転職

【第二新卒向け】転職する時の「魅力ある志望動機」とは

第二新卒 転職する時の志望動機転職

社会人1〜3年目の第二新卒の転職活動では、新卒の時とは違い、

社会人としての経験もありますので、違う攻め方をしなければなりません。

 

また、企業側が求めることも新卒の時とは違います。

 

第二新卒として転職活動を始めたが、

・職務経歴書に志望動機をどう書いて良いのかわからない。

・面接で志望動機をどう答えれば良いのかわからない。

・志望動機を考える上でのポイントを知りたい。

 

そんな思いをもつあなたに、「魅力ある志望動機」について解説していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

第二新卒の強みとは

志望動機では、自分の今までの経験や興味関心だけを

語るのでは十分とは言えません。

 

自分がその企業に採用されたときに、

「何を還元できるか」「どのようなビジョンをえがいているか」ということを、

述べることが必要です。

 

また、誰でも言えることではなく自分にしか言えないこと、

つまり「他人と差別化をした」内容を述べる必要があります。

 

志望動機を考える時、第二新卒としての強みを把握することで、

新卒やベテラン層との差別化を図ることができます。

 

この「差別化した上で考えていくこと」が

「魅力ある志望動機」へつなげるコツです。

 

では、「第二新卒」と言われる層の強みとは何でしょうか。

 

まず、新卒との違いは「社会人経験があること」ですよね。

その違いが生み出すメリットは以下の通りです。

 

1.社会人マナーや常識があること
2.現場や業務に馴染みやすい
3.即戦力になりやすい

 

以上3点です。

 

また、「ベテラン」と言われる層との違いは「若さ」ですよね。

その違いが生み出すメリットは以下の通りです。

1.ポテンシャル(潜在する能力)
2.バイタリティ(成長力)

 

以上の2点です。

 

「これから伸びる」人材として企業側は採用するということがわかります。

 

実際に転職市場では、

 

・新卒採用で予定人数を採りきれなかった

・新卒採用しても短い年月で辞めてしまう人が多い

 

という状態に陥る企業が多いことから、積極的に第二新卒の採用を求めている企業はたくさんあるそうです。

 

この第二新卒ならではのメリットは、自分の経験や価値に具体的に落とし込まなければ、ただのメリット止まりです。つまり、誰にでも言えることになってしまいます。

自分の経験や長所、価値というものを分析し、具体的に述べられる「強み」にしていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

「魅力ある志望動機」へのポイント3つ

志望動機

 

 

志望動機と退職理由の矛盾

 

「なぜ退職する(した)のか」というのは、必ず聞かれる質問です。

 

この退職理由と志望動機に一貫性がないと、面接官には疑問を持たれてしまいます。

 

「前職での経験を転職後にどう生かすのか」という視点をもちながら

志望動機の作成をすることをおすすめします。

 

 

 

前職への不満や文句を書かない

退職という選択をしている以上、

前職に対しての不満や文句があることは大いに考えられます。

 

だからといって、ネガティブな事実をそのまま書くと、

面接官には「ネガティブな人」と捉えられてしまうでしょう。

 

また、どんな企業にも良い点も悪い点もどちらもあります。

 

「この人はうちの会社もすぐ辞めてしまうかもしれない。」

と思われてしまう可能性もあります。

 

「転職をしよう」と新しい道へふみきる「変化」を

「ポジティブ」に捉え、「ネガティブなことへの対処の仕方」を

伝えるようにするといいと思います。

 

 

 

漠然とした志望動機を避ける

やる気を伝えるために「何でもやります!」と伝えるのは

一見良いように思えますが、

 

相手方には

「どこでも良い」「何がしたいのかわからない」「主体性がない」と

受け取られかねません。

 

「その企業で自分は何をしたいのか」

「どんな成長を求めているのか」

をより具体的にイメージし、言語化しましょう。

 

特に、「なぜ弊社が良いのか」を語れるようにしましょう。

 

企業の理念と自己実現がより深くつながるため、

言葉に説得力が増し、企業側にも「やる気があるな」という印象を

持ってもらえるかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

第二新卒は企業にとっても採用するメリットが多くあります。

 

自分の長所・強みはどこにあるのかを分析し、

第二新卒なりのメリットと絡めて伝えることが重要になります。

 

ネットや本には「理念に共感しました」といったような

文例がたくさんあります。

もちろん、文例を参考にして考えていくことは

悪いことではありません。

 

しかし、むやみやたらに考えずに使っていると

深く突っ込まれた質問をされたときに

困ってしまうことがあります。

 

また、「あまり考えていないんだな」という印象を与えてしまう

可能性もあります。

 

大事なのは

「なぜ共感したのか」「どんな理念なのか」

「どうして自分の現状じゃその理念が叶えられないのか」
という点などについて深く分析・理解し、

自分の言葉で語れるようにすることです。

 

「魅了ある志望動機」を作成し、自分の武器にしていきましょう。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました