注目キーワード

クレジットカード紛失|不正利用防止のために再発行か解約

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

クレジットカード紛失を放置して不正利用されても補償してもらえない可能性

・警察署に紛失届を出してからクレジットカード会社に連絡!

・一番最悪なのは2か月以上紛失に気が付かないケース!

 

クレジットカードを作る際に、気を付けなければならないのは紛失。

うっかり紛失すると、クレジットカードを不正利用され、悪用されたのに補償されないなんてコトも。

万が一の紛失でも補償してもらうべく、きちんとした対策が必要です。

 

この記事を読めば、クレジットカードを万が一紛失しても、正しい対処ならば補償を受けられる事などがお分かりいただけます。

それでは解説してまいります。

 

 

クレジットカード紛失|警察に即電話すること!不正利用防止のために

クレジットカード 紛失
クレジットカード 紛失

 

手続きを正しく行わないと補償されない

紛失した場合の電話連絡は24時間行える

大至急行うべきことは、警察とクレジットカード会社に無くしたことを報告する電話を入れること。

 

もし無くした連絡を入れる前に不正利用があった場合、クレジットカード会社は正確に把握できません。

無くしたにもかかわらず、弁済してもらえない、一番最悪な展開です。

そうならないためにも、クレジットカード会社には、大至急連絡が必要

 

万が一、深夜に気付いても、基本的に緊急時は24時間対応になっています。

今日は夜だから明日にしよう、その先送りで痛い目を見ることも十分に考えられます。

 

本当に紛失して不正利用されたのかが疑わしくなる

なぜクレジットカードを紛失したらすぐに電話すべきなのか。

 

それはクレジットカード会社が、本当に紛失によって不正利用が引き起こされたのかを把握するため。

性悪説に立てば、利用者が紛失したとウソをついて大量の商品を購入した可能性も考えられます。

 

これを打ち消すには、本当に紛失したと思われる行動をとらなければなりません。

それがすぐに電話連絡を入れ、紛失したことを伝えるという行動です。

不正使用の前に紛失の電話連絡を入れれば、その後カードを使用しようとしても食い止められます。

盗難保険があるからいいや!なんて思っているとえらい目を見るので注意です。

 

 

警察署への電話が必要なワケ

クレジットカードを紛失したという連絡をカード会社に入れる前に、警察への届け出が必要。

 

この届け出がないと、後に不正利用された際に補償が受けられないからです。

カード会社に連絡を入れると警察への連絡を必ず求められます。

 

近くの交番に出向き、クレジットカードの紛失届を出し、受付番号をカード会社に伝えます。

近年は電子申請サービスで、ネット上から紛失届の提出が行えるように。

ただ、紛失で気が動転している事が多いので、交番などで手続きを行う方が確実です。

 

紛失届を提出しないと、不正利用の場合に補償が受けられません。

クレジットカードを止めたからもう大丈夫、ということにはならないので注意。

手っ取り早いのは、近くの交番で手続きを済ませる方法で、わざわざ警察署まで行かなくて大丈夫。

地方ほど警察署まで遠い、ということになりやすいため、交番で済ませましょう。

関連記事

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。・フィッシング詐欺には要注意!・不正利用対策が万全な大手を利用しよう!・バーチャルカードでネットショッピングも安心! ネットショッピン[…]

ネットショッピング

 

 

クレジットカード紛失|必ず再発行か解約を依頼する

再発行
再発行

 

2か月以上の放置で取り返しのつかない事態に

クレジットカード払いをするモノをリストアップ

クレジットカードを紛失した場合、必ず再発行をしてもらうように依頼します。

 

新しい番号に代わるため、前のモノで登録しているものは、新しいバージョンに切り替えなければなりません。

再発行を待つ段階でやってもいいですが、その前にリストアップをしておけば、慌てずに行動がとれます。

 

明細書などを見れば、何に使ったかは一目瞭然。

再発行が終わってすぐに切り替えられるようにしておけば、悩む必要はありません。

 

署名をするとしないで大違い

人間なので、絶対にクレジットカードをなくさないということは断言できません。

無くしたと騒ぐ人ほど、根拠のない自信を持つことがあります。

 

最も注意したいのは、クレジットカードの裏面の署名

署名していれば、紛失届などを出しさえすれば、不正利用があっても弁済がなされる可能性が高いです。

 

ところが、何もしていなければ、弁済される可能性はかなり下がってしまいます。

もちろんクレジットカードを無くさないことが大事。

無くした場合でもすぐに対応できるよう、署名だけはしておきましょう

 

重大な過失が認められれば補償されず

クレジットカードのほとんどに盗難保険がつきます。

しかし、故意や重過失の場合、補償される可能性が限りなくゼロに。

 

この場合の重過失は裏面の署名がない、暗証番号が判別しやすい、そして紛失の放置。

多くのクレジットカード会社では、紛失や盗難の届け出があった60日前からの不正利用を補償。

 

三井住友カードでは、61日以前に生じた損害は補償対象にならないと定められています。

再発行となれば、再びクレジットカードが使えるまでにそれなりの時間が。

 

ただ、その間に不正利用をされれば、重過失と判断される可能性も。

紛失の事実を放置するというのは、自分の首を絞めることになります。

 

海外で紛失してもやるべき事は同じ

海外旅行ではクレジットカードの存在感は非常に大きくなります。

 

そんな中で紛失となれば、致命的なことになりかねません。

海外で紛失などの被害にあっても、とるべき行動は日本と同じ。

 

現地の警察に届け出を出して、ポリスレポートをもらい、それを提出。

不安な場合は、海外からカード会社に連絡を入れて判断を仰ぐ手もアリ。

慣れない海外でなくしたから仕方ない!、これでは、カード会社は当然ながら納得しません。

 

悪用を防ぐためには、クレジットカード会社への電話が必要|再発行か解約

クレジットカード会社へ電話連絡をすることで、扮したいカードの使用は防止できます。

 

更にオペレーターの指示に従い、再発行か解約の手続きを受付してくれます。

便利に使っているクレジットカードであれば、手元になければ、日常生活に不便が生じます。

再発行をしておくのがおすすめです。

関連記事

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。・クレジットカードをスマホケースに入れるのは危険!・クレジットカードを財布に入れる際はうっかりに注意!・クレジットカードの磁気は復活できる! […]

クレジットカード 不良

 

まとめ

 

クレジットカードを紛失したらすぐに連絡しないと、補償を受けられない可能性が。

弁済を自分で行う、こんなみじめな事はありません。

なくしても絶対に放置はせず、速やかに届け出を出す、これが重要。

再発行が面倒だから、出てくる事を期待するのはいけません。

早めの対応をすれば、疑われるコトなく補償を受けられる可能性が高まります。

 

クレジットカード紛失
最新情報をチェックしよう!