注目キーワード

クレジットカードは無職になった時、職業欄に嘘を書く事になる

この記事でお伝えすることはつぎのとおりです。

・安定した収入がない無職は基本的にクレジットカードは作れない

・同居人が支払うことを前提にクレジットカードを作る

・家族カードなら無職でも普通に使える

 

クレジットカードは便利であり、キャッシュレス決済の際には大変重宝します。

そんな中、無職の人もクレジットカードを作りたい、持ちたいという方はいるはず。

無職の人でもクレジットカードは作れるモノなのか、気になるところでしょう。

 

この記事を読めば、クレジットカードを無職の人でも持てるかどうか、お分かりいただけるでしょう。

それでは解説してまいります。

 

 

クレジットカードは無職になった時

無職ではクレジットカードは作れない

無職ではクレジットカードは作れない

既に、クレジットカードを所有しているのなら、これまで通りに使用すれば良いです。

 

学生や専業主婦とは扱いが違う理由

無職の人がクレジットカードを作る際には、絶対条件としてウソをつかない事が大事です。

無職と申告したくなくて、職業欄でウソをつく人が時折いますが、確実にバレます。

 

ですので、無職であることはある意味堂々と主張した方がむしろいいでしょう。

稼ぎがない学生や専業主婦と、無職は同列と考える方がいますが、これは違います。

専業主婦の場合は、世帯主に返済能力があるので、問題はありません。

学生は、学生向けクレジットカードがあるので、むしろ学生であれば積極的になるでしょう。

 

無職はあくまでも無職、返済能力が単にゼロの人として扱われます。

正攻法でクレジットカードを作ろうとしても難しいのは明らかです。

 

同居人に頭を下げてお願いするのも1つの手

もし無職の人がクレジットカードを作るなら、返済能力を有するしかありません。

 

この場合考えられるのは、同居人に頼み込んで返済能力を利用する事です。

一番は家族ですが、恋人にお願いするのも手でしょう。

 

ただし、無職である事を知らないとその要望はなかなか聞き入れてくれないもの。

作る際に無職である事を伝え、職を得るために必要ぐらいの理由が求められます。

関連記事

今回もユーザーの実際のクレジットカード失敗談を公開ししています。 思い込みであったり、使い慣れていない事から、失敗をしたり、疑いを持たれた実例を紹介しています。同じような失敗をしないように、参考にして下さい[…]

クレジットカード失敗談

 

クレジットカードは無職になったら職業欄に嘘を書く事になる

 

 

嘘は基本的にバレます。そして、その影響は大きいですから、やめた方が良いです。

 

クレジットカードは無職になったあとで、申込をするときに、職業欄に嘘を書く事になります

無職になってしまってからの、新規申込では、職業欄に嘘を書いてしまうことになります。

それでは当然マズいですし、嘘を書いたことがバレてしまえば、審査が通るはずもありません。

 

また、その後申込ができるよう状況になったときに、正しい申込内容であったとして、嘘を書いた地歴は残っていますから、悪質だとお見なされる可能性はあります。

そうなれば、数年間は、申込を受け付けてくれなくなる可能性も高いです。

 

 

デビットカードでも十分対応できる

キャッシュレス決済のために、クレジットカードが必要という方に、オススメなのがデビットカードです。

これなら、銀行口座に入っている預金の上限を限度に、クレジットカードと同じように使えます。

 

見た目はクレジットカードであり、デビットカードと笑われることがありません。

デビットカードを出す際も、カードを差し出せば普通にクレジットカードとして受け取ってくれます。

 

キャッシュレス決済にも使え、キャッシュレス還元の対象でもあります。

ちょっとした審査はありますが、クレジットカードに比べれば作ることは難しくありません。

家族カードも気が引ける人は、こちらがオススメです。

 

 

まとめ

 

クレジットカードを無職の人が作るのは本当に大変であり、難しいと思いましょう。

ただ、同様の働きをするカードはそれなりにあることも知ると安心できます。

 

どうしても欲しい人はそのために働きに出ることも視野に入れるべきです。

会社員を辞める人も一時的には無職ですから、計画的に作る事が大事です。

 

無職
最新情報をチェックしよう!