注目キーワード

クレジットカードの引き落とし日朝一で入金すれば間に合う!

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

引き落とし日の時間のタイミングは金融機関によって違う

・ネットバンキングなら引き落としのタイミングが分かるコトも

・前日までにクレジットカードの支払い分の入金をしておくのが無難

 

クレジットカードを使う人であれば、引き落とし日に入金するのを忘れた経験を持つ人が多いはず。

引き落とし日に入金をするなら、タイムリミットの時間はどのタイミングか。

引き落とし時間はどのタイミングか、知らない人が意外と多いです。

 

この記事を読めば、クレジットカードに関する引き落とし時間がどのタイミングか、お分かりいただけるでしょう。

それでは解説してまいります。

 

 

クレジットカードの引き落とし日朝一で入金すれば間に合う!

引き落とし時間
引き落とし時間

 

時間は、金融機関によって、本当にバラバラ

 

クレジットカードの引き落としは朝一銀行開店前にATMで入金しても大丈夫

クレジットカードの仕組みは、締め日までに額面が定まり、あとは引き落としのタイミングを待つだけ。

 

そして、この日になったら引き落とすという依頼を金融機関に出します。

金融機関はその依頼通りに引き落としをかけますが、その時間というモノが問題。

基本的にこの時間になったら絶対に行うと言えないので、時折、時間が異なるコトも。

 

例えば三井住友銀行では当日の0時に引き落としを行い、23時あたりに再度行う場合が。

時間も早朝、午前中、午後、深夜とバラバラです。

当日入金で間に合うケースがある一方、1日1回だけのタイミングに合わなければダメなケースも。

指定する金融機関によっては、遅延になる場合と完了する場合が異なることが考えられます。

 

金融機関によって、引き落とし時間は異なります

金融機関に尋ねても、引き落としの時間を明確に教えてくれないのが普通。

 

では、一切その時間は分からないのかと言えば、実はその方法があります。

ネットバンキングに登録し、支払いがあればメールが届くようにするすればいいでしょう。

 

例えば楽天銀行は、引き落としやATM出金、入金のたびにメールが届きます。

すると、どの時間にそれが行われるのか、しっかりと把握できます。

それでもある日急に早まるケースもあるため、絶対にその時間で定まっているとは言い切れません。

ただ、ほとんどの場合は数分のズレはあっても大きく変わる可能性は低いです。

 

 

クレジットカードの支払いは、原則引き落とし時間に間に合うよう前日に入金!当日朝一でも間に合う

 

確実なのは前日の入金

 

急に時間が早まっても何も文句は言えない

クレジットカードの支払いに関して、なぜ前日の入金を求めるのか。

 

それは当日に入金しようとする人で、いっぱいになる可能性があるからです。

5日や10日など五十日には金融機関は混みやすくなります。

クレジットカードの引き落としがいずれかの五十日になるコトがほとんど。

 

その日に入金するとなれば、金融機関は今まで以上に混むハズ。

引き落とし当日でも間に合うとアナウンスしないのはその可能性が考えられます。

 

また営業時間内にお金を入れないといけないとなれば、トラブルが引き起こされるコトも。

混乱が生じないよう、前日の入金が求められます。

仮に普段より時間が早まったとしても文句は言えません。

 

最近はクレジットカード会社側が教えてくれる

前日までに入金はすべきとクレジットカード会社はアナウンスをしています。

しかし中には、特定の時間までにお金を入れればOKと説明するクレジットカード会社も。

 

三井住友カードでは、三井住友銀行やみずほ銀行なら18時までに入金すれば当日でも大丈夫と紹介。

もちろん、システム障害が発生すれば別ですが、通常はそのタイミングでOKという事。

安心して当日の入金も行えますが、突然やってくるのがシステム障害。

 

最近、電源設備更新による作業中に障害が発生し、クレジットカードの楽天カードや楽天ペイが使えなくなりました。

いつ何時、その手のトラブルが起きるかわかりません。

クレジットカード会社は、早めの入金を求めるのはそのためです。

 

まとめ

 

クレジットカードに関する引き落としのタイミングはなかなか難しいものです。

給与口座をクレジットカードの支払い口座にするのが手っ取り早いでしょう。

 

時間を気にすることなく、前日の入金、これが理想形です。

ゆとりをもって、クレジットカードの支払いを行えるようにしておきましょう。

最新情報をチェックしよう!