注目キーワード

第二新卒の転職。成功の3つのポイントとは

第二新卒とは、一般的には「学卒後3年以内の方」を指します。

第二新卒転職活動は、「短期で会社を辞めてしまった」と評価を受けることがあります。

そのため、第二新卒の転職は厳しいという意見も多く、決断するのに悩むところです。

そこで、第二新卒が転職を成功させるには、どうすればいいのでしょうか。

第二新卒の転職を成功させるためにはいくつかのポイントがあります。

 

この記事でお伝えすることは次の通りです。

・第二新卒者が転職を成功させるには、前職で経験してきたことを転職先の企業でいかせるかどうか

・なぜ転職するのか、その理由がはっきりしているかどうか

・転職先に意欲や熱意を説得的にアピールできるかどうか

 

この記事を読んでくだされば、第二新卒の転職を成功へ導く3つのポイントが理解できます。

では、解説してまいります。

 

 

 第二新卒の転職を成功させるポイント|これまでの経験をいかせる

第二新卒の転職を成功させるポイント|これまでの経験をいかせる

 

第二新卒とは、明確な定義はありませんが、おおむね「学卒後3年以内の方」を言います。

 

そこで、たとえ短い期間であっても、第二新卒者は、前職の経験があるはずです。

転職先の企業は、その期間どんな仕事をしていたのかを知りたいはずです。

前職で身につけたスキルが、転職先の企業でもいかせるか判断するためです。

 

第二新卒者が前職で身につけたスキルは、特別な資格などに限られません。

社会人としてのコミュニケーションなども大切な経験の1つになります。

 

このようなスキルや経験を整理して、即戦力としてアピールすることが可能です。

ただ、その経験が、転職先の企業で役に立たない経験であっては意味がありません

そこで、その経験を具体的に、どのようにいかせるのかもあわせてアピールするべきです。

 

企業は、第二新卒の前職での経験が、当社の事業でいかせるかどうかを見ています。

そのため、まず転職先企業がどんな事業を営んでいるのかを調べる必要があります。

そのうえで、企業の事業へ自分の経験がいかせる旨アピールすると説得力が増します。

 

 

第二新卒の転職を成功させるには|転職の理由がはっきりしている

ハローワーク以外

 

第二新卒は、前職を3年以内に退職していますので、企業からは、マイナスイメージを持たれがちです。

企業は「入社してもまたすぐに辞めるんじゃないか」という先入観をもっているかもしれません。

そこで、なぜ前職を辞めて転職を希望しているのか、その理由が大切になります。

 

例えば、次のようなストーリー展開で説明します。

1 転職を考えざるをえない問題に直面した

2 状況を改善するため、工夫をした(具体的に)

3 やむを得ず前向きに働くため転職を決断

 

職先の企業が納得できる転職の理由を整理し、準備しておきましょう。

 

 

 

第二新卒の転職を成功させるには|意欲の高さと熱意をアピール

意欲の高さと熱意をアピール

 

企業は「第二新卒者は3年以内に辞めたので、やる気がない人間では…」という懸念を持っています。

そこで、第二新卒者は、意欲や熱意をアピールすることが必須です。

 

ただ、「頑張ります!」「一生懸命仕事をします!」と言ったところで説得力に欠けます。

企業としては、本当に頑張れるのかどうかを説明してもらいたいのです。

 

そのためには、企業研究が欠かせないはずです。

まず、企業がどのような事業を展開しており、将来の見通しも調べましょう。

 

次に、自分は入社したら何がしたいのか、できるのかを整理します。

そうすると、単に「一生懸命頑張ります!」というより、ずっと説得的です。

また、シンプルに意欲や熱意を伝えることも重要です。

熱意を説得的に伝えても、声が小さく、元気がないと本末転倒です。

やはり印象として意欲や熱意をアピールすることも忘れてはいけません。

 

 

 

まとめ

 

第二新卒の転職を成功させる3つのポイントについて理解していただけたでしょうか。

第二新卒の転職は厳しいという意見も多く、決断するのに悩むところです。

 

成功させるための3つのポイントを理解し、実行してください。

繰り返しですが、

・転職経験を生かせるかどうか

・なぜ、前職を退職したのか、その理由

・転職先に意欲や熱意をつえましょう

 

その決断に際して、成功のポイントをヒントにして頂き第二新卒の転職の成功をつかみ取ってください。

 

第二新卒 転職
最新情報をチェックしよう!