ダイエット

ダイエットの停滞期|期間脱出方法は?過ごし方はどうすれば良い

ダイエット 停滞期 期間ダイエット

ダイエットの停滞期はいつ始まるのか?

停滞期がない人って、いるのだろうか。

ダイエットの停滞期に入ってしまったとしたら、どうすれば脱出できるのだろう。

停滞期が長くならないうちに、早く脱出できるように、やるべき事は何だろう。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットの停滞期の期間はいつ

ダイエット 停滞期 期間

ダイエットの停滞の期間は、個人差があります。

明確な目安は無さそうです。

体質や体格の違いも違いもあります。

停滞期の期間がいつから始まるかといえば、良く言われるのは、体重の5%を越えると、期間が始まると言われています。

 

ダイエット停滞期はどれくらいの時期に始まる

ダイエットを始めて、数日から1週間ほどで停滞期になる人もいます。

数日で停滞期ということは、ダイエットを始めてからほとんど体重が減らないということ状態ですね。

ただ一般的には、ダイエットを始めてから、1ヶ月くらいがダイエット停滞期の始まりです。

もしいきなり停滞期に入ったと感じるのであれば、急激な食事制限で、ホメオスタシス機能が発動してしまったのかも知れません。

 

 

ダイエット停滞期は1ヶ月から?3ヶ月続くという説も

ダイエットの停滞は、ホメオスタシス機能が発動することで始まります。

ホメオスタシス機能の発動の目安とされるのは、1ヶ月で体重の5%を超える体重減少があったときです。

ですから、ダイエットを食事制限だけでやり始めて、体重が減少し始めて、5%を超えた辺りで、体重減少が止まる状態になります。

それが停滞期の始まりです。

 

そして、停滞期の期間は、個人差があります。

いつまで続くのかは、体格や体質、そして、食事や運動など、様々な事が複合的に関係するので、期間は3ヶ月ではなく、もっと長く続くという人も多いです。

何をしても、体重が変わらず、停滞期が長引く人も少なくありません。

 

 

ダイエットの停滞期がない人もいる

実は、正しい知識を持って、ダイエットを始めた人や、病院のダイエット入院でダイエットを始めた人の中には、ダイエット停滞期がないという人もいるようです。

つまり、正しい知識を持って、正しい方法で、食事と運動をコントロールして、ダイエットを進めた人には、ダイエットの停滞期は起きにくいようです。

単純に、食事を抜くとか、炭水化物を抜くなどとという食事制限にのみ頼ったダイエットを続けていますと、ダイエット停滞気にもなりやすいですし、そのあとは、リバウンドもしやすくなります。

つまり、ダイエットには、きちんとした知識が必要ということです。

 

 

ダイエットの停滞期には便秘になりやすい?

停滞期に入りやすいようなダイエットを進める人は、食事制限をやり過ぎている可能性があります。

特に、炭水化物抜きのダイエットを続けていますと、便秘になる可能性が高まります。

 

炭水化物は、糖質と食物繊維からできています。

炭水化物を抜くというダイエットをしていると、糖質が減るだけではなく、食物繊維を摂取しないことになります。

その結果、便秘になりやすい状態になるということです。

 

糖質制限をするのであれば、度を過ぎないほどにするということと、野菜や他の物で食物繊維を摂取することです。

食物繊維の摂取をしないでいると、便秘になりやすくなりますので、要注意です。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットの停滞期の脱出方法は?

ダイエット 停滞期間

残念ながらダイエット停滞期に入ってしまった場合の、脱出方法は、どうすれば有効でしょうか?

もしも、食事制限だけを実践しているようであれば、食べる量を少し戻すのもありです。

ですので、1週間か2週間に一度のチートデイを設定して、その日だけ程々に食べるのは、ホメオスタシス機能が解除される可能性があります。

 

 

ダイエットの停滞期には筋トレが脱出方法なのか

ダイエット停滞期は、ホメオスタシス機能が発動することが、原因であることを説明しました。

実際には、ホメオスタシス機能は、体重が減少し過ぎる(体重の5%を超える体重減少)ことで、命の危険を察知し、少ないエルギーでも生きていけるように、体を守ろうとします。

そのため、ホメオスタシス機能が発動すると、基礎代謝を下げようとします。

 

ですので、筋トレをして筋肉量を増やすことは基礎代謝を増やすことにつながります。

ホメオスタシス機能の基礎代謝低下を防止することになります。

ですので、筋トレは、停滞期を脱出するきっかけになります。

 

 

停滞期に普通に食べると太るので注意

ダイエットの停滞気に入っているという状態は、表面的には、体重減少が停止している状態です。

しかし、内面的には、ホメオスタシス機能により、基礎代謝が低下し、痩せにくい状態にあります。

チートデイに少しだけ食べるのは、アリです。

 

しかし、基礎代謝が下がって、痩せにくい状態・つまり太りやすい状態に、あります。

その状態では、食べ過ぎでなくとも、以前と同じ程度の食事量でも、リバウンドしてしまいます。

ダイエットの停滞期に、つい食べてしまうと太るのは、実は当然のことなのです。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットの停滞期の過ごし方は

ダイエットの停滞期は、食事制限などのダイエットをして、もしかするとちょっとした運動をしているのかもしれません。

しかし、体重が減らない。

その状況を繰り返している。

それが、停滞期です。

ですから、食事制限が中心のダイエット自体は、続けていると思います。

食事制限のダイエットをしているのに、体重計に乗っても、体重が減らない、そんな状況を繰り返しているという、負の状況がダイエットの停滞期です。

 

停滞期の過ごし方、つまりダイエットの停滞期を脱出するには、減少してしまっている基礎代謝を上げること、そして食事制限を栄養バランスを考慮した方法に、変えることです。

ダイエットは、糖質だけではなく、脂肪燃焼に対しても、考慮した内容にすべきです。

食事制限だけではなく、運動も併用するダイエットが、目指すべき方法です。

運動は、30分以上行うことをおすすめします。

20分以上の運動になると、脂肪燃焼の効果も期待できるようになります。

 

 

ダイエットの成功は停滞期と副作用を知ることから

ダイエットの停滞期が長い|いつまで?チートデイは有効?

ダイエットでリバウンドなしに成功させるリバウンドしない方法!

ダイエットはメンタルが大事!?メンタルケアで体重をコントロール

ダイエットの停滞期|なぜ起きるのか?原因を理解して対策しよう!

ダイエット停滞期は何回くるのか?停滞期脱出した人は筋トレ!

ダイエットしてるのに痩せない!理由は何?期間は

ダイエットと睡眠の関係|痩せない原因は睡眠不足にあるかも

タイトルとURLをコピーしました