ダイエット

ダイエットの昼抜きは太る!1日2食の効果は?

ダイエット 昼抜き 太るダイエット

ダイエット 昼抜き 太る

ダイエットではカロリー摂取量を減らすのは基本です。

そのため、昼抜きダイエットを実践している人も多いでしょう。

 

しかし、「朝抜きとどっちがいいの?」「そもそも効果がある?」

などの疑問を持ている人もいるのではないでしょうか。

 

 

そこで、この記事では、以下のことを紹介していきます。

・ダイエットで昼抜きは太るはウソ

・ダイエットの昼抜きと朝抜きはどちらがいいのか

・昼抜きダイエットを成功さえるためには大切なことがある

 

この記事を読んでいただければ、上手に昼抜きをしてダイエットができます。

 

 

 

ダイエットで昼抜きは太るは本当?

ダイエット 昼抜き 太る

ダイエットで昼抜きをすると、太るという人がいますが、それはウソです。

なぜなら、昼抜きをすると、効率的に摂取カロリーを減らせるからです。

 

 

ダイエットで必要なことは、いかに摂取カロリーを減らして、消費カロリーを増やすか。

昼抜きをすれば、摂取カロリーを1食分まるまる減らせるので、すごく効率的です。

誰が考えて明らかですよね。

 

 

つまり、昼抜きをして太る、というのはウソといえます。

そして、昼抜きをすると、効果的にダイエットを成功させられるのです。

ただし、その反動的な食事をしなければです。

昼抜きをしても、そのあとで、過剰な食事をとってしまうと、その反動に太ることがあり得ます。

 

 

 

ダイエットの昼抜き|1日2食のおすすめは昼抜き?それとも朝抜き?

ダイエット 昼抜き 太る

 

食事抜きダイエットには、主に昼抜きと朝抜きがあります。

どちらが有利なのか、効果的なのか、気になるのではないでしょうか。

ここでは、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

 

 

ダイエット|昼抜きは太る?

昼抜きダイエットのメリットで一番大きいのは、カロリーの摂取量を減らせること。

 

通常3回する食事をなくしてしまうので、単純に3分の1のカロリー摂取量を減らせるのです。

例えば、3回の食事で1800kcal摂取していたなら、600kcalをカットできます。

すごく大きいですよね。

50kgの人が3時間程度ウォーキングするのに相当します。

 

 

また、お昼ごはんを食べた後は、眠気に悩まされませんか。

眠気が起こると活動的に動けないので、ダイエットもしにくくなります。

 

しかし、昼抜きダイエットなら、この現象を防げるので、

フルに活動してカロリーを消費しやすくなります。

 

 

一方、昼抜きダイエットにはデメリットも。

それは、食事をしない時間が長時間になることです。

人によっては、12時間以上も食事ができない状態になるでしょう。

これが問題です。

 

 

実は、長時間食事ができずに強い空腹を覚えると、身体が飢餓状態と危険を感じます。

すると、身体はエネルギーの消費量を、抑えるようになるのです。

つまり、痩せにくい体質にしてしまう恐れがあるのです。

何かのはずみで、太る可能性をはらんでいます。

 

 

 

ダイエット|朝抜きは太る?

朝抜きダイエットのメリットは、やりやすさです。

朝は忙しかったり、食欲がなかったりするので、自然と抜くことができます。

食事を抜くのはストレスがかかることです。

しかし、自然と食事を抜けるので、ストレスを覚えることなくできますよね。

 

 

ただし、デメリットもあります。

それは、朝から栄養不足になること。

寝ている間は栄養摂取ができないので、朝は身体が最も栄養を欲しているときです。

しかし、そこで栄養が摂取できないので、脳や身体に大きな負担を強いることになります。

 

 

 

ダイエットで昼抜きを成功させるために大切なこと

ダイエット 昼抜き 太る

 

昼抜きダイエットにはデメリットがありますが、

ここで紹介するポイントを押さえれば問題なくできます。

ここでは、いくつか大切なポイントを紹介していきます。

 

 

1つ目は、朝食をしっかりと摂ることです。

昼抜きダイエットは、朝食べて次の食事までに時間が空きます。

そのため、朝の食事はしっかり目にとることが大切なのです。

 

 

例えば、毎朝パンや白米を食べた後に、グラノーラを食べるのがおすすめ。

グラノーラは食物繊維が豊富に含まれているので、腹持ちがよく空腹を抑えられます。

しかも、ビタミンやミネラルなど、ダイエットに不足しがちな栄養素も摂取できます。

ぜひ、昼抜きの際は、朝食の仕上げに食べてみてください。

 

 

2つ目は、おやつを上手に食べること。

おやつを目の敵にする人がいますが、昼抜きには良い点もあります。

おやつを少し食べることで、空腹を感じにくくできるのです。

空腹がひどくなると、過食(太る)の要因になります。

しかし、おやつを食べておくことで、これを防げるのです。

 

 

もちろん、おやつを食べるときは、時間や量を決めるのが大切。

ルールを事前に決めて、食べるようにしましょう。

これで、昼抜きのデメリットを解決できます。

 

 

 

まとめ

昼抜きダイエットは、太るどころか痩せられます。

朝抜きと比べても効果的です。

しかし、成功させるにはポイントもありますので、準備してから行うようにしましょう。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました