ダイエット

野菜スープダイエットで効果をあげるには!作り置き冷凍で継続!

野菜スープダイエットダイエット

ダイエットに効果的な野菜スープです。

毎期作るのは、野菜スープは、手間がかかって大変です。

野菜スープを作り置き冷凍すれば、冷蔵するよりはるかに日持ちします。

かつ美味しく続けやすいという、ダイエットメニューです。

 

ダイエット効果をあげるには、普段の食事に、野菜スープを加えることです。

野菜スープダイエットで、摂取カロリーや空腹感などの悩みを解消します。

ダイエットをスムーズに進められるようになるのです。

 

この記事をご覧いただければ、

野菜スープでダイエットを成功させやすくなります。

 

ダイエットで悩みを持っている方はぜひご覧ください。

 

 

野菜スープダイエットで効果をあげるには!作り置き冷凍!

野菜スープ ダイエット 効果をあげるには

 

ダイエットに、良さそうだと思いつつ続かない。

 

それは、ダイエットメニューを作るのに、毎回手間がかかることも原因しています。

野菜スープもダイエットに効果的なことは、よく知られています。

でも、野菜スープは都度準備をしてから作るのでは、なかなか続きません。

ですので、ダイエット効果が出にくくなってしまいます。

 

そこで、毎日野菜スープが取れるように、作り置きをし、冷凍するのです。

そうすれば、毎日の食事で野菜スープがとりやすくなり、継続できるようになります。

野菜スープダイエットで効果をあげるには、毎日食することが重要です。

 

 

そこで、「野菜スープの作り置き冷凍」の方法をおすすめします。

野菜スープは、冷蔵の場合であれば3〜7日が限度とされています。

また、衛生上のリスクがあるので、野菜スープを食べるときだけではなく、毎日火を通すべきなのです。

 

しかし冷凍保存なら、野菜スープは2〜3週間の保存が可能とされています。

<野菜スープの作りおき冷凍保存の方法は簡単>

  1. まず当然ですが、大きめの鍋にたくさんの野菜スープを作ることです。
  2. スープができたら、粗熱をとってください。
  3. ジップロックに、1食分ずつ小分けにします。そして冷凍し、好きなときに温めて食べる。

 

<大きいジップロックしかない場合>

  1. 同じように野菜スープを作り、大きいジップロックに、入れてください。
  2. 冷凍するときは、平にしておいたほうがいいです。
  3. 完全に冷凍する前にとりだして、1食分ずつに割れ目をつけます。
  4. 半冷凍状態でないと割れ目がつかないです。
  5. 割り箸をぐっと押し付けるなどして割れ目をつけてください。
  6. 食べるときは、割れ目で割って温めて食べる。

 

野菜スープを保存する際の手間は、少しかかりますが、食べるときが楽なので、続けやすいです。

 

 

野菜スープダイエットは効果があるのか?

野菜スープ ダイエット 効果をあげるには

どのダイエット法を、試してもうまくいかなかった方もいると思います。

野菜スープダイエットがいいと聞いても、疑ってしまうと思います。

 

野菜スープダイエットは、痩せるためのさまざまな効果があるので、効果的に痩せられるのです。

いくつか主だった効果を詳しく解説していきます。

 

 

低カロリー

野菜スープダイエットといえば、低カロリーなことが挙げられます。

 

野菜スープに入れる具材は、もちろん「野菜のみ」。

入れるのは、キャベツやタマネギなどだけで、カロリーの高いお肉類は入れません。

そのため、カロリー摂取が抑えられて太りにくくできます。

 

また、野菜には満腹中枢を刺激してくれる食物繊維が豊富に含まれています。

野菜だけでは、物足りないと感じるかも知れません。

案外、食物繊維が胃にどっしりと残るので満足感を得られるのです。

 

さらに、野菜スープは全体的に低カロリーです。

なので、食べたいだけ食べても、カロリーをほとんど気にする必要がありません。

 

そのため、ダイエットの大きな妨げとなる、食べたいストレスを抑えられます。

ダイエットが続けやすくなります。

 

 

温かいスープで代謝がアップ

野菜スープで、効果をあげるには、基本的に温めて食べます。

すると、体温が上がって代謝がよくなるので、ダイエットがしやすくなるのです。

 

体温は1度上がるだけで、基礎代謝は13~15%も上昇します。

基礎代謝とは何もしなくても、消費されていくエネルギーのことです。

 

つまり、基礎代謝を高めることで、痩せやすい身体が勝手に作られていくのです。

 

一度体温を測ってみてください。

健康的な方は、体温が36.5~37度程度あります。

健康的な方の体温よりも、低い方は野菜スープダイエットの効果が、出やすいでしょう。

現代人は、不規則な生活などによって、体温が低くなってきています。

温かい野菜スープを飲むダイエットは、すごく期待できるのです。

 

 

ダイエットに有効な栄養素をまとめて摂れる

野菜スープダイエットでは、さまざまな栄養を摂取できます。

ですので、ダイエットがスムーズになります。

例えば、ダイエットにはビタミンB群の摂取が欠かせません。

 

ビタミンB群は、代謝をサポートする栄養素です。

しっかりと摂取することで、代謝をよくできます。

 

また、食物繊維は満腹中枢を刺激します。

そして、デトックス効果も期待できます。

 

身体の老廃物をしっかりと排出します。

そして、邪魔者がいなくなるので、細胞が活発に動くようになるのです。

 

すると、基礎代謝がよくなって痩せやすい体質になるのです。

[itemlink post_id=”761″]

 

 

野菜スープダイエットで効果をあげるには素材が大事?

野菜スープ ダイエット 効果をあげるには

 

野菜スープダイエットにおすすめの食材は、低カロリー・低糖質の食材です。

その中でも、キャベツやタマネギ、ピーマン、トマトなどがとくにおすすめです。

キャベツは食物繊維が豊富なので、満腹中枢が刺激できて食べ過ぎを抑えられます。

 

 

タマネギは、血行促進効果で代謝をアップしてくれます。

ピーマンやトマトにはビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCは、細胞のダメージを修復する作用があります。

代謝を維持してくれるのです。

また、ビタミンCを摂取できれば、ダイエット中の肌荒れ予防にも効果的。

 

一方、コーンや根菜類などの糖分を、多く含んだものは、控えるようにするとよいでしょう。

 

 

野菜スープダイエットの注意点

野菜スープダイエットの注意点

 

野菜スープダイエットは、さまざまな効果やメリットがあります。

しかし、注意点もあります。

 

野菜スープは、満腹まで食べられます。

ですので、野菜スープだけで、すましてしまいがちです。

しかし、野菜スープだけでは、炭水化物やたんぱく質が不足してしまいます。

 

炭水化物やたんぱく質が、不足すると筋肉量が落ちます。

その結果、太りやすい身体になってしまいます。

 

3食すべて野菜スープにするのではなく、1食はしっかりと食事を摂るようにしてください。

そうすることで、健康的でキレイなまま、ダイエットが可能になります。

 

 

まとめ

 

野菜スープはダイエットに有効です。

 

満腹まで食べられるのに、カロリーが抑えられたり、代謝を高められます。

夢のような効果が、たくさんあります。

また、味も変えることで飽きることなく、続けられます。

何をしてもダイエットが続かないという方は、野菜スープでダイエットしてみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました