転職

出戻り転職の初日!嫌われる可能性の覚悟をもって!

出戻り転職の初日転職

出戻り転職

この記事でお伝えすることは次の通りです。

出戻り転職するなら覚悟を持って

・出戻り転職の初日

・職場に対しての不満や不安、あるいは物足りなさがなくなることは無い

 

転職経験者の多くが出戻りを考えたことがある。

今の転職先の状況なら前の会社の方が良かったということ。

 

 

 

出戻り転職には、覚悟と決意が必要

いいじゃないですか、出戻り転職すれば。

ただし、出戻り転職には強い覚悟は必要です。

志望動機も新たに、転職の決意をしておいた方が良いです。

 

 

出戻り転職の初日は、新入社員と同じく、会社に行って挨拶するところから。

出戻り転職した社員は、元の上司・同僚から嫌われるというか、

風当たりが強い可能性が大です。

初日で感じるかもしれません。

初日には、表面的には、以前と同じか、もしかすると歓迎してくれるかも知れません。

しかし、初日から、かげでは良く思われていない事がほとんどです。

 

 

実際には、初日から人間関係はすでに変わってしまっています。

同僚が、初日に心から歓迎してくれるなどと、出戻りすることに期待はしないことです。

初日以降ずっとです。

何故なら、あなたは一度、前職を否定し退職しているからです。

 

 

 

出戻り転職|嫌われる可能性もある。人間関係は再構築の必要

前回の退職時の状況にも、よります。

しかし、基本的には、社内の人間関係は、再構築の必要があります。

だって、一旦は辞めたのですから。

社内にいる人から、嫌われる可能性もあるのです。

 

しかし、他人が、元同僚・元上司が、初日からどう思ったとしても、大事に考えなきゃいけないのは、家族の運命も背負ってる自分の人生のはずです。

色々と考えた上で、出戻り転職を考えたはずです。

誰のための人生なのか。

徐々にではなく、初日からそう考えるべきです。

 

だからこそ、出戻り転職の初日に、想定外の視線や冷たい風に当たられたとしてもです。

他人からどう思われるのかは、大した問題ではない、と思います。

出戻りした初日に、どう思われたとしても、嫌われたとしても、重要なのは、自分が自分の人生をどう考えるのかです。

私は、自分自身の会社員人生と起業してからの合計40年の経験から、そう思います。

 

 

出戻り転職の初日|期待を持たずに覚悟を持って!

 

出戻り 転職 初日

 

出戻り転職の初日。

下手に、自分から親しみを表現しない方が良いです。

初日以降も。

例え、勝手を知っている社内であっても、線を引くべき所は、線を引き、

一から覚え直すつまりで、初日の挨拶をすべきです。

 

 

初日の挨拶は覚悟を持って

出戻りした初日は、特に新人並みの新たな気持ちにしておいたほうがいいです。

出戻り転職の初日の挨拶。

この初日の挨拶から、今後が始まります。

 

 

同じ部署に配属になるのかどうかは、分かりません。

受け入れ側は、新人とは違う意味で、あなたの初日の挨拶に注目してるはずです。

この初日の挨拶は、重要です。

覚悟を持ったきちんとした初日の挨拶にすべきです。

 

 

注目される初日の挨拶に、恥ずかしいとか言ってられません。

家族のため、自分の働きがいや将来のために、決めた出戻りのはずです。

この初日の挨拶やあなたから発せられる言葉で、今後が決まるかもしれません。

 

 

期待を持つと後悔する事になる

一度覚えた仕事ですから、仕事のやりやすさはあると思います。

しかし、それ以外は、基本的に「1からのスタート」です。

以前の同僚や先輩後輩に、期待をしてはいけません。

 

 

うっかりと、以前のような関係性を期待してしまう事があります。

間違い無く、後悔する事になります。

一度は、会社を否定して退職したのです。

相手は、その事を忘れてはいません。

 

 

寡黙に、仕事に取り組むくらいで丁度良いです。

嫌みの一つや二つ、ない方がおかしいのだと、思っていた方がいい。

 

しかし、現実には、以前のような関係性を、心のどこかに持って、出戻り転職をする人がいます。

残念ながら、この人は、出戻り転職をしてから、数ヶ月でまた辞める道を選びます。

一度目のように、引き留めもされません。

 

ですから、ドライに割り切って、まるで知らない会社に、ゼロスタートで、入社するよりは、良いかもしれない、という気持ちで向かう方が良いです。

 

 

 

会社へ出戻りする初日

出戻り 転職 初日

 

出戻りの期間にもよりますが、社内のルールや部署の雰囲気やルールは、

以前とは違うという前提で、出戻り転職の初日に向かうべきです。

 

以前とは似ているようで、初日から感じる環境は違うはずです。

初日から、自分の仕事にフォーカスすることにしてください。

同僚や上司との関係性には、注目や期待をしないことです。

仕事に注目してください。

全ては、初日から始まります。

 

 

もし初日のこの場面で、なれ合い的を要素を見せたりすると、入社後の付き合い方が面倒になっていきます。

なぜ、前の職場に出戻りすることにしたのか、初日の朝に志望動機を明確にしておくことです。

 

人間関係の障害は、すくなからず「あるだろう」と思っていたほうがいいです。

何故かって?

一度、あなたは、この会社を否定して、退職したのです。

以前とまったく同じ関係性が初日にある方が、むしろ不自然です。

それが出戻り転職の初日です。

 

 

 

出戻り転職の初日。失敗しないためには志望動機を新たにして強い覚悟を

出戻り 転職 初日

 

色々なケースがあるが、転職してみたら、思っていたのと違うことは、よくあることです。

そんな時に、転職してしまったが「前職の方が良かったかもしれない」と出戻りを考えます。

それ自体は、普通にあることです。

 

 

しかし、その気持ちが、ボンヤリと残り続けたままにしていると、

現在の会社での仕事ぶりに、悪い影響が出てくるのは、はっきりしています。

そんな時に、前職の人と偶然出会ったりすると、心が揺れると思います。

「戻って来ればいいじゃないか」と言われれば、さらに出戻り転職の気持ちが高まります。

 

しかし、実際に、出戻りすると思っていた対応と違う場合がありますので、変に期待をしないことです。

出戻り転職にいたった気持ち、志望動機を強くもっておかないと、耐えられなくなるかもしれません。

 

 

出戻り転職で失敗しないためには、人間関係に期待を持たないことです

前述した事の繰り返しになってしまいますが、人間関係には期待を持たない事です。

「なぜ、自分はやめた会社に、出戻り転職することを考えているのか」です。

諸事情があって、退職したはずです。

 

 

その時点で、一旦あなたは会社を否定して退職したはずです。

以前と何も変わらず、初日から受け入れる事の方が、おかしいことなのだと、心に刻んでおくことです。

以前と変わらぬ関係性は、初日以降もありませんよ。

 

 

表面的には、以前と同じでも、自分がいないところでは、初日から否定されているかも知れません。

自分は、一度否定して退職したのですから、かげで悪口を言われることがあるのが普通です。

仮に初日から聞こえてきたとしても、無視をするくらいの強い気持ちを持って、

出戻り転職の初日を迎えてください。

 

 

「なぜ、一度やめた会社に、自分は出戻りを考えているのか」を

初日から志望動機を強く、明確にしておかないと、再度後悔してしまう事になります。

 

 

出戻り転職で気にしてるのは、「人からどう思われるのか」ではないですか

転職しようかと、モヤモヤした気持ちに決断がつかないのは、

多くの場合「出戻りをしたら、人からどう思われるのか」です。

 

 

「前職の人たちに、出戻り転職したら、どう思われるのか」

「妻(夫)にどう思われるのか」

ではないですか。

家族の場合なら、真摯な気持ちで、真剣に話せばいいです。

人生のパートナーなのですから、きっと分かって貰えます。

そのときには、転職の志望動機を明確にして伝えることです。

 

 

しかし、元同僚たちは、同じ会社の仕事の上での仲間かも知れませんが、

人生のパートナーではありません。

「戻ってくれば良いじゃない」と言っていたはずの人が、

現実にはさほど歓迎はしていません。

それが普通のことです。

 

 

他人からのどう思われるのか気になるなら出戻りしない

相手は、「本当に戻ってくるとは思わなかった」と思っているかも知れません。

しかし、そんなものです。

前職の人たちに、出戻りしたことをどう思われてもいいではないですか。

あなたは、あなたの人生を生きる人なのですから。

 

 

自分の人生とその人たちの人生は、表面的には近くにあったとしても、

本来関係のないものです。

私は経験者として、現在の会社の退職(出戻り)をすすめているわけではありません。

ただ、せっかく転職したのに、迷う気持ちを持ったまま、

真剣に仕事に取り組めないことが大問題なのです。

出戻りをするほうが、真摯に生きられるのなら、出戻り転職すべきだと

思います。

 

 

現在の会社で、仕事に真剣に取り組んでいける気持ちができている人は、

偶然前職の人と出会っても、モヤモヤした気持ちになることはありません。

ただし、前職に出戻りをするのでしたら、

一旦は転職したのですから、覚悟を決めて、出戻りをしないといけません。

 

 

 

出戻り転職|覚悟を決めて出戻りすればいい

出戻りを考えるくらいなのだから、退職の最後については、円満退職をされたものと思います。

今回の出戻りについても、前職の上司や経営者も、戻ることに賛成してくれているのかもしれません。

 

 

しかし、一旦は見切りをつけて、辞めた(転職した)ことには違いはないはずです。

ある意味、自分の選択が間違えていた、退職をしたことは愚かだったと認めねばなりません

 

社員の中には、快く思わない人がいることの方が普通だと考えておいた方がいいです。

退職した時よりも初日からパワーアップし、会社への貢献を誓える覚悟を持っていなければなりません。

以前の退職は、自分のミスだったと認めなければいけません。

初日から強い覚悟と強い志望動機を持って、出戻り転職をして下さい。

 

 

 

転職出戻りする時、情けないとか思う必要は全くない!

出戻り 転職 初日

 

転職出戻りする場合、甘えてるとか、情けないとか、初日からいう人がいるかもしれない!

そういう人たちのことは、見なければいい。

 

 

自分は、その人たちのために働いていているのではありません。

しかし人間は、「他人からいい人だと思われたい」という欲求を大なり小なり持っています。

しかし、いい人だと思われても、いいビジネスマンだと思われなければ、話にならない。

良い人だと思われるだけでは、家族に食べさせては、行くことはできません。

むしろ、面と向かって言わなくても、初日から、きっとかげでは思っていると考えておいた方がいいです。

 

 

しかし、それが自分の人生になんの関係があることか。

重要なのは、自分がやりがいや働きがいを感じて働ける事と、家族を食わせていく事です。

仕事をやるには、やりがいや働きがいを感じられないと、仕事は続けられない。

例え、給料が安くなったとしても、やりがいや働きがいはとても重要です。

初日から、その気持ちを見せましょう。

 

 

 

 

 

出戻りで転職を考える人は多い|その理由は?

出戻り 転職 初日

 

転職した後で、こんはずじゃなかった、と思うことは、必ずあるはずなんです。

ただ出戻り転職までを考えるのかは、様々かもしれません。

外から会社を見ていた時と、社員として中には入るのとは、まるで違います。

転職した後で、良くも悪くも、こんなはずではなかったは、必ずあります

 

 

 

出戻り転職を考える理由|環境は良くなったが、やりがいが見つからない

残業が多いとか、上司がパワハラをする、休日も少ない、

などの、いわゆるブラックと呼ばれる会社は世の中に多いです。

 

 

ブラックを経験すると、当然、ホワイト企業への転職を希望するようになります。

いわゆる、休日がきちんと休めて、残業もないし、上司も優しく接していくれる、という職場です。

数は多くはありませんが、存在はします。

 

 

なんとかホワイトといわれる会社と巡り合って、転職したのに、退職する人がいます。

その人たちに共通するのは、「やりがい」「働きがい」を見つけられなくなったことなんですね。

 

 

 

働きがい・やりがいと達成感は、ブラックッぽい会社の方がある

「自分は会社に貢献している」「自分の仕事を会社が評価してくれている」「お客様や同僚の役に立てたと実感することがある」・・・

これらが、やりがいとか働きがいといわれるものです。

定時出社退社の会社には、あまり縁がないものです。

 

 

これは本当のことです。

なぜなら、社員が頑張ってくれたとか、個人の努力が報われるとか、

同僚に頼りにされたり褒めてもらえるという仕組みは、

ブラック寄りの会社にあるものです。

 

 

ホワイト企業に転職して、他の人より頑張って評価されたい、

なんて思ってると職場から浮いた存在になっていきます。

ですから、出戻り転職は悪いことじゃない。

出戻りする会社の方が、自分らしく生きられるなら、出戻りすればいいです。

 

 

 

出戻り転職を考える理由|ホワイトからブラック企業への転職|実際にいる前職の方が良かったと思う人

せっかく、残業があったり、休みが取れなかったりする生活から、

家族との時間を大事にできるホワイト企業に転職できた。

 

 

なのに、やりがいがなくなったり、仕事がつまらなくなったり、

会社にとって、自分という存在が必要とされていないのではないかと、感じることが増えます。

 

 

なぜなら、それがホワイトの特徴だからです。

そういう環境の会社で、個人的に頑張って成果を出そうとすると、同僚から仲間はずれにされます。

下手に頑張ると、嫌われますよ。

そんなときが、出戻りを考えるきっかけかもしれません。

 

 

これまで平穏にやってきている同僚からすると、変に頑張られて、実績を出されても困るのです。

おかしなことですが、ホワイトから、わざわざ数字で競う世界に戻っていく人は、実際には結構います。

 

 

 

出戻りする人のメリットとデメリット|会社のメリットとデメリット

出戻り転職とは、一度会社を退職し、他の会社へ転職してみた結果。

しかし、なんだかうまくいかない。

やっぱり今の会社よりも、前に辞めた会社の方がよかった。

もう一度、あの会社に戻って働きたい、と思う。

それが、出戻り転職です。

 

 

出戻り転職を受け入れる会社には、メリットとデメリットがあります。

出戻り転職する人には、これまで解説してきたように、それなりにハードルもあります。

しかし、以前、会社に勤務していたことで、会社の雰囲気を知っていることは、かなり重要です。

 

 

一旦、勤務していた会社をやめてるのです。

その時に、何か不満を感じたのかもしれません。

あるいは、前向きな希望や夢を持って、退職したのかもしれません。

しかし、今回は会社の外から、客観的にみて出戻りを考えたのです。

 

 

会社を外から見つめた結果、出戻りを決める人のメリットは、転職活動をしなくても良いことです。

普通なら、転職活動には、それなりに時間がかかります。

すぐには、納得がいく会社は見つからないからです。

 

 

しかし、出戻りする一番のメリットは、今までの実績やスキルを活かせるからです。

実際の転職では、そう思っていても、なかなかうまくいきません。

すでに経験している業界であっても、新しく人間関係を作りながら、自分のスキルの活かし方を考えていく必要があるからです。

 

 

出戻りするには、デメリットもあるということを、覚えておく必要もあります。

以前と同じ人間関係を持てるかどうかです。

やはり、一度は退職をしているわけです。

辞めた人が、仮に辞めたときと同じ職位で、採用されたりすれば、人間関係は悪くなる可能性もあります。

面白くないと感じる人もいるでしょう。

 

 

会社のメリットは、明確です。

やはり、即戦力として、使える、ということです。

キャリア採用の人であっても、多少の教育などのコストは、かかります。

しかし、出戻り社員であれば、会社は、そう考える必要がありません。

時間とコストの面で、会社にはメリットがあります。

デメリットは、社員が暖かく出迎えない可能性があること、人間関係がギクシャクする可能性があります。

 

 

こうして、退職をしたとしても、何か考え方の変化が起こり、再度同じ会社に戻る=出戻り転職をする可能性は、徐々に増えつつあります。

ですので、退職をする時には、問題を起こしたり、人間関係を壊したりなどせずに、退職する方が良いということになります。

目指すのは、円満退職です。

 

 

 

まとめ

人は、意外に「自分のため」には生きていけないものです。

「誰かのため」ならば、頑張れるように、プログラムされてるのではないかと思います。

 

自分のためだけではなく、家族のために、初日から頑張ることです。

初日から自分の人生を生きることです。

陰口を言う同僚のために生きているわけではありません。

 

また、強いストレスはダメですが、小さめのストレス(負荷)がないと生きていけない生き物ではないかと思います。

これは過去40年間営業の仕事をしてきた筆者の思うことです。

 

全くストレスがないと、ストレスがないことがストレスとなり、不安が大きくなるように、できているように思います。

ですから、どんな会社なのかを、知った上でもなお、転職した会社に出戻りしようかと考えるのなら、大いに賛成をするのです。

机上のデータしかない会社へ転職するのはなく、一度勤めて、良い部分・悪い部分も知った上で、出戻りしようかと思うのなら、筆者は覚悟を決めて戻るべきだと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました