読書のメリットは人生を豊かにし、デメリットはスペースと時間にある

読書 メリット デメリット

読書には、人生を豊かにしてくれるメリットがある。

具体的には、知識情報を増やしてくれること、悩みを解決してくれること、

安い投資で勉強ができることです。

 

では、デメリットは何か。

デメリットは、本を収めるスペースと読書をする時間を使うことです。

 

こちらの記事を読んでくださいますと、

「読書にはどのようなメリットがあるのか、デメリットは何か」

についてご理解いただけます。

それでは、解説いたします。

 

 

 

読書のメリットは人生を豊かにし、デメリットはスペースと時間にある

読書 メリット デメリット

 

読書には、新たな学びを得るきっかけをもたらしてくれる

メリットがあります。

ここでは実際に、どのようなメリットをもたらしてくれるのかを

具体的に説明していきます。

 

 

読書のメリットは、知識の幅を広げられる

読書によって、今まで知らなかった知識を取り入れることができ、

広く学ぶことができるメリットがあります。

では、なぜ読書をすると知識の幅を広げられるのでしょうか。

 

 

本のジャンルが多いから

世の中に出版されている本のジャンルは数えきれないほどあります。

もし、世の中の本を全て読んだとすれば、

知識の幅はこれ以上増やせないと言えるレベルになると思います。

よって、読書は知識を限りなく広めてくれるメリットをもたらすでしょう。

 

 

1冊の本に多くの情報が詰まっているから

読書をしている際、知りたかった以上のことを知れたという

現象が起きることがあります。

 

これは、本には予想以上の多くの情報が詰まっているということです。

つまり読書は、ただネットで調べるよりも必要以上の情報を

与えてくれるメリットがあると言えます。

 

 

読書のメリットは、気軽に悩みを解決できる

先程も記載していますが、本のジャンルは幅広いです。

よって読書は、その分多くの悩みに関する解決法を教えてくれる

メリットがあります。

 

 

本には問題提起と解決法のセットが記載されている

出版されている本の多くは、ある問題が生じていることをテーマにし、

多方面からその問題に対する解決策を見出してくれています。

 

よって、実際に自分と同じ悩みに対してテーマを設定し、

色んな角度から解決法を見出している本に出会えるはずです。

 

また、最近は通販で本を買うこともできますから、

人に言えない悩みでも読書によって誰にもバレずにこっそり解決法を知ることさえできます。

 

さらに、電子書籍を活用すればスマホで読書できますので、

より一層周りの目線を気にせずに読書できるでしょう。

 

よって読書は、気軽に悩み解決できるメリットをもたらします。

 

 

 

読書には定価以上の価値を学べるメリットがある

読書は、最高の自己投資と言われています。

それは、本の定価以上の情報を私たちに与えてくれる

メリットをもたらすからです。

 

 

1500円程度で、人生を変えるきっかけをもたらすメリットがある

だいたいの本は、平均1500円程度で買うことができます。

値段だけ見れば、読書に1500円は高いなと感じる方も

いらっしゃるかもしれません。

 

しかし多くの本は、

人生を変えるきっかけをもたらすほどの情報が記載されています。

 

さらに、人生の成功者などの体験談が記載されているかもしれません。

つまり、1500円出せば自分の人生をより良くしてくれる情報を

気軽に手に入れるかもしれません。

 

そう考えると、1500円はそこまで高くは無く、

むしろ1500円以上の価値があるはずです。

 

例えば、良くある自己啓発のセミナーなどは値段は高く、

有名な人であれば数万円までかかるかもしれません。

 

 

しかし、本は違います。

どんなに有名な人の本でも、数千円程度でしょう。

しかも、セミナーのように時間は決まっていないので、

自分の好きな時間に読むことができます。

 

よって、読書は1500円程度で、定価以上の人生を変えるほどの情報を、

気軽に手に入れられるメリットがあると言えるでしょう。

 

 

 

読書のデメリットはスペースと時間

読書のデメリットは、本を収めるスペースが必要になることと、時間を使うということです。

 

読書のデメリットはスペースを使うことだが、今は無くなりつつある

本1冊のスペースは、微々たるものです。

しかし、読書を進めていくと、本が貯まります。

 

週刊誌や雑誌であれば、簡単に捨てることもできます。

しかし、勉強になった本、役に立ったと感じる本、読書をしなながら、

メモをたくさん書き込んだ、自分オリジナルになってしまった本は、

簡単に捨てることができません。

 

小さい書棚は、数年もしないうちに、一杯になってしまいます。

もし、読書に価値を感じて、その週間を続けていくと、

人生の成功を手に入れることと比例して、本の数が増えていきます。

 

壁一面の書棚が本でびっしりと詰まっているという、人生の成功者は

多くいます。

 

しかし、幸いなことに、今は電子書籍で読める本が増えました。

紙のようにメモをすることは出来ませんが、電子書籍アプリにメモを

残すことも可能になりました。

しかし、何といっても、例えばKindleやiPadを持っていれば、

(もちろんiPhoneでも可能)その本体とクラウドの中に、数千冊以上の

書籍のストックを持つことができるようになりました。

 

スペースのデメリットは、ほとんど解決しています。

 

 

読書のデメリットには時間を使う事があるが、電子書籍で解決

読書をするには、当然時間を使います。

読書の上手な人は、これまでにも【スキマの時間】を上手く活用していました。

しかし、文庫本を選ぶなどの制限がありました。

 

さすがに電車での移動中に、ハードカバーの単行本を読むのは、しんどかったからです。

文庫本であれば、それは解決するのですが、

読みたい本は、単行本に多く存在します。

文庫本は、ほとんどのものが、単行本で出版された後数年後に、文庫本で出版されます。

文庫で出版されない書籍もあります。

 

しかし、このデメリットも電子書籍によって、解決されました。

電車での移動時間をハードカバーの単行本を読める読書時間に変えてくれました。

iPhoneやiPad、Kindleを片手に、電車に乗るのは、

非常に読みやすく、分厚い単行本の重さに耐えるような負担もありません。

 

 

まとめ

 

読書のメリットとデメリットは、

今の時代では、メリットだけになってしまいました。

デメリットは、電子書籍とKindleなどのリーダーの登場によって、解決されてしまいました。

 

読書することは、メリットだけになってしまいました。

更に、本を読む人の割が減少しています。

読書をする人がそのメリットを活かして、人や会社から評価されやすい環境に

なっています。

 

是非、あなたも読書のメリットを受け取って、人生を豊かにしてくれる実感を

味わって下さい。