ダイエット

ダイエットは果物で!梨が超おすすめ!ジュースにしてもよい

スポンサーリンク
ダイエット 果物 梨ダイエット

この記事では、以下のことを詳しく解説していきます。

ダイエットには果物がいい

・ダイエットするならぶどうや梨がおすすめ

・毎日食べるのが難しければ果物ジュースを飲む

 

ダイエットとはいえ、美味しいものを口にしながらしたくないですか?

そんな願望がある人は、果物を食べながらダイエットしてください。

「果物なんて食べたら太るのでは…」

そんなことはありません。

 

この記事を読んでいただければ、果物でダイエットがスムーズに進みますよ。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットに果物がおすすめ?

ダイエット 果物 梨

 

ダイエットには、果物を食べるのがいいです。

 

ダイエットに果物が良い理由は、果物にはビタミンやミネラル、

食物繊維、酵素などの成分が豊富に含まれています。

 

果物の有効な成分は、ダイエットの強い味方。

果物を食べれば、ビタミン・ミネラル・食物繊維・酵素などの成分が摂取できるので、ダイエットがしやすくなるのです。

 

一方で「糖分やカロリーが高いので、太りやすいのでは…」という声もあるでしょう。

確かに、果物によっては、ダイエットに不向きなものもあります。

しかし、「果物=太る」と決めつける必要はありません。

 

痩せるのに有効な成分を豊富に含んでいる果物を見つけて、

ぜひ毎朝、果物を食卓に並べてください。

痩せやすい食生活の始まりです。

 

 

 

スポンサーリンク

ダイエットにいい果物ランキングは目的で変わります

ダイエット 果物 梨

 

ダイエットに果物を使うなら、ぶどうや梨がおすすめです。

ここでは、ダイエットに果物(梨など)が良い理由を紹介していきます。

 

ダイエットに効果がある低カロリー低糖質ならランキング1位は「梨」

ダイエットに低カロリー低糖質を求めるなら、ランキング1位は、「梨」です。

梨の成分を知っていますか?

何と、約9割が水分で作られているのです。

つまり、「超」がつくほど低カロリー。

 

りんごは100gあたり、約60kcalなのに対して、梨は約45kcal。

梨なら、約30%もカロリー摂取量をカットできるのです。

 

ちなみに、梨は他の果物と比べて、糖質も比較的少ないのも特徴。

例えば、梨は100gあたり、10.4gです。

 

一方、りんごは14.1g、パイナップルは12.5g、バナナに至っては、21.4g。

もちろん、個体によって差はあります。

それでも、梨であれば、バナナのように、一気に糖質を摂取してしまうリスクは少なくできますよね。

つまり、安心してダイエットができる果物、ということです。

 

 

ダイエットでポリフェノール効果を期待するならランキング1位は「ぶどう」

ダイエットでは、ぶどうといっても、紫のぶどうがおすすめです。

その理由は、ぶどうポリフェノールが豊富に含まれているから。

ポリフェノールとは、老化を進行させる酸化物質を除去する働きを持っています。

 

酸化物質が内臓をサビさせたり、血管を硬くしたりすることで、老化は進行していきます。

すると、代謝が落ちていくので、太りやすい体質になっていくのです。

ぶどうには、この進行を遅らせる効果があるので、ダイエットに有効な果物なのです。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットで果物を食べるなら朝がベストのタイミング

ダイエットによい果物でも、食べるタイミングによっては、効果の具合が異なります。

果物の一番のメリットは、次の通りです。

  1. 簡単に食べられる事
  2. 豊富な栄養が取りやすいこと
  3. 糖質が日中活動することでエネルギーとして消費されやすいこと
  4. 消化が早いこと
  5. 食物繊維が豊富でデトックス効果がでやすいこと

 

朝に果物を食べることで、1日の活動エネルギーを取りやすく、便秘の改善、等が期待できます。

結果的には、ダイエットにも良いということです。

朝、目覚めたときには、昨夜の夜ご飯以降に、食べていなければ、糖質不足になっているはずです。

朝に、消化されやすい果物の糖分を取ることで、脳が必要とする栄養素を補充できますので、朝のボンヤリした状態から早く脱出できることが期待できます。

朝から、集中力アップできるということです。

 

 

スポンサーリンク

ダイエット中に果物を夜食べるのはやめた方がいい

夜ご飯の後は、身体を休める時間です。

朝は、1日の活動が始まる時間です。

朝にこそ、果物がダイエットに向いているのは、栄養があり、消化が早くて、糖質が朝不足している状態から早く脱出できるからです。

糖質が増えたとしても、日中の活動で消費しやすいからです。

 

しかし、夜の時間帯は、朝との真逆の時間です。

これから、寝ようとする時間帯に、血糖値が上がったのでは、身体は脂肪としてため込んでしまいます。

ですから、夜に果物を食べてしまうと、ダイエットと真逆の方向に進んでしまいます。

 

 

スポンサーリンク

低糖質(炭水化物)ダイエットをするなら果物が最適

低糖質ダイエットといえば、炭水化物抜きダイエットです。

つまり、ご飯や麺類などの炭水化物をなるべく食べないというダイエットです。

経験者はお分かりと思いますが、炭水化物ダイエットをする事で、食物繊維が不足してしまいます。

食物繊維も人の身体を健全に維持するために、必要な栄養素です。

食物繊維が不足すると、ご存知の通り、便秘を起こしてしまいます。

 

果物の多くが、低糖質な食品です。

しかも、食物繊維が豊富です。

ただし、夜にたくさんの果物を食べてしまっては、低糖質とはいっても血糖値が上がってしまいます。

朝の食事で、低糖質で、食物繊維が豊富で、ビタミンが豊富な食品を食べることは、ダイエットにとても有効です。

 

スポンサーリンク

ダイエットに果物スムージーかジュースも良い

ダイエット 果物 梨

 

毎日食べるのが難しければ、果物スムージかジュースを飲んでください。

 

ダイエットに果物がよくても、「毎日は食べられない」こんな人は多いですよね。

果物って値段が高かったり、食べるのに手間がかかったり、毎日はなかなか難しいもの。

そこで、果物スムージーかジュースを飲むのがおすすめです。

 

果物スムージーかジュースであれば、スーパーやコンビニに行けばお手ごろな価格で簡単に手に入ります。

しかも、多くの場合、パックから飲むだけなので、手間もかかりません。

 

 

もちろん、品質や味にこだわるのであれば、少し高い果物スムージーかジュースでもいいでしょう。

いずれにしても、毎日食べるのが難しい果物が、スムージーかジュースなら簡単に摂取できるようになるのです。

ダイエットは毎日の継続が何よりも大切です。

 

果物をスムージーかジュースで摂取することで、毎日の負担が少なくて済み、安心して続けられますよ。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

果物はダイエットに効果的です。

痩せるのに必要な栄養をたくさん摂取できます。

もし、毎日食べるのが難しければ、ジュースにすれば問題解決。

ぜひ、果物の習慣を作ってみてください。

 

 

ダイエットの食事に関する成功の秘訣

ダイエットでフルーツを選ぶ|OKとNGがあります

タイトルとURLをコピーしました