注目キーワード

クレジットカードをまとめるアプリ|まとめるべきカードは

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・年会費分を回収できる程、1枚1枚で使いきれていないカードをまとめる

・クレジットカードごとの使い分けができない

・入会特典にしか興味がない

 

 

1人でクレジットカードを何枚も持つ人がいるものです。

使いこなせる分にはそれでいいですが、

全員がそのような人ではありません。

 

クレジットカードをまとめるならどのカードか、

アプリにまとめる方法はどうかと悩んでいる人に解説します。

 

 

クレジットカードをまとめるアプリが便利

 

今使っているカードはそのままで、カードの情報

(いつ使った、どこでどのカードを使った、いくら使った)

をまとめて管理したい場合なら、アプリが便利です。

 

「CRECO(クレコ)」は、

クレジットカードと電子マネーまでまとめて管理することが出来ます。

 

それぞれのカードの利用明細をカレンダー表示で

見ることが出来ます。(一部銀行アプリとの連携も可能)

 

 

「マネーフォワードME」では、

クレジットカード以外の銀行口座とも連携しているので、

家計簿の一部としてクレジットカードの管理が

できるようになっています。

 

 

これらのアプリを使うことで、

カード会社ごとの紙のデータやウエブデータを

まとめることが出来るようになります。

関連記事

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。・クレジットカードのアプリで、支払い金額やポイント表示はもはや当たり前すぎ!・アプリでオススメなのは、家計簿機能つき!・アプリのセキュリティ対策が万全なものが安全&[…]

クレジットカード アプリ

 

クレジットカードをまとめるべきカード|年会費分の回収ができていない

クレジットカード まとめる アプリ カード

 

少しずつ損をするような状況はいいとは言えない。

 

 

年会費の負担も年単位で見れば結構なモノに

クレジットカードを複数枚持っても、年会費分を回収できる人なら賢く使えていることは確か。

 

そのクレジットカードには特徴があり、その特徴を活かしているから回収できるわけです。

ところが、いまいち年会費分を回収できていない、得している感じがしない場合は要注意。

 

例えば、年会費で1000円かかるものを5枚持っていたとすれば、年間5000円かかります。

ポイントなどを含めて2000円分は回収できたとしても、3000円分の赤字に。

 

これを10年続ければ3万円になり、なかなかの額です。

使いこなせている人は、おそらくこのようなモノに敏感だからこそ使いこなせるのでしょう。

維持費がかかるモノをお持ちの人はそれを解約するだけでも効果がありそうです。

関連記事

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。・年会費がタダになるのに条件があるケースが!・空港ラウンジなどのサービスが制限される・年会費をタダにして持つなら還元率の高いモノを &[…]

クレジットカード 年会費

 

それぞれのクレジットカードで使いこなせていない

1枚にまとめるべき人は、何枚クレジットカードを持っても使いこなせていません。

 

このクレジットカードはこの場面に強いなど特徴を知らずに使っていてはダメです。

自分は臨機応変に使いこなせていないなと思われた方は、すぐにまとめるようにしましょう。

 

オススメなのは、このクレジットカードはこのために使っていると論理的に言えるかどうか。

言えればそのまま使ってもいいですが、言えないようならまとめる、そんな感じで十分です。

 

 

 

クレジットカードをまとめるべき人は、入会特典にしか興味がない

クレジットカード まとめる アプリ カード

 

入会特典ありきの人はまとめるのが吉

 

 

サービスを活用するという気が薄い場合はまとめるべき

クレジットカードを作る動機の中に、入会特典を挙げる人は少なくありません。

それ自体は何の問題もありませんが、それにしか興味がないという人はすぐにまとめるべきです。

 

基本的にクレジットカードは枚数を増やせばそれだけ盗難など不正利用のリスクが高まります。

使いこなせていれば問題ないですが、放置したままでは危険なのでまとめるべきでしょう。

 

入会特典は見た目に豪華で、ついつい作りがち。

ただたくさん作っても、ポイントは貯まりにくいですし、何をどれに使えばいいのか混乱することも。

もし入会特典が決め手になって作ったという人は、今すぐにでもまとめることをオススメします。

 

入会特典ありきだったとしても

入会特典サービスの厄介な部分は、本当に額面通りのサービスを受けられるか微妙な点です。

クレジットカードを申し込んだだけでまとまった金額がもらえるケースはかなり少数派。

 

実際は結構な額を使わないと最大いくらの特典はもらえないことがほとんど。

入会特典ありきだったとしても、これでは作って維持する必要性はありません。

すぐにまとめるべきですし、入会特典はあくまでもお金を使わせるエサであると認識しましょう。

 

 

まとめ

 

まとめること自体は、実はそこまで難しいわけではありません。

ポイントを最大限1か所にまとめることをして、残債の確認などを怠らずに解約すればいいです。

 

まとめるといっても、複数のクレジットカードを解約するだけなので、難しい作業でもないです。

今一度、クレジットカードを並べてみて、どんな意味があるのかを知ることも大事。

意味を見いだせないクレジットカードは解約し、できるだけ1枚にまとめるようにしましょう。

クレジットカード まとめる アプリ カード
最新情報をチェックしよう!