読書のメリットは究極の時間短縮術かも知れません

読書のメリット

世の中には、読書のメリットをあまり信用していない人もいます。

だから本を読む人の割合は少ないのだと思います。

しかし、実際には、読書にはいくつものメリットがあります。

ただ、読書のメリットをいかせず、中途半端な人が多いのも事実です。

 

読書のメリットを得るには、秘訣があります。

読書のメリットを活かすための秘訣はただ一つです。

「アウトプットする事」です。

 

アウトプットの方法は、3つあります。

1)書く事

2)誰かと話す事

3)行動に再現する事

せっかくの読書を自分に血肉化させるには、アウトプットが必要です。

本を読むだけではダメです。行動しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

寝る前の読書のメリットの効果|リラックス、記憶力アップの効果が!

読書をする時間帯はいつが良いのか。

読書に良い時間帯には、個人差があります。

ですので、人によっては、異議を唱える人もいるかも知れませんが、寝る前の読書には、効果があります。

 

寝る前は、一日の行動が終わり、体を休めようとしている時です。

リラックスしている時です。

大学の研究結果でも確認されています。

 

睡眠学習という言葉もあるように、寝る前のインプットは、記憶に残りやすくなります。

さらに、記憶に残すためには、書くことも有効です。

ただ、電子書籍を読む時には、灯りに注意をする必要があります。

ナイトモードがある場合は、ナイトモードを利用すべきです。

 

ナイトモードを利用しないで電子書籍を読む場合、デバイスから出ている光が脳刺激してしまう可能性があります。

iPhoneで読む場合も、Night modeにして読むようにしましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

読書のメリットには読解力以外に何がある!デメリットは何がある?!

 

読書をたまにしかしないと言う人は、読者のメリットを感じた事はないのだと思います。

毎月1冊以上の本を読む人は日本人の中に何人いるのか。

あるいは、あなたの身の回りに何人いるのかです。

読書にメリットがあることを知ったあなたは、人生を有意義に過ごすことができます。

 

有意義とか有利という言葉には、語弊があるかもしれない。

しかし、経済的な苦労をしにくいとか、組織の中で評価を受けやすいとか、人間関係において穏やかな関係を持てるのか、などのことが、明らかにあります。

 

読書のメリットについては、ネットでもいくつもの情報があります。

しかし、現実には読書をする人が少ないです。

読書をする人の数が少ないのは理由は、おそらく読書のメリットを感じるまでに、時間を要するからだと思います。

 

たくさんのメリットがあります。

ただし、そのメリットを感じるまでには、読書を重ねていく必要があります。

そしてアウトプットも重ねていく必要があります

つまり、即効性はありません。

多分、読書をしない人は、即効性を求めているのかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

読書の習慣化にはメリットしかない!アプリが効果的!

今までに読書習慣のない人がすぐに習慣化するのは、難しいかも知れません。

しかし子供だけではなく、大人になっても、読書の習慣化は、良いことばかりを生み出してくれます。

子供の頃から、本を読む習慣がある子供は、大人になってからの年収が20%以上の差がつくという科学的データすらあります。

 

読書には、知識情報が身につくというメリットがあります。

自分の体験から学ぶ以上に、知識や情報に出会えるチャンスが増えます。

本を読むと、その本の著者が時間をかけて、リサーチして、思考したまとめた内容を得ることが出来ます。

 

読書は、自分の将来に対する投資になります。

読書をして、思考をして、行動に活かす、というアウトプットをしていけば、自己投資の結果が開花します。

自分への評価が高まり、人間関係もうまくいくようになり、収入も上がっていきます。

 

 

 

スポンサーリンク

読書のメリットは人生を豊かにし、デメリットはスペースと時間にある

読書のメリットは、とても多いです。

デメリットは、特にないと思う位です。

強いて言うならば、場所の確保(スペース)と読むための時間を消費することです。

 

シンプルに考えて、読書のメリットは、知識が増える事が当然大きいです。

よく考えてみるとわかりますが、読書をすると、その本を書いた人の時間を、短縮して、凝縮して、得ることができます。

様々なケースがありますが、1冊の本が書かれるまでに要する時間は、数ヶ月、場合に行っても数年ということもあります。

読書をして、その本を1冊読むことで、その時間を究極的に短縮することができます。

読書をする人はそのリサーチをする必要はありませんし、思考をめぐらせることもありません。

 

オーバー目に言えば、読書をするという事は、他人の時間を費やして、様々な物事を、究極的に短縮して得ることができるのです。

 

それでいて、著者のリサーチと思考の結論を得ることができます。

これって、考えてみると、かなりの時間短縮術です。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました