ダイエット

ダイエットする断食の効果的なやり方|半日から始めるプチ断食

スポンサーリンク
断食ダイエットダイエット

ダイエットには興味があるけど。断食はちょっと…」という方がいらっしゃいます。

ダイエットをするために食事を抜いた経験がある方は、断食のツラさを知っているので敬遠しがちです。

しかし、極端な食事制限をするのではなく、少しだけ食事制限をする「半日断食」「プチ断食」であれば、ツライ思いをしないでダイエットで結果を出しやすくできるのです。

この記事を読んで頂ければ、「ダイエットで効果的にやる断食の効果ややり方」等について「ご理解頂けると思います。

では解説してまいります。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットで断食するのは効果があるのか

そもそも断食をすることは、ダイエットに良い効果があるのでしょうか。

断食をするとは、つまり食べ物を食べない、ということです。

食べないことで、一時期体重が減ることが予想されます。

しかし、一時的に体重が減したとしても、断食を止めれば、体重は元に戻ってしまいます。

もちろん、一時的な体重減少が断食の目的ではありません。

 

むしろ一定期間、断食をして食べないことで、内臓が本来の機能を回復してくれることが期待できるのです。

実は、胃腸は一日中働いています。

休んでいるのは、寝ている間だけです。

しかし、夜ご飯の後に、何かを食べる生活をしている人が多く、胃腸は休んでいる間の時間がありません。

食べない時間を作ってあげることで、胃腸が元気を回復し、ダイエットにも良い効果をもたらします。

断食でダイエットの効果を上げるには、プチ断食や半日断食、また週に一度の断食などを習慣化すると、ダイエットの効果が高まります。

 

 

スポンサーリンク

半日断食・プチ断食のダイエットでゆるいやり方が結果的に効果的

半日断食・プチ断食は、リバウンドもしにくいので、ダイエットで失敗した経験がある方にぜひおすすめしたい方法です。

いきなりフルに断食すれば、ストレスも大きくなり、長く続けられなくなります。

気持ちに負担が少ない半日ダイエットやプチ断食から始めるのが、おすすめする効果的なやり方です。

 

消化器官である胃腸は、食べ物が入ってくると、約8時間かけて消化していきます。

しかし、毎日3食しっかりと食べている方の場合、24時間365日胃腸は休み無しで働きづめです。

プチ断食・半日断食をして、胃腸を休ませることで、身体は本来の力を取り戻すので機能がよくなるのです。

 

胃腸の機能が回復すれば、消化がよくなるので、腸に老廃物が溜まりにくくなります。

老廃物は有害な物質を放出するだけでなく、身体に必要な栄養の吸収の妨げにもなります。

しかし、老廃物がなくなることで、ビタミンやミネラルなど代謝アップに必要な栄養をしっかりと吸収できるようになるのです。

その結果、ダイエットしやすい身体に変われるのです。

 

また、栄養の吸収率がアップするので、胃腸以外の内臓の働きもよくなります。

すると、身体の細胞が活発化するので、エネルギーの消費量が自然と増えます。

つまり、断食をすると基礎代謝がアップするので、ダイエットに効果があるだけでなくリバウンドもしにくくなるのです。

 

 

スポンサーリンク

半日断食・プチ断食ダイエットの方法は

プチ断食ダイエットはツラくないの

プチ断食のやり方・方法は

プチ断食ダイエットの特徴は、いきなり食事を抜くのではなく少しずつ食べる量を減らすことです。

そのため、断食のツラさを感じにくくします。

例えば、断食を行う数日前から今までの6~8割程度に食事の量を減らすので、身体が慣れて断食がしやすくなるのです。

 

また、プチ断食ダイエットの方法は人によってさまざま。

そのため、断食中は「水以外はダメ!」という方もいれば、腹持ちのいいスムージーを飲む方もいらっしゃいます。

固形物は食べなくても自分に合った断食ができるので、挫折せずにやり遂げられるのもプチ断食の魅力です。

 

ちなみに、断食を終えた後は急に高カロリーなものを食べては、胃腸に大きな負担を与えるのでしてはいけません。

お腹がパンクしてしまいます。

そのため、おかゆなどの軽い食事から戻していくようにしましょう。

そうすることで、プチ断食ダイエットを始める前から後までツライ思いをしなくて済むのです。

 

 

1日断食ができない方には半日断食がおすすめ!方法は?

「全く食事をしない日があるのはきつ過ぎる…」そんな方には、半日の断食ダイエットがおすすめ。

通常、プチ断食は「プチ」とついていますが、準備・回復期間を含めて3~7日程度行います。

そのため、仕事などのためにできないという方もいらっしゃるでしょう。そんな方は半日の断食ダイエットが効果的です。

 

胃腸の消化には約8時間かかると紹介しました。

つまり、半日断食では、昼食や夕食を抜くことで食事の間隔を8時間以上開けて胃腸を休ませるのです。

これなら休みの日に行いやすいのではないでしょうか。

 

ダイエットにはさまざまな方法が紹介されていますね。

その中には、3食しっかり食べるものや特定の栄養を摂らないものなど。

そして、結局効果が出るのは、食事を極力食べないプチ断食。

しかし、断食の効果的な時間や方法ってわからないですよね。

この記事を読んでいただければ、食べないでダイエットがスムーズにできるようになります。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットでは食べない時間を管理しよう

時間を管理する

時間を管理する

 

ダイエットで大切なのは、食べない時間を長くするように管理すること。

当然ですが、食事をしなければ、生命を維持することはできません。

 

そのため、必ず何かを食べる必要があります。

ただ、ダラダラ食べていては、ダイエットは失敗します。

成功させるために、食べない時間を意識的に作ることがキーになるのです。

 

例えば、少量でも、食事をダラダラとしたとします。

すると、血糖値が上昇するので、インスリンが分泌されます。

インスリンには、糖を脂肪に変える作用があるのです。

 

つまり、何度も食事をするということは、インスリンの分泌を促進して、痩せやすい体質を作っているということ。

ダイエットを成功させるためには、いかに食べない時間・インスリンの分泌を減らすかが重要。

そのためには、食べる時間を考えて、食べない時間を長く作るように意識的に管理するようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットに効果的なプチ断食の方法

食べないダイエットにおすすめなのが、プチ断食です。

プチ断食とは、何日も食べないような本格的な断食ではありません。

1日のうちに、数時間食べないようにする方法です。

 

ここでは、ダイエットに有効な方法を紹介します。

それは、「食べない時間を連続で16時間作る」というものです。

つまり、8時間のうちに、1日の食事をすべて済ませてしまうのです。

 

例えば、朝を抜いて、お昼に1回食事をします。

そして、夜の7~8時の間に最後の食事をするのです。

もちろん、お昼ごはんから夜ごはんの間なら、適量の間食もOK。

 

こうして、胃にものが入っている時間をできるだけ作るのです。

すると、代謝酵素がしっかりと働いてくれるので、ダイエットがしやすくなりますよ。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ダイエットでは、食べないが基本です。

しかし、ただ単に食べる量を減らすわけではありません。

食べない時間を長くすることが大切なのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

厳しい食事制限はツライですが、プチ断食ならツライ経験をせずにダイエットに取り組めます。

しかも、身体の機能がアップするので、ダイエット効果は持続します。

ダイエットで失敗した方、リバウンドをしてしまいがちな方はぜひプチ断食を行ってみてください。

ただし、断食中は身体に負担を与えるので、身体が弱っているときは控えるようにしてください。

 

 

ダイエットを効果的にすすめる方法|身体の各部位に集中し時間帯にも

ダイエットで男性がお腹から痩せるには食事と筋トレ!次に有酸素運動

ダイエットの停滞期をチートデイで効果的に乗り切る

ダイエットの即効性は30分運動から|消費エネルギー増加!

ダイエット中|寝る前の食事時間は3時間前までに終わらせる!

ダイエット中のご褒美は食べ物以外に!甘いものがよくない理由とは

ダイエットの時間帯は夕方が良い!筋トレは特に夕方にするのが良い!

タイトルとURLをコピーしました