
  18. ノンカフェインコーヒーの効果と仕組み
  19. コーヒーのカフェイン量と比較
  20. コーヒーのカフェイン効果|量と時間はどのくらい?
  21. カフェインが効かない日本人!コーヒーが効かないのは遺伝なのか
タイトルとURLをコピーしました