ダイエット

ダイエットを効果的にすすめる方法|身体の各部位に集中し時間帯にも

スポンサーリンク
ダイエットの成功は部位ごとダイエット

ダイエットを効果的に行うには、体の各部位に、集中して行う考え方があります。

人には、自分の体の気になる部位があるからです。

体重だけではなく、気になる体の各部位に注目して、ダイエットを行うのが効果的です。

当記事では、ダイエットの運動および食事について、効果的に行うやり方について解説します。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットの運動を効果的にするのは各部位に集中するやり方

人は、それぞれに体型の違いもあり、気になる部位にも個人差があります。

気になるそれぞれの部位に合わせて、解説をして参ります。

 

下半身ダイエットにはまず筋トレで代謝アップ!サポートにサプリ

下半身 ダイエット

ダイエットをするときに、中心となるのは、やはり下半身です。

下半身のダイエットでは、全身の代謝アップがポイントです。

下半身に集中したいからと考えても、注目すべきは、体全身の代謝アップです。

 

運動は、下半身だけではなく、全身運動を意識しましょう。

その為には、筋トレで筋肉量を増やす事です。

全身を考える場合、体の中の大きな筋肉に注目することです。

 

体の中の大きな筋肉は、太ももと胸の筋肉です。

その為に、有効な運動は、腕立て伏せとスクワットです。

ジムへ行って、もっと合理的なマシーンに取り組んでも良いですが、腕立て伏せとスクワットなら、自宅でも可能です。

さらにサプリでサポートするのが良いです。

アミノ酸配合のビタミンやミネラルが、サポートしてくれます。

 

 

お腹のダイエット!男も女も先ずは筋トレそして食事に注意

腹のダイエット

下半身の中で、一番気になるのは、お腹です。

お腹のダイエットをするなら、最初に行うべきは、無酸素運動です。

無酸素運動とは、筋トレです。

筋トレを行うと、基礎代謝をあげることが出来ます。

基礎代謝とは、何もしなくても、消費するエネルギーです。

 

お腹周りをダイエットしたいからといっても、腹筋を鍛えても、あまり効果的ではありません。

筋トレは、体の中の大きな筋肉をトレーニングしましょう。

そして、次は有酸素運動です。

有酸素運動は、ジョギングでも良いですし、自転車やエアロバイクが良いです。

 

無酸素運動をしてから、有酸素運動という順番が重要です。

その次は、食事ですね。

お腹周りに脂肪がつきやすい人は、食生活の中で、糖質が多い傾向があります。

糖質は、体に入ると、脂肪に変わって蓄積されていきます。

 

 

ウエストダイエットに短期間集中!男性も痩せたいよね!

ウエスト ダイエット 短期間 男

ウエストのダイエットで、短期間に効果を出したい。

そういうときには、腹横筋を鍛えることです。

お腹の側面の筋肉です。

インナーマッスルの一つです。

腹横筋を鍛えることで、内臓が下方向に下がるのを防いでくれます。

 

腹横筋を鍛えて、スクワットをするのが、ウエストのダイエットには、有効です。

ウエストが細くならない原因は、乱れた食生活と運動不足にあります。

ウエストにこだわるのであれば、腹横筋に注目して、トレーニングに励むことです。

ウエストダイエットを効率的に行う方法を2つ紹介します。

 

ウエストダイエット|ドローイン

ドローインは、腹横筋を鍛える筋トレです。

どこでもできます。是非、お試し下さい。

①息を吐きながらお腹を凹ませる

②お腹を凹ませた状態で、20秒程度キープ

③少しずつ元に戻していく

 

ウエストダイエット|スクワット

スクワットは、腹筋がつき、骨盤の傾きを改善できる可能性があります。

ウエストを細くするのに、有効な方法です。

①背筋を伸ばして、肩幅まで足を広げる

②背筋を伸ばしたまま、腰を落としながらお尻を後ろに突き出していく

③太ももが地面と平行になったら、その姿勢を5秒間キープ

④ゆっくり元に戻す

⑤10回程度繰り返す

2番の腰を落とすときには、膝がつま先より前に出ないよう、こらえることが秘訣です。

 

 

足痩せダイエットは寝ながら出来る簡単な筋トレでも効果がある

足痩せ

足痩せダイエットは、足の筋肉を鍛えるのが近道です。

足に筋肉をつけても、太くなることはありません。

マラソンランナーの足の筋肉をイメージして下さい。

 

自宅でできる簡単な足痩せダイエットは、「寝ながら足を開いて閉じて」が有効です。

仰向けに寝て、足を上げて、開いて閉じる。

筋肉には、2種類あります。

速筋と遅筋があります。

遅筋は肥大化しない筋肉です。

マラソンランナーのような、足を目指しましょう。

遅筋を鍛えることです。

 

姿勢を整えることでも、ダイエットに効果があります。

例えば、猫背の人は、足が太くなる傾向があります。

姿勢を整えることでも、細くなります。

 

また、食事制限は適度であれば有効です。

極端な糖質制限などを行うと、ホメオスタシス機能によって、痩せにくい体になることがありますので、食事制限は、穏やかな程度ですべきです。

 

 

ダイエットは目標体重の設定がないと成功しない!

ダイエット 目標

ダイエットは、とにかく痩せれば良い、と考えて、闇雲に行ったり、食事制限だけで、体重を落とすと、逆効果です。

ダイエットで、適正な目標設定することは、有効です。

 

目標なく、ダイエットを行うと、やり過ぎて、リバウンドの原因になってしまうことがあります。

1ヶ月に体重の5%を超える体重減少があると、ホメオスタシス機能でダイエット停滞期に入り、痩せにくくなります。

痩せにくく、太りやすい状態になっていますので、ちょっとした食生活の変化で、リバウンドしてしまいます。

痩せすぎない程度にダイエットが進んでいく、目標を設定しておくべきです。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットで男性が効果的にお腹から痩せるには

ダイエット メンズ 筋トレ

男性も女性も年齢とともに基礎代謝が減少していきます。

さらに、男性は、50代になれば管理職になり、仕事上で体を動かす量も減ってしまい、筋肉量も減ることで、消費エネルギーが減少してしまいます。

そのままでは、若い頃よりも食事量をだいぶ減らさないと、食べたエネルギーは常に余ってしまいます。

余ったエネルギーは、脂肪になり、体内に溜まっていきます。

 

実は男性の方が、痩せられる可能性は高いのです。

なぜなら、女性の脂肪は皮下脂肪であることに対して、男性の場合は、内臓脂肪だからです。

内臓脂肪は、運動量が減ったことで、消費しきれないエネルギーが、脂肪に変わったものです。

内臓脂肪は、燃焼させやすい特性があります。

筋肉量を増やすことで、基礎代謝を上げて、消費カロリーを増やすことができます。

 

ですので、男性に向いてるダイエットは、筋トレを中心としたダイエットです。

筋トレで、筋肉量を増やし、食事を炭水化物を減らし、タンパク質を意識的に食べてください。

筋トレの後には、有酸素運動を組み合わせると、痩せやすくなります。

 

 

スポンサーリンク

プチ断食なら、ダイエットに効果的

断食ダイエット

プチ断食は、その名前の通り、いきなり何日も食べない日常を送るということではありません。

数日前から、食事量を減らしていきます。

また断食のやり方も、個人によって、違いがあり、本格的な断食よりも、ゆるいやり方です。

 

水以外には食べないという方もいます。

スムージー程度を食べるという方もいます。

やり方は様々です。

また断食のペースも、1日食べないのは無理という人は、半日断食というやり方でも、アリです。

3日〜7日程度、行うことで、効果が出てきます。

 

胃腸の消化には、約8時間かかります。

プチ断食は、食事の間隔を、8時間以上あけることです。

時間をあけることで、プチ断食の効果が期待できます。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットで即効果を求めるなら30分の運動から

即効果 ダイエット 運動

ダイエットは数ヶ月かけて、ゆっくりと痩せる方法が一般的です。

しかし、もっと早く効果を得たいと思う方もいると思います。

もっと早く痩せる方法はないのか、です。

しかし、何も食べずに無理をすれば、体調を崩してしまい、ダイエットどころではなくなります。

 

ダイエット効果に即効性を求めるなら、運動は欠かせません。

ダイエットに即効性を求めるなら、30分以上の運動をすることが、鍵です。

20分までの運動では糖質がエネルギーになり、20分を超えてからが脂肪燃焼する時と言われています。

ですので、30分以上の運動をすることが、ダイエットを即効性を持って、成功させることです。

そして、出来るだけ毎日運動をすることです。

 

運動には、有酸素運動と無酸素運動があります。

無酸素運動とは、筋トレのことです。

筋肉を動かす運動では、糖質を消費します。

有酸素運動は、ランニングやウォーキングに代表される、軽度から中度の負荷をかけて、長時間の運動をすることです。

 

そして、さらに即効性を求めるダイエットで、おすすめは、お風呂ダイエットです。

少し熱めの40度以上のお風呂に、つかることです。

長風呂はリスクもありますので、何度か湯船から出入りをし、休憩も含めて、トータル20分ほどで、実はランニングと同程度以上のカロリーを消費します。

以上、運動と合わせて、繰り返すことで、即効性のあるダイエットができます。

 

 

スポンサーリンク

ダイエット中の寝る前|夜ご飯は3時間前に終了するのが効果的

寝る前 ダイエット

ダイエット中の夜ご飯については、よく言われることです。

寝る前の3時間前には、ご飯を食べる事を終了させましょう。

これは、かなり重要な事です。

 

食べる事で、体に入った食材の栄養素のなかで、糖質は、体を動かすエネルギーの元になります。

体の中で、エネルギーを消費する最大のものは、筋肉です。次は肝臓、そして脳です。

そして、消費しきれなかった糖質は、脂肪になって、肝臓に蓄えられます。

ですので、体を動かす時間帯は、糖質や脂肪をエネルギーとして、消費していきます。

しかし、そうではない時間帯に、食べてしまうと、消費されるエネルギーはわずかですので、脂肪として蓄えられる分が多くなります。

 

つまり、寝る前に食べてしまうと、脂肪として体に残る可能性が高いという事です。

ですので、朝食や昼食での食事は、その後の時間帯で、消費されるのですが、寝る前の時間帯に食べてしまうと、太る大きな原因になってしまうのです。

特に、意外に思われるかもしれませんが、食べてからすぐにブドウ糖になる果物は、朝にこそ食べるべきです。

夜に食べると、太る原因になります。

 

 

スポンサーリンク

ダイエット中のご褒美は食べ物以外にするのが効果的!チートデイはコントロールが難しい

ダイエットのご褒美

ダイエットで、我慢が続いていると、ついつい「たまにはスイーツもいいかな」と思ってしまいます。

あるいは、週に1回・2週に1回などと、チートデイを設定する人がいます。

 

しかし、経験上あまりおすすめは出来ません。

ダイエット中は、何らかの食事制限によるコントロールをしていると思います。

人によっては、我慢するストレスが溜まっている人もいると思います。

たまにいいかなというご褒美でスイーツを食べるのは、おすすめしません。

また、チートデイも逆にストレスを溜める原因になってしまうことになりますので、おすすめしません。

ダイエットに挫折してしまいます。

 

ダイエットのストレスに対してのご褒美を考えるなら、スイーツ以外にすべきです。

ご褒美を設定するなら、洋服やアクセサリーがおすすめです。

スイーツを食べてしまうと、せっかく我慢してきたことが、台無しになってしまいます。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットの時間帯は夕方が効果的|特に筋トレは

ダイエットを効果的に行うのなら、筋トレは重要です。

筋トレを効果的に行うには、夕方の時間が良いです。

交感神経が活発に動き出す時間帯は、16〜19時です。

その時間帯に、筋トレを行うのが効果的です。

逆に、21時以降に行うと、交感神経が活発になってしまい、良い睡眠ができなくなる可能性があります。

 

朝の食事をする時間は、6〜7時。

朝起きて、すぐの時間は、エネルギー不足の状態です。

この時間に、食事からエネルギーを取り、日中のエネルギー消費に備えるのが、良いです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました