ダイエット

ダイエット停滞期の期間脱出方法は?過ごし方はどうすれば良い

スポンサーリンク
ダイエット 停滞期 期間ダイエット

ダイエットを始めて体重が少し減り始めたら、体重計が減らなくなってしまった人。

それは、ダイエットの停滞期に入ってしまったのです。

ダイエットメニューを続けているのに、毎日体重計が同じ重さを示し続けていると、ダイエットをやめたくなってしまいます。

どうしたら、停滞期を脱出できるのか。

どんな停滞期脱出方法があるのか気になりますね。

当記事では、ダイエットの停滞期から脱出する方法を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

ダイエットの停滞期の脱出方法は?

ダイエット 停滞期間

ダイエット停滞期に入ってしまった場合の、脱出方法は、どうすれば有効なのか。

停滞期の脱出方法は、脱出方法を知るだけではなく、なぜ停滞期になってしまうのか、を知る必要があります。

その上で、脱出方法を実行しなければ、停滞期の脱出は成功しないからです。

脱出方法を、意味もわからず実行して、結果だけを求めるのでは、多分失敗します。

経験上、明白です。

 

 

ダイエットの停滞期が起きる原因

ダイエットの停滞期が起きる原因は、簡単に言いますと、人の自己防衛機能が作用した結果です。

ダイエットを始めると、一般的に、昨日までの普通に好きなものを食べていた生活から、食事量が制限され体重が減少するという生活に、変化することです。

この食事と体重の変化に対して、人間に元々そわっている機能であるホメオスタシスが危険が来ていると判断し、自己防衛をするために、停滞期に入ってしまうのです。

 

ホメオスタシスとは、自分でコントロールできるものではありません。

睡眠中でも、自然に呼吸をして、心臓が動いているのは、ホメオスタシス機能の作用によるものです。

つまり、人間の命を維持しようと自動的に動いている生命維持装置ということです。

 

ダイエットで、食事が減り、体重が減るということは、生命維持装置にしてみると、昨日までの日常生活と比べると、危機的な状況ということになります。

ホメオスタシス機能が発動する目安は、短期間に元の体重の5%を超える減少があったとき、とされています。

ですので、ダイエットで体重が少し減ってきた時ということです。

 

ダイエット停滞期にホメオスタシスは何をしている

ホメオスタシスにしてみると、体重が短期間で5%減少するということは、大変な状況です。

命を維持するために、ホメオスタシスが何をするのかと言いますと、少ない食事でも生きていけるように、基礎代謝を低下させます。

つまり消費エネルギーを減らすのです。

すると、ダイエットをしている自分から見ますと、食事制限をしたメニューにしているのに、消費エネルギーがさらに減っているので、減少していた体重は変化しなくなり止まってしまいます。

これが停滞期の原理です。

 

ダイエット停滞期は1ヶ月から?3ヶ月続くという説も

前述しましたように、ダイエットの停滞期は、ホメオスタシス機能が発動することで始まります。

そして、停滞期の期間は、ホメオスタシスが危険な状況ではないと判断されるまで、続きます。

いつまで続くのかは、体格や体質、そして、食事や運動など、様々な事が複合的に関係します。

期間は1〜3ヶ月、あるいは、もっと長く続くという人も多いです。

何をしても、体重が変わらず、停滞期から脱出できないという人も少なくありません。

 

ダイエットの停滞期がない人もいる

実は、正しい知識を持って、中期的・長期的にダイエットを始めた人や、病院のダイエット入院でダイエットを始めた人の中には、ダイエット停滞期がないという人もいるようです。

つまり、短期間の体重減少・栄養の偏った食事と食事量の減少とならない方法で、ダイエットをする人の場合、停滞期にはなりにくいということです。

以上のことから、停滞期の脱出方法が考えられます。

 

ダイエット停滞期の脱出方法のポイント

停滞期になる原因から、脱出方法のポイントは、以下のようになります。

1)短期間ではなく、中期長期で、ダイエットを考える

2)基礎代謝を上げる

3)栄養の偏った食事をしない

 

期間を短期ではなく、中期長期で考えないと、生命維持のための作用(ホメオスタシス)が障害になります。

1〜2ヶ月というダイエット期間ではなく、半年・1年がかりで考えるということです。

脱出方法は、体重の減少が危機的な状況ではないことを体になじませるためです。

 

脱出方法の基本となるのが、基礎代謝を上げることです。

基礎代謝とは、特に意識をしなくとも消費するエネルギーのことです。

人間の体で、基礎代謝の量の割合を確認すると、内臓(特に肝臓)、脳、筋肉の順です。

この中で、意図的に基礎代謝を上げることができるのは、「筋肉」です。

筋トレは、停滞期の脱出方法として、有効ということです。

 

食事については、糖質制限や脂質制限、あるいは断食など、偏った食事制限方法があります。

しかし、人間の体を維持するには、糖質も脂質も大事な要素です。

あるいは、置き換えダイエットで、何か一品のみを食べる方法なども、栄養面で考えれば、マイナスしかありません。

ただ、日々の生活の中で、炭水化物の量が非常に多いという人は、ゼロにするのではなく、抑えるという範囲での炭水化物制限は効果があります。

食事の脱出方法は、栄養バランスを考え、筋肉量を増やしやすくするために、タンパク質を意識した食事内容にすることが、大事です。

 

ダイエット停滞期の脱出方法は筋トレを行うこと

基礎代謝を上げるには、筋肉量を増やすことです。

そのためには、強めの負荷をかけた無酸素運動である筋トレが有効です。

筋トレというと、マッチョになるイメージに繋げて誤解をしてしまう人がいます。

そうではなく、ダイエットにより、低下気味になる基礎代謝を上げるために、筋肉量を増やすということです。

停滞期を脱出する最も重要なことが、筋トレです。

 

脂肪燃焼を考えて、有酸素運動をすることもダイエットには有効です。

ただ、停滞期の脱出を考えた場合、先に考えるべきことは、基礎代謝の減少を防止し、できれば増やすことです。

1日に消費するエネルギーの中で、最も大きいのが基礎代謝だからです。

日常の生活活動や食事によって、カロリーは消費します。

しかし、内臓や脳と筋肉で、日常的に消費するエネルギーの方が、はるかに多いのです。

基礎代謝が60%、生活活動が30%、食事が10%とされています。

 

毎日の筋トレを習慣とすることで、筋肉量が増えて、基礎代謝が増え、ホメオスタシス機能が解除されていきます。

筋トレで、集中するのは、体の中の大きな筋肉にすると、早く効果が得られやすいです。

体の筋肉の70%が下半身にありますので、筋トレは下半身中心に行うと脱出方法として効果的です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ダイエット停滞期を脱出するには、停滞期になってしまう原因を理解することです。

意味のわからない方法を実行しても、挫折してしまいます。

脱出方法として、短期ではなく、中期か長期で考え、基礎代謝を上げる行動をすることです。

食事は極端な制限や一品だけの置き換えではなく、全体の栄養を考えるべきです。

その上で、筋肉量が増えやすくなるために、タンパク質を意識した食事にすることです。

 

 

  1. ダイエットの成功は停滞期と副作用を知ることから
  2. ダイエットの停滞期が長い|いつまで?チートデイは有効?
  3. ダイエットでリバウンドなしに成功する方法!
  4. ダイエットはメンタルが大事!?メンタルケアで体重をコントロール
  5. ダイエットしてるのに痩せない!理由は何?期間は
  6. ダイエットと睡眠の関係|痩せない原因は睡眠不足にあるかも
  7. ダイエットで疲れた時!そんなとき運動はどうする?甘いもの食べていい?
  8. ダイエットの停滞期|なぜ起きるのか?原因を理解して対策しよう!
  9. ダイエットの停滞期をチートデイで効果的に乗り切る
  10. ダイエット停滞期は何回くるのか?停滞期脱出した人は筋トレ!
  11. ダイエットの失敗|実失敗談から学ぶ
タイトルとURLをコピーしました