コーヒー 健康

コーヒーは体にいいが注意も必要!

スポンサーリンク
コーヒーを飲むときに注意 (1)コーヒー

コーヒーには、体にいいことがたくさんあります。

血糖値・血圧・尿酸値を下げてくれます。

また、肝臓を守り、ダイエットの効果もあります。

でも、注意しておいた方がいいこともあります。

飲み過ぎも良くないし、薬を飲んでる人なら、薬に合わせても良くないです。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーの飲み過ぎは何杯から?こんな症状には注意!

コーヒーの 飲み過ぎは 何杯から

コーヒーが体に良い作用があるからといっても、飲み過ぎれば、害になってしまいます。

その理由は、カフェインの過剰摂取に、繋がるからです。

カフェインは、100mlあたりに、60mgのカフェインが含まれています。

コーヒーカップ1杯は、おおよそ150mlですから、カフェイン量は90mgほどです。

カフェインを飲んでもいいとされているのは、1日あたり400mgですから、5杯目になったら、要注意です。

 

飲み過ぎによる具体的な症状は、頭痛や下痢があります。

1〜2杯のコーヒーは、頭痛を和らげるといわれますが、3杯以上になるとむしろ頭痛リスクが高くなるようです。

下痢については、カフェインの他に、ポリフェノール のクロロゲン酸外に作用して、胃酸の分泌が促進されてしまいます。

必要以上の胃酸が下痢を誘発している可能性があります。

 

また人によっては、下痢の逆の便秘を起こす人もいます。

便秘の原因は、利尿作用によるものです。

もしかすると、水分不足を起こしていて、便秘になっているかもしれません。

また、他にも吐き気や動悸・腹痛を起こす方もいます。

ほとんどが、カフェインやポリフェノール が原因となります。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーにもアレルギーがある

コーヒー (10)

コーヒーには、やはりアレルギーがあります。

コーヒーの場合は、すぐに症状が現れない「遅延型アレルギー」です。

その原因となるのは、コーヒーに含まれている、カフェイン・クロロゲン酸・タンニン・オリゴ糖です。

 

アレルギー症状の現れ方は、様々で、頭痛やめまい・湿疹などです。

ただ、遅延型アレルギーのため、アレルギーだと気づかず、体の不調かも、と思ってしまいます。

分かりやすいと言えば、下痢の症状の場合です。

胃酸が出過ぎて、下痢につながることああるのですが、アレルギーなのかどうかが、分かりにくいかもしれません。

気になる場合は、病院で検査をしてもらう方が良いと思います。

 

 

スポンサーリンク

薬を飲んだ後のコーヒー|カフェインやタンニンが薬効に影響する?

薬を飲んだ後のコーヒー

内服薬は、基本的に、水かぬるま湯で飲むものです。

コーヒーで薬を飲んだりしますと、コーヒーに含まれているカフェインやタンニンが、想定外の影響をする場合があります。

薬に含まれているカフェインに、コーヒーのカフェインが合わせられると、危険な状態になってしまう可能性があるのです。

 

また、薬を飲んだ後にコーヒーを飲むと薬の効果が落ちてしまう可能性があります。

例えば、痛風の場合、痛風の薬は本来尿酸を排出するものです。

しかし、尿酸の薬の直後にコーヒーを飲むと、尿酸と間違えて、カフェインが排出されてしまいます。

カフェインと尿酸の性質が似ているからです。

またコーヒーのタンニンは、薬品を吸収してしまい効果を発揮しない可能性もあるのです。

 

風邪薬も良くありません。

特に、カフェラテのミルクは、薬の物質を吸収させなくなってしまいます。

また、胃の中で、溶けるはずのカプセルが、手前で溶けてしまう可能性もあります。

 

 

スポンサーリンク

薬とコーヒーは安易に合わせない!コーヒーも昔は薬だった?

薬 コーヒー (1)

コーヒーは、薬として使われていた時代があるのをご存知ですか?

それは、カフェインとタンニンが原因ですね。

そもそも、薬の箱の成分を見ると、カフェインが含まれていますね。

その上に、コーヒーのカフェインとタンニンが、加われば、薬の薬理作用が、強くなったり、弱くなったりしてしまいます。

特に、風邪薬とは、注意をしてください。

気持ち悪くなったり、覚醒作用が強くなる可能性があります。

 

 

スポンサーリンク

コーヒーに糖質は全然ない!ただしミルクや砂糖には注意!

コーヒーに糖質 (1)

コーヒーには、どのくらいの糖質が含まれているか、気になります。

セブンイレブンのブラックコーヒーを、参考に、検証した結果は以下のとおりです。

ホットコーヒーの場合、Rサイズで1gです。

アイスコーヒーの場合、Rサイズで1.4gです。

ブラックコーヒーの場合、糖質はほとんどないということになります。

 

ただし、スティックタイプのコーヒーには、要注意です。

例えば、ブレンディのカフェオレの場合、炭水化物は5.1gです。

 

ミルクが多そうなコーヒーミルクを検証してみると、

牛乳の場合だと、100gあたり、4.8g含まれています。

ただ、コーヒーフレッシュの場合、原料は牛乳ではなく、植物性油脂であり、糖質は0.2gです。

コーヒー自体には、糖質はないが、ミルクやスティックコーヒーには、注意が必要です。

 

 

関連記事一覧

  1. コーヒーで健康|カフェインとポリフェノールがもたらす効果とリスク
  2. コーヒーは体にいいが注意も必要!(当記事)
  3. コーヒーを飲むと起こるカフェインの諸症状
  4. コーヒーの効果|成分が尿酸値・血圧・血糖値に作用する
  5. コーヒーは飲む人によっては高リスク!注意です!
  6. コーヒーが身体に及ぼす影響!腎臓や肝臓、生理中の作用は?
  7. コーヒーの飲み過ぎは何杯から?こんな症状には注意!
  8. コーヒーにもアレルギーがあるってご存知でしたか?
  9. 薬を飲んだ後のコーヒー|カフェインやタンニンが薬効に影響する?
  10. 薬とコーヒーは安易に合わせない!コーヒーも昔は薬だった?
  11. コーヒーに糖質は全然ない!ただしミルクや砂糖には注意!
タイトルとURLをコピーしました