ダイエット

ダイエットでリバウンドなしに成功させるリバウンドしない方法!

ダイエット リバウンドしそうダイエット

ダイエット リバウンドしそう

女性の多くは、ダイエットに強い関心を持っていて、

実際に減量を試みた方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、ダイエットをしたことがある方の

約60%はリバウンドによって、

元の状態に戻って苦労を台無しにしてしまっています。

 

あまり知られていませんが、

リバウンドにはいくつか原因があるので、防ぐことができるのです。

そこで、当記事では、ダイエットでリバウンドしそうな時に注意することについて、紹介します。

 

 

ダイエットでリバウンドなしに成功させるには

ダイエット リバウンドしそう

 

具体的にリバウンドする原因には、

厳し過ぎる食事制限や運動、短過ぎる目標などがあります。

 

つまり、数週間のダイエットではなく、

3ヶ月以上の長い期間で計画的に行うことです。

計画的に、減量すればリバウンドしにくくなるのです。

 

あまり急激にダイエットをすると、

身体は非常事態と判断して、リバウンドしそうになるのです。

 

特に、食事制限にのみ偏ったダイエット法で、ダイエットを行う場合、体には変調が起きています。

少ない食事や偏った栄養バランスで、体を維持するように変化してしまっているのです。

つまり、リバウンド直前の状況です。

 

運動を併用したダイエットをしていないことで、体重減少する中で、筋肉量も減少していると、基礎代謝も減少しています。

 

そういう状態に変化したあとで、以前の食生活に戻した場合、多くの栄養素が過分の栄養として、脂肪に変わり体に残ってしまうのです。

その結果、ダイエット以前よりも体重が増えてしまいます。

リバウンドの始まりです。

 

 

ダイエットでリバウンドするのは、急な食事制限に身体が非常事態として反応

一例を挙げれば、1ヶ月に5%以上もの体重を落とすダイエットをすると、

身体は、基礎代謝を下げて、エネルギー消費量を少なくして体重が減ってしまうのを防ごうとします。

人間の体の生命維持装置であるホメオスタシスが、体重減少という危機的状況に対応しようとするのです。

この作用はダイエットを止めても一定期間は続きます。

つまり、この時がリバウンドしそうな時です。

 

そのため、食べる量が増えたときに、

リバウンドして、元の体重に戻ってしまうのです。

 

また、極端なダイエットは、

代謝を維持するのに必要な筋肉量を落とす要因になったり、

ストレスが溜まって過食をしやすいホルモンが活発化したりします。

 

リバウンドしそうな時にこそ、

予防するためには、

結果を早期に求め過ぎることなく

長い目でダイエットをすすめていくことが大切です。

 

 

ダイエットでリバウンドさせない方法

ダイエットは、食事と運動をセットで考える必要があります。

 

食事については、以前に多すぎた栄養素以外は、減らさないことです。

体のバランスに変調を来さないようにすすめることです。

体に必要な栄養素は、意外にたくさんあります。

 

極端な食事制限は、生命を維持するための必要な容量を小さくしている状態です。

必要な容量をコップ等にイメージすると、わかると思います。

極端な食事制限は、コップの容量をどんどん小さくしていっている状態です。

 

当然、以前の食生活にすれば、小さくなったコップから溢れ出る栄養素がイメージできると思います。

溢れ出た栄養が排泄されればよいですが、食事制限をすることは、体に危機的状況を思い込ませてしまっています。

すると、排泄されずに、体は次に危機的状況があっても耐えられるように、溢れ出た栄養を溜め込もうとします。

これがリバウンドが進む原因です。

 

ある程度の食事制限をしながら、運動を併用すると、コップの容量は小さくなって行きにくいのです

基礎代謝を上げる運動です。

最も効果があるのは、筋トレです。

筋トレを続けると、筋肉量が増えます。

つまり、コップを大きくしようとします。

 

ですので、緩やかな食事制限と筋トレ中心の運動が、リバウンドを防止する方法です。

 

 

ダイエット中に運動なしだとリバウンドの可能性は高くなる

ダイエット中には、多くの人は、食事に集中したダイエットを行います。

しかし、食事制限に偏ったダイエットでは、リバウンドの可能性が高くなります。

筋トレの必要性については、前述した通りです。

 

しかし、運動なしのダイエットをすすめていますと、先に説明しましたように、人間の体は、危機的状況だと認識します。

そして、食事量が減少するという危機を乗り切るために、基礎代謝を落として、危機を乗り越えようとします。

人の体は、自動的にそうなっているのです。

 

ですから、運動なしのダイエットを続けていますと、基礎代謝が下がった状態にありますので、リバウンドしやすい状態になってしまいます。

 

 

 

ダイエットでリバウンドしそうな時!食事をしっかりとること

ダイエット リバウンドしそう

 

ダイエット中は、食事制限を少なからずしてしまいます。

しかし、リバウンド思想にならないためには、

しっかりと食事をとることが欠かせません。

 

ダイエットでリバウンドしそうな時|食事制限をやりすぎないこと

食事制限をすると摂取カロリーを効率よく減らせるので、

比較的すぐにダイエットに効果を発揮します。

 

しかし、極端な食事制限をすると

身体を作るたんぱく質が不足したり、

エネルギー不足によって筋肉が削られたりします。

 

つまり、下手な食事制限は脂肪を落とすのと同時に、

代謝を低下させて太りやすい身体に変えてしまうのです。

つまり、リバウンドしそうな体です。

そして、食事制限を止めると、リバウンドしてしまうのです。

 

 

ダイエットでリバウンドしそうな時こそ、筋肉を維持するダイエット

しかし、しっかりと食事をしながら

ダイエットをすれば、

エネルギー消費量の多い筋肉を維持しながら脂肪を落とせます。

 

また、食事がとれていれば

ストレスが溜まることがないので、

ホルモンバランスの乱れを防げてリバウンドしそうには、ならないのです。

 

ただし、しっかりと食事をするといっても、食べ過ぎを控えるようにしましょう。

 

また、食事内容は肉中心にならず、

野菜をしっかりと摂るなどバランスの良さに注意するようにしてください。

 

そうすることで、健康的に痩せられて、リバウンドしそうなリスクを下げられます。

 

 

ダイエットでリバウンドしそうな時は何度もある!目標達成後もダイエット生活を続けることが大切!

ダイエット リバウンドしそう

 

減量の目標をクリアしても、20~40日程度はダイエット中の生活を維持すれば、リバウンドしそうにはなりません。

「いついつまでに〇kg落とす」

と目標を定めてダイエットを開始しますが、

達成すればすぐに元の生活に戻してしまう方がいます。

 

しかし、すぐに以前の生活に戻すと、食べ過ぎをしてしまいやすいのです。

それは、リバウンドしそうなリスクある状態です。

 

 

ダイエットでリバウンドするのは、食事量がへると満腹ホルモンも減るから

ダイエット中は食事量が減ることに伴って

満腹ホルモンの分泌も減っています。

満腹ホルモンの分泌によって、満腹が感じにくい状態になっています。

 

そのため、急にダイエットを止めると

満腹を感じにくくなっているので、

過食気味になって元の体重になってしまうのです。

 

苦しいダイエットに成功すれば、すぐに元の食生活に戻したいと思います。

しかし、満腹ホルモンが

元の状態に戻るのには30~40日かかるといわれているので、

最低1ヶ月はダイエット生活を維持するようにしましょう。

 

そうすれば、リバウンドしそうな状態から、脱出できます。

 

 

まとめ

ダイエットは高いモチベーションが大切です。

しかし、痩せたい気持ちがあり過ぎて、極端なダイエットをしてしまいガチになります。

結果、反対にリバウンドしそうな危険性を高めてしまうのです。

 

リバウンドをしないためには、長期の目標を意識しすぎないことです。

長期の目標を意識しすぎに、日々の目標を、着実にクリアしていくことに注目することです。

ありがちなのは、例えば3ヶ月で、5キロ痩せようという目標を立てた後は、「3ヶ月で5キロ」という意識を一旦横に置口ことです。

そして、「3ヶ月で5キロ」と考えた時に、日々行うことと決めた、日々の目標達成を着実に進めていくことです。

 

日々の目標の中には、栄養バランスの良い食事を組み込んで、実行していくことが、非常に大事になります。

また、ダイエットに成功しても少しの間は、ダイエット中と変わらない生活を続けることにも注意してください。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました