コーヒーの作り置き|ホットは美味しくない?水出しがオススメ!

 

寒い冬に飲むホットのコーヒーっておいしいですよね。

 

でも、カップにいれたコーヒーってすぐに冷めちゃいます。

 

だったらと、魔法瓶に入れて

いつでもどこでもホットコーヒーが飲みたい!

と、やってみた人はけっこういるはず。

 

でも、魔法瓶に入れたホットコーヒーって時間がたつと、

作り置きの状態になり

なんだか酸っぱくなってきて不味くないですか?

 

 

今回は、ホットコーヒーを作り置きするとまずくなるのはなぜか。

その理由と対策をまとめました。

 

 

コーヒーの作り置き|ホットは酸化して美味しくない

コーヒー 作り置き ホット

 

アイスコーヒーなら平気だけど

ホットのコーヒーって保温しとくと、酸っぱくておいしくないんですよね。

 

あれって魔法瓶のせいなのか、コーヒーが悪いのか

なんであんなふうになるんですかね?

 

コーヒーの作り置き|ホットだと酸化が早い

 

魔法瓶にホットコーヒーを入れておくと

冷めないのはいいけど、味はどんどん悪くなります。

 

それはコーヒーが酸化してるからなんですよ。

ホットコーヒーの作り置きは、マズくなるという事ですね。

 

酸化って熱の影響が大きくて

お湯で作るとその熱でホットコーヒーが酸化しちゃいます。

ですから、コーヒーメーカーで、保温された状態にあると、

後で飲む時に、ホットコーヒーがマズくなってる、という、あの感じです。

 

カップにいれたホットのコーヒーだったら飲み切るし、そのうち冷めますが

魔法瓶みたいなのに入れたらずっと冷めずに熱いまま。

 

コーヒーメーカーで作り置状態。

その間ずっと熱のせいで、どんどん酸化して

作り置きではそのうちいや〜な酸っぱさのまずい味になっちゃいますので、ご注意です。

ホットコーヒーの作り置きは、しない方が良いです。

 

コーヒーの作り置き|酸化による味の変化

 

コーヒーをホットで作り置きすると、自分の熱でいつまでも酸化します。

 

あなたも冷めて時間がたったコーヒーだったら、

作り置きを捨てて新しいのをいれたくならないですか。

 

作り置きしたホットのコーヒーだと1時間以上なんてことも。

水筒で持ち歩いたら何時間ものです。

 

そこまで放置(作り置き)したら味はどうなってると思いますか?

 

酸化したホットコーヒーの味っていや〜な酸っぱさになるんです。

ホットコーヒーの酸味ってもともとフルーツのような爽やか感じなんですけど

酸化した作り置きのコーヒーの味って不快で、ひどいと飲めたものじゃないです。

 

それに、作り置きだと、苦味は残ってても、香りや風味なんかはもう消えてしまっていて無くなっています。

 

 

コーヒーの作り置き|ホットではなくアイスでつくる

コーヒーの作り置き ホットはマズい

 

コーヒーを作り置きするなら

ホットだと酸化が早くて味も風味もおちてしまうので

そのまま保温しておくのはやめた方がいいですね。

 

それなら、ホットではなく、使うはアイスコーヒーです。

 

コーヒーの作り置き|ホットより水出しのコーヒーがいい理由

 

 

作り置きの場合ホットだと熱で酸化しちゃうけど、

アイスコーヒーだったら熱で酸化なんてないですよね。

 

ただ、アイスコーヒーといっても

ドリップしてから冷やすやり方だと、沢山は作れません。

 

それに、量が多いと冷ましてる間に酸化して、作り置きのホットコーと

同じ事になってしまいます。

 

水出しのコーヒーなら、いっぺんに沢山作れますし

時間はかかるけど放っておくだけで簡単です。

作り置きするなら、ピッタリです。

 

冷蔵庫で保存もできるから、作り置きでも、味も長持ち

3日はおいしく、10日ぐらいまでなら、作り置きでも、それなりにおいしく保存できます。

 

コーヒーの作り置き|水出しコーヒーとは

 

そもそも水出しのコーヒーとは

 

お湯を使わないで、水だけでゆっくり時間をかけてコーヒーをつくるんです。

水でつくるティーパックのお茶みたいな感じです。

 

そうすると、ホットのコーヒーの時にある苦味とか、えぐみがあまりなくて、

すっきりした優しい味になるんです。

 

放置された作り置きホットコーヒーよりもだいぶ美味しいですよ。

 

コーヒーの作り置き|水出しのコーヒーのつくり方

 

水出しコーヒーのつくり方はけっこう簡単。

 

水が100mlにたいして、コーヒー豆は10g

分かりやすい数字だから、自分の作りたい量に合わせて調整しやすいですね。

 

コーヒー豆は粉にして、

お茶葉とかを入れるだしパックに入れて、それを水に浸すだけ。

 

そのまま一時間ぐらい待ってれば、

じわじわとゆっくりコーヒーが水に溶け出るので、完成です。

 

作ったらそのまま冷蔵庫で保存ができるから、作り置きにはもってこいです。

 

コーヒーの作り置き|水出しをホットにしたら?

 

水出しのコーヒーはお湯を使わないから、作り置きにはもってこい。

冷蔵庫でも保存もOK

 

だけど、そんな作り置きの水出しコーヒーをホットにして飲みたかったら

温めるとどんな感じになると思いますか?

 

水出しのコーヒーをホットにすると、普通より薄い味になっちゃいます。

 

それでもちゃんと、ホットコーヒーの味はするし、風味も残ってます。

まろやかな飲みやすいホットコーヒーになってて、甘みが普通より感じられますね。

 

だけど、サラサラとした優しい感じになるので、

ガツンとした濃い味を求めてる人には物足りないかもしれません。

 

 

まとめ

 

どうでしたか?

 

お湯でいれたコーヒーで作り置きだと、自分の熱でどんどん酸化しちゃって

いやな酸っぱい味になってしまうので

魔法瓶とかで長時間保存するのはやめた方がいいですね。

 

なので、コーヒーの作り置きには

お湯を使わない水出しのコーヒーがオススメです。

 

つくるのにに時間はかかるんですけど、

大量に作り置きができて

時間がたってもおいしく、冷蔵庫で一週間は保存出来ます。

 

水出しのコーヒーをホットにして、

また違ったコーヒーを味わってみるのもいいと思います。

新たな味に出会えるかも、です。