読書アプリで出来ることは何?おススメ機能や得する機能も紹介

読書アプリ

 

読書アプリの機能や出来ること。

メリットはどんなことだろう?

読書アプリを使いたいけれど、何を基準に選ぶべきかわからない。

そんな疑問に答えていきましょう。

 

 

読書アプリとは読んだ本を記録するものです。

基本的な機能は、本の感想を残す、読書量を記録する、感想をシェアするなどがあります。

本を読み終わった時に必ず記録する必要はありませんが、読み終わった作品をわかりやすく管理するのが大切。

読書のアプリは、SNSで同じ趣味を持つ人とつながるチャンスもあります。

インドアな印象の強い読書の趣味が、もっと行動的に変わるかもしれません。

 

 

 

読書アプリで出来ることは何?おススメ機能や得する機能も紹介

読書をすることも、読書の後に、ノートを書いたり、記録管理することも、スマホやタブレットのアプリで可能な時代になりました。

今回の記事では、それらのアプリを紹介しています。

 

 

読書の記録アプリ、おススメ機能は?

読んだ本のまとめや感想をつける、検索・登録、レビューやメモを書き込む。

そんな時に読書家には欠かせないのが「読書記録アプリ」。

今までの読書量を記録すればモチベーションUP。

他の主な機能は、ジャンル別、作家別の集計やグラフ化。

 

作家別のおススメが見られたり、今後の本選びにも役立ちます。

SNS機能があるアプリなら、読書家仲間を見つることもできます。

更に、新しい本と出会ったりもできます。

 

 

読書の管理アプリの便利なことは?

読書管理アプリはスマホやPCでいつでもどこでも、本の管理・分類を簡単にすることができます。

まさに、スマホの中に、本棚を作れるのです。

やり方の例は、本のバーコードを読み取って、さくっと本を登録。

面倒な入力作業は不要です。

次に読む本のおススメ検索や 好きな著者やジャンルの、新刊情報をチェックできます。

 

 

読書メーターがアプリの王道

筆者も利用しているアプリ「読書メーター」

基本機能は、読みたい本と読み終わった本をバーコードか検索で登録。

冊数などがグラフ化で見やすい。メモ・感想が残せる

特徴・良いところ

  • 利用者数が多くSNS機能が充実している
  • 読んだ本の著者グラフがある
  • 趣味の合いそうな人を見つける機能がある

 

改善を希望する箇所

  • 画面遷移が遅い
  • 5段階評価がない
  • 表示形式が「表紙+タイトル」の1種類のみ(ブクログ、ビブリアは2種類、PCだとテキスト表示がある)

 

総括|SNS機能や自分の好み把握を重視するなら読書メーター

 

 

読書アプリを使えば、無料のコンテンツも読むことができる。

アプリを使えば、本も無料で読むことができます。

何でも良いから本が読みたいという人は、お金を節約できるチャンスです。

「いろんな本を読みたいけど、お金はかけたくない」という方はいませんか?

本が好きで、たくさん読む方は、年間に100冊以上になることもありますよね。1冊500円としても50,000円必要になります。

 

 

読書中に読めない漢字があるときに役立つアプリ

読書中に読めない漢字に出会うこと、ありませんか?

基本機能は、漢字を書きこむとその読み方・意味を調べられます。

再度読み方を忘れた時は、検索履歴から確認ができます。

 

 

検索機能があり、アプリ内の辞典でなく、インターネット上の辞典サイトを利用します。通信制限中だと使いにくいのが難点です。

通信を、さほど気にしないという方におすすめ。

難読漢字が調べられるものや、辞書のように部首が調べられるものなど、

苦手な漢字や熟語を克服しませんか?

 

 

Ipadで読書。アプリを使えばいつでも読める。

電子書籍を読んでみたいという方におすすめは、iPadです。

iPadで電子書籍を読む時の一番のメリットは、様々な電子書籍アプリが利用できることです。

Kindleやkoboなどの専用端末の場合、それぞれに属したアプリからしか書籍を購入することができません。

しかしiPadならばアプリを入れればどこからでも購入できます。

いいとこ取りできるのがiPadの最大の利点でしょう。

 

 

読書の感想をアプリで記録が出来る。

読書記録アプリの中には、本の感想を他のユーザーと共有したり、議論を交わしたりできるアプリもあります。

本の感想や写真も登録できるから自分だけの読書の記録になります。

絵本を登録するときは、その本の感想だけでなく、読み聞かせたときのお子さんの反応も「ごきげん」「いまいち」「もう一回」、

といったようなスタンプで記録できます。

 

 

 

まとめ

アプリで管理するようになってからは、読んだ本の共有も簡単になりました。

本のバーコードをスマホで読み取るだけで、本の登録もできて、読書生活がより楽しくなることばかりです。

読書アプリにはどのような機能があるのか、興味がない人には、全くわからない世界でしょう。

読書アプリはそれぞれ特色があり、機能性も異なります。

 

 

読書の趣味は知識や教養を身につけるだけでなく、心を豊かにする素敵な時間を与えてくれます。

忙しい毎日、じっと本を読む時間は少なくなっていますが、読書のアプリがあると本を読む時間が待ち切れなくなるかもしれません。

読書家の人だけでなく、興味がある人はぜひアプリを使い込んで、どんどん本を読んでみましょう。

今まで読書の記録をつけてこなかった方や、ノートなどのアナログで管理をしていた方は、この機会にぜひ読書管理アプリを、使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました