ダイエット

ダイエット中に酒のおすすめは焼酎かウイスキー!ビール・日本酒は太る

ダイエット 酒ダイエット
ダイエット 酒

この記事では以下のことを紹介していきます。

・お酒をやめるだけでダイエットに効果的な面もある

・太るのは、カロリーではなく糖質、だから種類に注目すべし

・お酒を飲みながらダイエットするならアプリに頼るのがいい

 

お酒を飲むと太るって聞いたことありませんか?

ビールを飲んで出た腹って、ビール腹っていいますよね。

では、お酒をやめたら、ダイエットに効果的なのか、気になりませんか?

 

この記事を読んでいただければ、お酒を飲みながらダイエットができるようになりますよ。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットと酒|太る原因はアルコールではなく糖質

酒 ワイン

酒 ワイン

 

結論からいって、ダイエットとお酒をやめることに、直接関係はない場合があります。

 

つまり、お酒をやめても、ダイエットによい影響を与えられるとは限らないのです。

その理由は、実はお酒には太るような成分が入っていない場合があるから。

 

アルコールのカロリーは吸収されない

お酒には、1gあたり約7kcal入っているといわれています。

 

例えば、アルコール度数10%のお酒を1000ml(中ジョッキで2~3杯)飲むとします。

すると、1000ml×10%×7kcal=700kcalです。

一見すると、軽くカロリーオーバーとなります。

 

でも、アルコールのカロリーは身体に吸収されていかないんです。

「エンプティカロリー」といって、栄養素が全く含まれてないのです。

 

つまり、お酒は、脂肪が身体に溜まる原因にならない場合があるということ。

もし、ダイエットのためにアルコールの摂取を控えようとしている人は、期待通りの効果が得られません。

 

太る原因は糖質!ダイエットの注意ポイント

カロリーが太る原因でないのなら、何が原因なのか。

それは、”糖質”にありました。

 

酒で太る人の特徴は、ビールやワイン、梅酒、日本酒など、糖質の高いお酒を飲んでいること。

アルコール自体に含まれるカロリーは、身体に溜まらないので、太りません。

 

しかし、糖質は身体に余ると、脂肪になって身体に溜まっていきます。

そのため、糖質の高いお酒を飲んでいる人は、お酒をやめることが、ダイエットにつながります。

もし、糖質を含むお酒を飲んでいる人は、そのお酒を控えるようにしましょう。

すると、少しずつビール腹が引っ込みやすくなりますよ。

 

スポンサーリンク

ダイエット中の酒好きは蒸留酒にせよ!おすすめ!

 

ダイエット中でも飲んでいいお酒の種類は、ズバリ「蒸留酒」です。

 

ウイスキー・焼酎には糖質がない

例えば、ウイスキーや焼酎、ウォッカなど。

これらのお酒は、糖質が含まれていないので、ダイエット中でも楽しむことができます。

ただし、注意点は、ロックや水割りなどで飲み、糖質を加えないこと。

 

糖質で甘味などを加えると、お酒自体に糖質がなくても、摂取してしまうことになります。

ちなみに、おすすめは柑橘系や炭酸水で割ること。

 

炭酸水で割れば代謝がアップする

代謝がアップするので、ダイエット効果が期待できるようになるのです。

さらに、炭酸水なら、胃が膨れるので、おつまみの量を抑える効果もありますよ。

飲んでる時のつまみには、糖質や脂質の多い食品が多いです。

 

 

スポンサーリンク

ダイエット中に酒をのむならアプリに頼る

お酒を飲みながらダイエットするなら、アプリに頼るのがおすすめ。

 

ダイエットは、毎日の食生活を管理することが欠かせません。

アプリを使えば、簡単に管理ができるようになるのです。

スマホアプリが優れているのは、料理の写真を撮るだけで、献立が認識されます。

 

そして、カロリーやお酒の量などがグラフ化されて、視覚的に「今」が把握できるのです。

これによって、カロリーオーバーになるのを防ぎやすくなるのです。

 

酒以外の太る原因は「つまみ」

特に、お酒で太ってしまう原因の1つは、お酒ではなく「おつまみ」。

高塩分だったり、揚げられていたり(高脂質)して、ダイエットの大敵揃いです。

これらも写真をしっかり撮ることで、食べ過ぎを防げるのです。

お酒を飲む人は、蒸留酒であろうが、アプリを利用しましょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

お酒を控えても、ダイエットに影響を与えない場合があります。

ダイエットに影響を与えるのは、お酒の種類やおつまみなど。

お酒を飲みながら、アプリを使って賢くダイエットをするようにしましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました