ダイエット

ダイエットの副作用?サイン?頭痛・肌荒れ・筋肉痛・眠い・下痢

ダイエットの副作用ダイエット

ダイエットをすすめていく中で、色々な副作用が表れることがあります。

ダイエットの副作用は、いきすぎた食事制限等の副作用かも知れません。

もしも、頭痛などの変化が体に表れたときには、少し注意をして、ダイエットをした方がいいです。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットで頭痛がひどい

ダイエットで頭痛がひどい

ダイエットをしていく中で、頭痛がひどい状態になるようなら、糖質制限のしすぎの可能性があります。

あまり頭痛がひどいようならば、もしかすると、危険な状況なのかも知れません。

 

食事制限をして、低血糖を起こしているのかも知れません。

低血糖によって、脳がエネルギー不足を起こしている状態です。

 

そんな時は、糖分を補給してください。

頭痛薬を飲んでも効かないかも知れません。

ひどくなると、疲労感や動悸や震えが、次にくるかも知れません。

 

取りあえず、その様な状況になったら、糖質制限は中止して下さい。

一旦、糖質制限は中止して、栄養バランスの取れた食事をするべきです。

もし、筋トレなどで基礎代謝を上げる事をせずに、糖質制限だけをやり過ぎていると筋肉も減少してしまいます。

ご注意下さい。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットで肌荒れ!原因は脂質かも

ダイエット 肌荒れ

脂質制限をやり過ぎると、肌荒れを起こすことがあります。

栄養が偏っているのです。

糖質や脂質を抑えているのに、ニキビなどの肌荒れになる事はないと、思っている人がいます。

しかし、栄養が偏った食生活をしていると、ニキビや肌荒れを起こしてしまいます。

 

肌荒れの原因は、食物繊維の不足なのかも知れません。

また、脂質も同様です。

脂質がなさ過ぎると、皮脂の分泌が減少してしまいます。

その結果、皮膚は、皮脂が守ってくれないために、水分が蒸発してしまい、皮膚が荒れてしまいます。

 

脂質以外にも、ビタミンやタンパク質も重要で必要な栄養素です。

一定量のビタミンが不足すると、肌は荒れてしまいます。

また、タンパク質は、体の細胞を作る元となる栄養素です。

タンパク質が不足すれば、新しい皮膚も生まれてこなくなってしまいます。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットで筋肉痛!筋トレが効いている!

ダイエット 筋肉痛 効いてる

ダイエットをするには、筋トレは必ずすべきなんです。

しかし、筋トレをしていくと、筋肉痛がやってきます。

筋肉痛で、筋トレを休みたくなってしまいます。

しかし、筋肉痛は、ダイエットが進んでる証拠です。

そこで、やめてしまうと、折角の筋トレが無駄になってしまいます。

 

筋肉痛で辛い部分以外のトレーニングをして、続けた方が良い結果が出ます。

辛い部分のトレーニングを無理にすすめても、不十分になってしまいます。

 

筋トレをしていると、筋肉痛になる可能性はありますが、トレーニングの後に、ストレッチをすることで、筋肉痛になる可能性を抑えることが出来る可能性があります。

ですので、筋トレの後には、ストレッチを習慣づけた方が、筋トレの継続をしやすくなります。

 

 

スポンサーリンク

ダイエット中の下痢

ダイエット 下痢 脂肪

ダイエットで下痢をすると、体重も減るかも、と思う人がいます。

脂肪も減るかもと思うようです。

しかし、ダイエット中の下痢は、喜ぶことではありません。

下痢は経験があると分かるように、水分も体から減少してしまいます。

 

水分は、体の健康維持に必要です。

水分不足になれば、脱水症状になってしまいます。

下痢をしていれば、栄養の吸収も不十分になります。

健康に害が出る不安も出てきます。

 

下痢になってしまったら、植物繊維や乳酸菌を取って、体の調子を整えることです。

状況が改善しなければ、ダイエットをやめてみた方が良いかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

ダイエット中に眠くなる

眠い

眠い

ダイエット中に、眠くなるのは、糖質制限のやり過ぎの可能性があります。

糖質制限をやり始めた当初は、体重が減っていきます。

その状態が続いていくと、眠くなってしまいます。

そんな時には、糖質制限をいったん中止すれば、改善する可能性があります。

しかし、それでも改善が見られない場合は、ビタミンB1を摂取することをおすすめします。

糖質制限を中断したときに、消費しきれない糖質が体内で脂肪に変わることを予防してくれる働きがあります。

 

ダイエットの成功は停滞期と副作用を知ることから

ダイエットの停滞期が長い|いつまで?チートデイは有効?

タイトルとURLをコピーしました