ダイエットの停滞期が長い|いつまで?チートデイは有効?

ダイエットを開始して順調だったはずなのに、体重管理のグラフが横ばいになり、停滞期になってしまう。

多くの方が、ダイエットの停滞期を経験します。

なぜ停滞期が起きるのかが、気になります。

そして、長い停滞期に入ると、ダイエットの継続が危うくなります。

停滞期がいつまで続くのか?

チートデイを聞いたことがあるが、有効なのかも気になりますね。

 

 

ダイエットの停滞期はなぜ起きるのか

ダイエット 停滞期

ダイエットの停滞期は、なぜ起きるのか?

それは人間の体にもともと備わっているホメオスタシス機能が作用するからです。

ホメオスタシス機能とは、人間が生きていく中で起きてくる危機的な状況を回避しようとする機能です。

 

ダイエットの場合は、体重の減少によってホメオスタシス機能が起動します。

それは、体が危機的な状況を察知したからです。

ホメオスタシス機能が作用すると、少ない食事で体を維持しようとします。

それは食事をとったときに、最大限にエネルギーを吸収しようとしますし、基礎代謝を減らそうとします。そして、

少ない摂取エネルギーでも、体を維持しようとしますので、体重は減らなくなるのです。

 

ダイエットの停滞期が長い

ダイエット停滞期

ホメオスタシス機能は、体重の5%が減少した頃に、作用し始めます。

ですので、ダイエットを開始した当初は、体重が減少したのに、停滞期に入ってしまった感を感じることになります。

 

この作用がいつまで続くのかは、個人差があります。

停滞期を一定期間過ぎた後に、ホメオスタシス機能は作用することをやめます。

しかし、その間の食事の仕方や運動の程度などによって、違いがありますので、人によっては非常に長く感じる可能性があります。

あくまでも、一つの目安としては、1ヶ月は続く可能性があります。

 

しかし、適度な運動をしない場合は、それ以上に続く可能性があります。

長い人の場合、1年2年というケースもあるようです。

食事制限のみに頼ったダイエット方法では、その可能性が大きいです。

 

また、長い停滞期の中で、気を許してしまい、糖質や脂質を多めに取ってしまうと、すぐにリバウンドしてしまう可能性もあります。

理想的なダイエット方法としては、食事制限によるダイエットだけはなく、適度な運動の併用が必要です。

無酸素運動を行った後に、有酸素運動を行うことで、停滞期は案外短く過ぎていきます。

 

 

ダイエットの停滞期にチートデイは有効なのか?

ダイエット チートデイ

食事制限中心のダイエットでは、糖質制限にしても、脂質制限にしても、「食べない」ことが、必須になりますので、ストレスを起こしやすい状況になります。

糖質制限を続けていく内に、停滞期に入り、体重減少をしなくなって日にちが経過していくと、食べないことのストレスが貯まっていきます。

 

そんな時に、「チートデイ」を行うと良いとする説があります。

確かに、チートデイをもうけるのは、一定の合理的なメリットがあります。

 

一番は、制限によって食べていないことのストレスを軽減することです。

停滞期には、毎日体重をチェックしても、変動無しであったり、微妙に増えていたりを繰り返しています。

「食べていないのに、なぜ体重が減らないのか」「いつまで続くのか」という思いは、ストレスになって貯まっています。

チートデイに、一定の食事量を、自分に解禁することで、食べない事のストレスが軽減する効果はあります。

 

また、停滞期は、ホメオスタシス機能が体の危機状態を回避しようと作用している状態ですので、この体の状態を、ごまかすという効果もあります。

1週間か2週間に1度のチートデイを設定しておくことで、体が危機状態=飢餓状態であると認識していることごまかすことに成功する可能性があります。

 

ただし、注意しておくことがあります。

1週間か2週間に、1度のチートデイを決めて、スタートしたはずです。

しかし、食事制限という「ガマンしている状態」が続いた後に、チートデイで食事を取りますので、「ガマン」が崩壊してしまうリスクがあります。

つまり、次の日もまた「食べたくなってしまう」事です。

 

気がつくと、なし崩し状態で、ダイエットをしていたことが、台無しになってしまい、食べたい欲望に流されてしまう可能性があります。

自分のガマンしている食欲を、押さえ込める意志がないと難しいかも知れません。

自分に対して、言い訳をしたり、理由をつけて翌日も食べてしまい後悔をしてしまうかも知れません。

 

 

ダイエットの停滞期は何回くるのか

ダイエット 停滞

ダイエットの停滞期は、何回くるのか、気になりますね。

停滞期の回数は、個人差が大きく影響します。

食事方法や運動量、など様々な要因が影響するからです。

 

停滞期がないという人もいる反面、2回目3回目という人もいます。

多くの場合は、食事方法と運動を併用しているかいないかに、影響されているように思われます。

 

極端な食事制限をしていなくとも、栄養バランスの取れた食事を取り、毎日30分以上の運動を繰り返している人には、停滞期は起こりにくいのです。

逆に、様々な食事制限方法にチャレンジし、リバウンドを繰り返していると、どんどん痩せにくい体の状態ができてしまいます。

そうなると、何回停滞期がくるのかは、予想がつきません。

 

中には、摂取カロリーを無くするのが効果があるとして、「断食」を取り入れる方もいます。

しかし、一時的には、停滞期から脱出し体重減少をしていきますが、継続できることではありません。

 

まとめ

食事制限中心のダイエットでは、一時的に体重減少ができます。

しかし、体重の5%を超えた辺りから停滞期に入ります。

 

そして、あるときに、気が緩んで、たくさん食べてしまうことで、一気にリバウンドしてしまいます。

リバウンドや停滞期に、影響されずに、ダイエットをして適正な体重を管理しようとするならば、やはり無理な食事制限をアレコレと試すよりも、毎日30分以上のウォーキングやジョギング、あるいは自転車等により、有酸素運動を行うことです。

そして、抑えめの食事をすることで、基礎代謝が減少することを防止するために、自宅でもできるスクワット等の筋トレを行うことです。

 

運動無しのダイエットでは、停滞期もなかなか脱することはできません。

また、常にリバウンドのリスクがあります。

やはり、運動と食事を併用したダイエットが、最も有効なダイエット方法です。