/*もしもアフィリエイトのレスポンシブ広告*/

本を読む人と本を読まない人との違い|読書人の人生

2020年7月4日

本を読む人と読まない人の差

読む人読まない人とでは、人生において明らかな違いが出来ます。

本を読まない人は、本を読むくらいで、会社から評価され、年収が上がるようになる様な事なんて、ないと思っています。

しかし、私は自分の体験からも、間違い無く、本を読む人は、本を読まない人より、出世するし、年収も上がるし、人生が豊かになっていくことを体験的に知っています。

 

 

しかし、本を読まない人は、「それは、たまたまだ」といいます。

しかし、私は、本を読まない頃の自分と、本を読む人になった自分を知っていますし、優秀な人だと思っていた人が、みんな本を読む人であることを知っています。

間違いありません。

 

 

本を読む人は、少ないですし、この記事に書いてあることを実行していけば、今よりも人生は変化していきます。

あなたも早く、本を読む人になって体験してみて下さい。

では、解説します。

 

 

 

目次

スポンサーリンク

本を読む人と読まない人の違い|本を読む人の性格・特徴・割合について

本を読む人

 

読書と年収は比例します。

読書と人生の豊かさも比例します。

そして、ラッキーなことに、本を読む人の割合が少ない。

月に1冊以上読む人は、人口の半分しかない。

今からでも、月に1冊読んでいけば、年収が上がったり人生が楽になっていきます。

その効果は絶大です。

 

 

本を読まない人は、本を読む人と本を読まない人との違いであるとは感じることなく、自分には「運がなかった」「誰かのせい」「生まれた家のせい」にして、晩年を過ごす可能性があります。

この記事では、本を読む人と読まない人にどんな違いがあるのか、

性格や特徴について、そして将来的には、どんな違いになっていくのかを解説しています。

 

 

はっきり言えば、本を読む人のほうが、得な人生を歩めます。

本を読まない人は、「本を読むくらいで人生が変わるはずがない」と思ってる。

勿体ないです。

だからこそ、本を読む人・本を読まない人の秘密に、早い年齢で気づいた本を読む人は、人生儲けものと思っている。

 

 

本を読む人と読まない人の違い

本を読む人

1)年収の違い〜かなり大きな差になって現れる

2)会社員なら出世の違い〜後から入社でも追い越せる

3)営業なら販売実績の違い〜相手の持ちも分かるので、成績は出やすい

4)考えかた・行動と表情の違い〜明確に違いあります

5)知識量・情報量の違い〜本を読まない人は知らないことが多すぎて、損をします

6)会話力・文章力の違い〜成績や出世に直結します

7)50歳以降の人生の差〜ここまで来ると、とんでもなく差は大きい

 

 

本を読む人の特徴

本を読む人

本を読む人だから、次のような特徴や性格なのか、そのような性格だから本を読むのかは分かりません。

 

上記の違いのリストの4番に明確に違いが出ます。

考え方・行動・表情が、感情に任せたものではなくなります。

理論的に、体系的に考え行動できるようになります。

それは、元々の性格にもすでに、あったかもしれませんが、自身を持つだけではなく、しっかりと整理された考え方に基づいています。

 

本を読む人は好奇心が強い

本を読むことを習慣的にしている人は、知識・情報を得ることを習慣にしていますので、知りたいという気持ちが強くあります。

知りたい気持ちとは、つまり好奇心が強い、ということです。

知識欲にもつながることです。

 

 

読書をする人は高年収・高職位

社内で高職位にいる人や、経営者によく見られる特徴は、読書家であるということです。

読書をすれば、年収が上がり、社長になれるのか、と言えば、それは確実なものではありません。

しかし、逆方向から見ると、分かります。

 

経営者や職位の高い人の多くは、読書家です。

有名な経営者に、読書家が多いことは、よく知られています。

 

 

他人の目を気にしない

読書家の人は、他人の目を気にしません。

読書で、知識と情報を得ることで、自分の価値基準・判断基準を持つことになります。

心が安定することで、他人の目を気にしなくなります。

もちろん、悪い意味ではありません。

良い意味で、マイペースということです。

 

 

人間関係がよくなっていく

本をたくさん読む人は、ジャンルにこだわらず、色々な本を読みます。

その結果、知識や情報が増えるだけでなく、考え方にも影響が出てきます。

また、人にはいろいろな思考があることも、認識するようになります。

 

読書を重ねていくと、人の立場で人の気持ちを考えられるようになっていくのです。

そうした日々を重ねていくことで、人間関係も良くなるようになっていきます。

相手の立場を、思いやる気持ちを持てるようになります。

 

 

本読む人は顔つきまで変わるって、本当?

本を読む人 顔つきが違う

本を読む人が、顔つきが変わるという説。

本当なんだろうか?

そして、顔つきが変わるとしたら、何故なんだろう。

 

 

本を読んで知識情報が増え知的な顔つきに

本を読む人は、周りの人よりも確実に知識・情報が増えます。

人の心は、本来、ネガティブで不安定なものです。

 

しかし、自分の言葉や思考に感じている不安要素が、本読む人には、本を読む事で得られた知識と情報が、裏で支えてくれる事で、不安要素が減少します。

そういう時間が増えることで、顔つきが変わって来ます。

自信を持った表情が、顔に染みついていきます。

 

当然、本当に顔が変わるわけではありません。

しかし、内面が変わることで、表情が変わり、余裕があり、知的な顔つきになっていきます。

 

本を読むと言葉と行動が変わる

もちろん、たまに本を読む程度では、そんなに変化はないでしょう。

月に2〜3冊、できればもう少し、継続して本を読むことが身についていくと、いろいろなことが変わっていきます。

 

まず、使う言葉が変わります。

思考が変わり、態度・行動が変わっていきます。

 

本来、人は感情的なものです。

経済は感情で動くという本もあります。

つまり、買い物の多くは、感情的に買うものです。

 

実は、人が感情で動いてします根本には、「不安」があります。

読書が習慣になっている人は、知識・情報により、自分の言葉や行動に対して、「不安」を感じることが、少しずつ減るようになります。

不安要素が減ることで、感情的になることが少なくなります。

 

その結果、感情的になることが少なくなり、穏やかな表情が、知的に見えるようになります。

それが、本を読む人が顔つきが変わるということの根拠ではないでしょうか。

周りの人から、「最近顔つきが変わったね」といわれるようになったら、自分の言動に、読書の蓄積がにじんできている証拠ですね。

 

 

本を読む人は、やはり頭がいいのか?

本を読む人は、本当に頭がいいのだろうか?

確かに、本を読む人は、その分の知識や情報が増えている。

だからって、頭がいいのだろうか?

単純に、知ってることが多いだけではないのだろうか?と思ってしまいます。

 

頭がいいとは知能指数が高い

頭がいいといえば、知能指数が高いということが一番わかりやすいです。

本を読む事で、頭が良くなったり、人生が好転したりすることに、対して疑心的に見ている人には、残念なことがあります。

スタンフォード大学の研究や、医師や学者の言葉にも、実は、読書と頭が良くなる関係性について、示されています。

読書の時期は、早ければ早いほどに、その効果が表面に表れやすいです。

 

ただし、すでに自分は30代・40代だと嘆くことはありません。

40歳を過ぎてからでも、本を読む事の効果は、明確に表れます。

 

 

40歳を過ぎても遅くない

筆者自身も、頭が良くなったかの検証は、出来ていませんが、自分自身の言動が論理的になる事は、体験済みです。

人の行動は、感情が支配していると言われますが、本を読めば読むほどに、整理された施行が出来るようになります。

仕事ぶりや実績が、変わっていくことは、明確です。

 

もしも、本を読んでるけど、そんな感じはまったくしていないという人は、先ずは読書の絶対量が不足していることがあります。

もう一つは、読書で得た知識を言葉や行動に表すアウトプットをしていない為です。

本をたくさん読んで、行動に表すと、あなたも頭が良くなります。

 

 

本を読む人の割合は年収の割合とよく似てる

本を読む人

実は、本を読む人の割合は非常に少ないです。

ですから、今からでも本を読む人に変身すれば、貴方の人生は変わります。

 

読書に関する調査

平成30年の文化庁のデータ(第Ⅳ 読書について)によれば、「1ヶ月に1冊読まない」という人が47%もいるのです。

平成20年25年のデータと比較しても、1%ほどの変化しかありません。

1冊も読まない人は、20年には、46.1%でした。

30年には47.3%です。

正確には、むしろ微増していることになります。

ですから、今この記事を読んでる人は、すごいラッキーなんです。

 

本を読む人の割は少ない

私の経験で言いますと、本を読む人は、評価をされて出世もするし、もちろん給料も高くなる。

周りからも信頼されるようになりますし、良いことしかない。

 

文化庁が公表している読書についてのデータがあります。

平成20年・25年・30年とデータの内容は、ほぼ横ばいです。

月に1冊から4冊(週1冊)読むという人は、46%〜47%です。

1冊も読まない人と、ほぼ同じ位です。

 

月に5冊以上読む人は6〜7%です。

年度で、1%ほどの差があります。

本を読む人といわれる人たちは、年間に60冊~80冊、中には100冊以上読む人もいます。

 

 

本をよく読む人と高年収の人の割合がよく似てる

読書をよくするという人は、月に5冊以上、中には10冊ほど読む人もいます。

読書家と言われる人たちは、実に良く読書をしているのが分かります。

文化庁のデータによれば、前述しましたように、月に5冊以上読む人は、6%〜7%です。

 

国税庁の「民間給与実態統計調査」の結果を見ますと、読書量と年収に相関関係は無いとは言えなくなります。

2018年の国税庁のデータを見ますと、分かることがあります。

一般的に、高年収と言われるのは、年収1000万円以上です。

国税庁のデータでは、年収1000万円以上の割合は、約5%です。

また、逆にワーキングプアといわれる年収が300万以下の人は、54%です。

 

読書量と年収の相関関係が、国税庁のデータで、完全に証明されているわけではありません。

しかし、実によく似ていることに驚きます。

総務省の正規・非正規の職員の年収データも、ほとんど数値を示しています。

これだけ近い数字を示しているのですから、月に5冊上の本を読み続ければ、年収アップする可能性が高いと考えて良いのだと思います。

 

 

本を読む人と読まない人の違いは40代50代でどんどん開いていく

本を読む人 読まない人

 

上記の違いのリストを掘り下げて解説します。

 

 

本を読む人は年収が明らかに高い

筆者自身の例から言えば、本を読む人になって継続していたら、年収が5年で約2倍、8桁になりました。

当然、自分だけではなく、年収の高い人には、本を読む人が明らかに多いです。

自分の周りか、他の世界に注目して下さい。

同僚先輩の中にいる本を読まない人の年収は、途中で止まっているはずです。

人の年収は分かりにくいかもしれませんが、会社員なら役職で分かるはずです。

 

 

自分も本を読む人だが、そんな秘密的なことなどない、という人がいるかもしれないです。

それは、読む本の種類か読書の量とアウトプットに問題があるかもしれません。

 

僕の経験からすると、役に立たないのは、雑誌・週刊誌・漫画・内容の薄い小説です。

それ以外の本、ビジネス書・自己啓発本・専門性の高い雑誌・小説・心理学の本等々を、3ヶ月でもいいから、集中的に本を読む人になってみるといいと思います。

もし、3ヶ月で50冊読む、人生の何かが変わり始めるはずです。

 

 

筆者の場合も、ムラがありました。

年間に最大200冊を読む人だったことがあります。

でも、他の年は、年間で30〜50冊だったり、しました。

 

本を読む人が、やるべきことがあります。

これをやらないと、年収は上がりません。

それは「読む本の内容を実行したり、話したり(いわゆるアウトプット)すること」です。

アウトプットをしないと、年収は上がりません。

 

 

本を読む人は会社員なら出世する

本を読む人

出世している人は、読書家の人が多いです。本を読む人たちです。

本を読まない人は、途中で出世は止まります。

あるいは、年功序列的な出世しかしないです。

 

 

出世する原因は、本を読む人は、自分の考え方や知識情報に、自信を持てるようになることかもしれない。

本を読む人は、会社員ならば、社内での発言や立ち振る舞いが、変わってきます。

本を読まない人の考え方にも一理ある場合もあります。

 

 

しかし、本を読まない人は、自分の発言に自信を持って、証明することができません。

本を読まない人も、何かを感じ取ってはいるものの、論理的に整理したり、発言の根拠を、説明する考え方や言葉を知らないからです。

だから、本を読まない人は、感情で示さざるを得ない。

感情だけでは、相手を説得や納得させることを出来ません。

 

 

本を読む人は、論理的に科学的に話せるようになりますので、その結果、社員としての社内評価が高まります。

例えそれが、誰かの本に書いてあった受け売りであっても、です。

本から学んだ受け売りであろうと、たくさんの本を読む人になると、受け売りをたくさん持つようになります。そのうちに、どの著者の言葉か、分からなくなってきます。

そうなると、もはや、それは自分の言葉に、なっている状態です。

そこに説得力しかありません。当然、出世します。

 

 

本を読む人は営業なら販売実績が上がる

本を読む人は、探究心が深まるようになります。

探究心が高まると顧客の考えを深く推量したり、様々な思考があることも受け入れらるようになります。

本を読む人は、顧客と同じ立ち位置に立って考えられるようになります。

結果、顧客の気持ちをよく察してあげられることで、当然営業成績はアップします。

本を読まない人は、それができません。

 

 

本を読まない人は、すべての軸が自分にあり、相手軸で考えられないのです。

営業の基本である、相手の立場で物事を考えることが身につきません。

相手のことを考えているようでいて、実は自分の考えの上で、相手のことを考えています。

本を読まない人は、人にはいろいろな思考があることが理解できません。

ですから、相手の立場で、相手の気持を推測して考えることが出来ないので、営業成績が上がりません。

 

 

売れない営業で甘んじている人=本を読まない人は、売りたい気持ちだけが強く、お客さんの心を想像する力がありません。

本を読む人は、いろいろな人間がいることを、具体的に知るようになります。

そういうことが、お客さんとの対し方にも現れるようになります。

ですから、一見内向的なくらいの人のほうが、本を読む人が多いし、相手の立場で考えられ、営業成績も上がります。

 

 

お客さんの気持ちがわかる営業が、売れないわけがありません。

本を読む人は、営業実績も上昇します。

 

 

本を読む人は考え方・行動・表情に根拠を持てる、自信となる

本を読む人は、考え方が変わり、行動が変わります。

そして表情も変わります。

自分の考え方・行動に、根拠を持てるようになります。

根拠が持てることで表情も変わるという好循環になります。

 

反対にいえば、本を読まない人は、自分の考え方に自信がないのです。

ある風に見せても、すぐに分かります。

本を読む人とは、行動が違うからです。

 

 

本を読まない人は、出来ない言い訳・やらない言い訳をして、前に進む行動をしようとしません。

それが本を読まない人の特徴です。

ここにも大きな差が生まれます。

 

 

 

本を読む人は知識量・情報量が増える

本を読む人と本を読まない人がいれば、当然本を読む人の方が、知識量・情報量が多いということは、小学5年生にもわかる理屈です。

実は、すべての本を読む人と本を読まな人の差は、ここから始まります。

 

知識・情報が多いということは、営業という仕事においても、それ以外の職種であっても、プラスに働くことです。

知識・情報が多い人間という評価の立ち位置(ポジショニング)に変われば、仕事のやり易さは変わります。

また仕事以外においても、本を読む人になれば、豊かな考え方が出来るようになります。

 

 

本を読む人は会話力・文章力が高まる

本を読む人は、インプットされた情報知識が会話や文章に、にじみ出るようになります。

自動的に、会話力・文章力は高まることになります。

特に、文章力は、現代のビジネスマンには、重要な要素です。

自分には、文章力がないと言っている人は、間違いなく、本を読まない人です。

 

年齢を重ねるごとに、相手から求められる内容は変化していきます。

年齢に相応した、役職に相応した、内容を求められます。

 

しかし、本を読まない人の成長は、一定の時期から止まっています。

いつまでも子供のような文章や話し方しかできなければ、仕事の様々な点で障害になります。

残念ながら、中高年になっても、文章を書けない人というのは、実在します。

 

面白いことに、本を読まない人は、時間と共に成長するのだ、という根拠のない論理があります。

しかし現実は、本を読む人のように、早くから何度も知識情報をインプットし、アウトプットすることでしか、人間は成長しません。

 

本を読まない人は、残念な50代60代を迎えます。

そして、自ら気づいて、本を読む人が出世や高年収になっていくのを、うらやましく思うだけです。

 

 

本を読む人と本を読まない人の違いは、50歳以降の人生で大きな差になる

本を読む人と本を読まない人の日々の違いは、「微差」だと思います。

あるかどうか分からないくらいのわずかの差しかありません。

しかし、なるべく長く本を読む人でいることを続けた人と、本を読まない人との差は、量と時間に、比例して、差はどんどん大きくなっていきます。

本を読む人と本を読まない人との差は広がり続けます。

50歳・60歳と年齢が進むに従い、絶対的な差になっていく。

 

 

これは、怖いくらいに大きな差になります。

他人の人生ながら、この人はこの先どうやって生きていくのだろうかと、思わざるを得ない時があります。

 

でも、本を読まない人が例え50代であっても、気がついて、3ヶ月で50冊読めば、、、できれば、1年間でいいので、200冊を読めば、本を読む人との差を少しは取り返せるかもしれません。

ただし、前述したように、読む本からの学びを実生活で、アウトプットする=行動に出すことが、とても重要です。

 

 

本を読む人と読まない人の違いはとても大きい|この秘密にいつ気付けるか、読書はローリスクハイリターンの自己投資

本を読む人

筆者の場合は、40になった時に気づきました。

それまでの読書は、推理小説と雑誌・週刊誌のみでした。

 

あのまま、本を読まない人のままでいて、本を読むことを知らずに、40代50代になっていたら、と思うと恐ろしいと思います。

筆者の場合は、転職がきっかけで、本を読む+調べて学ばないとやっていけないという厳しい環境になった時に、やっと気付けました。

 

正確には、その時点では、ただ必死なだけで、本を読む人の秘密には、気づいていませんでした。

あなたがこの記事を読むということは、もしかすると、「その時」なのかもしれません。

筆者の場合は、周りで話している言葉の意味が分からない、という症状に現れました。

それが「その時」だったと思います。

 

ビジネス書を中心に、週に3冊以上は読むようになりました。

最大で、この頃は、読んでも意味もわかないような状態で、年間200冊くらいまで読みました。

本を読まない人から、本を読む人に変わった時でした。

 

 

本を読む人と本を読まない人の差に対して強烈なメッセージがある。「本は10冊同時に読め、本を読まない人はサルである /成毛眞」

10年以上前に読んだ本です。

当時は、このタイトルにびっくりしました。

10冊同時なんて無理、無理。

サルになる、っていくらなんでも言い過ぎでしょ。

成毛眞、って、誰?

 

 

しかし、今なら私もそう思います。

サルになるかはわかりませんが、間違い無く言えることは、本を読む人になった方が、絶対に人生が楽になっていくということです。

本を読まない人が、本を読む人に変わろうとする時、文字が読めない、意味が分からないことが多いと思います。

でも、絶対にやめないことです。

 

 

その時は理解できなくても、どんどん読み進めてください。

書いてることを、理解しながら、読むなんて、悠長なことを言っていてはダメです。

どんどん、進めていくと、気がついたら、理解しながら、読むことができるようになっています。

スポーツジムのトレーニングと同じです。

 

 

本を読まないと、人生で「損」をします。

本を読む人になってください。

本を読む人は、意外に少ないです。

月に1冊も本を読まないという人は、50%近くもいるのです。

だから、本を読む人になることに気づくことができた人は、大チャンスなのです。

何もビジネス書だけ読むわけではありません。

推理小説だって、人間の喜怒哀楽が表現されているし、心理を推量することもできます。

 

 

因みに、成毛眞さんは、「マイクロソフト日本法人」の元社長です。

ウイキペディアにも出ていると思います。

また、マイクロソフトといえば、創業者のビル・ゲイツさんはお金持ちとして有名ですが、やはり読書でありました。週に1冊は読むそうです。