注目キーワード

読書の苦手原因は何か?対策できることなのか?

読書 苦手 原因

本を読まないという人が増えている。

月に1冊読む人が5%しかいないという調査結果もある。

 

そういう状況の中で、読書が苦手という人も増えている。

しかし、現実には、趣味以外に、読書をしなくてはならない場面がある。

読書は苦手だから、無理と言えない場面があるのです。

 

資格取得のための勉強や

仕事上の問題を解決するヒントを探すとき

何かの学びを得ようとするとき

本は、いまだに必要な存在です。

 

あなたがもし苦手意識を持ち始めているのなら、

原因は何なのか知っておいたら良いです。

対策も合わせて。

 

読書の苦手原因は何か?対策は?

読書 苦手 原因

 

もしあなたが本を読むことが苦手なのだとしたら、何が原因しているか気づいていますか?

筆者自身の経験と上司・経営者として部下を見てきたことから、思い起こすとわかることがあります。

 

読書が苦手という人の原因は

読書が苦手という人に共通しているのは、

1)1文字ずつ・1ページずつ読もうとすること

2)知らない漢字や単語・言葉が多いこと。

思い当たることはないだろうか。

ここに原因があります。

 

原因|1文字ずつ・1ページずつ読もうとする

本の中には、重要度の配分があることを、理解していません。

全ての文字文章が、同じ程度に、重要ということはないのです。

 

最も重要な事歯、せいぜいが1つ2つしかありません。

それ以外には、関連すること、原因や具体例などが書かれている。

時間が無いときは、その本の主体となる部分だけ、読まざるを得ません。

 

原因|知らない漢字や単語・言葉が多い

読書が苦手な人は、当然ながら、漢字や単語・言葉を知りません。

それは、読書をしてきていないから、当然のことなのです。

 

最初の内は、少し調べてみますが、すぐにへこたれます。

何度か辞書を引いたりしている内に、面倒くさいと感じるようになります。

 

ですから、こういうタイプの人の読みかけの本は、

常に最初の数ページ目にしおりが挟まれたまま、放置されています。

 

 

読書が苦手の人の根っこにある本当の原因

読書が苦手という人の原因の根源にあるのは、

読書の目的が明確になっていないためではないか。

それが原因です。

 

何のために、その読書をする必要があるのか。

ここを明確にしていないために、「面倒くさいから・・・」などとなってしまいます。

 

ですから、漢字を知らないし、単語を知らない、言葉も知らない。

そのままでもやり過ごしてしまう。

ここに原因があります。

この原因を対策しないと、いつまでも読書をしないし、人生が豊かになる事も年収が増えることも実現しない。

読書が進むと副産物的に、出世したり、年収アップになる

 

関連記事

会社の上司から「本を読みなさい」と言われたけれど、「モチベーションが上がらない。読書する気になれない。」という経験はありませんか。 ただでさえ読書が苦手なのに、ビジネス書なんて・・・。[…]

読書苦手な人 おすすめな読み方

 

読書の苦手原因を対策する|最も根本的原因対策

まず最初で一番重要な対策は、

手が止まっている、目の前に置かれた本を読む事の目的を具体的にする事です。

資格取得の勉強のため

営業成績を上げるヒントを探すため

何かを知るため、学ぶため、

そこを具体的して、紙に書いて目立つところに貼って下さい。

 

読書の苦手原因を対策するには

読書が苦手原因|電子書籍を利用するのもあり

紙の本は読まないけど、スマホでのSNSやゲームは無意識に常にしているという経験は、良くあると思います。

つまり、現代では多くの人がスマホを常に開く習慣が身についていると言えます。

そこで、スマホで本を読める電子書籍を活用すれば、かなり読書習慣を身につけやすくなるのです。

読書に苦手意識を持っているという人は、紙の本を開くことすら抵抗を覚えているかもしれません。

しかし、スマホを開くだけならまだ抵抗は少ないでしょう。

また、電子書籍なら移動時間や外出の時にスマホで気軽に読書できます。

 

しかも、書店に行かなくてもすぐ本を読むことができます。

よって、電子書籍を活用すれば読書までの手間が減り、少しずつ苦手意識を減らせるかもしれません。

電子書籍のデバイスには、辞書を内蔵しているものがほとんどです。

関連記事

読書をするとどんなメリットがあるのか。一般的には、「頭が良くなる」と思われている。そうとも言えるが、そうで無いとも言える。 私は自分の体験の中にある大人になってからの失敗と成功が、本を読むこ[…]

読書 メリット 読解力

 

読書の苦手原因を無くすには読む目的をはっきりさせる

読書する際、読むのに飽きてしまって、結局最後まで読まなくなる経験は無いですか?

これを積ん読と言います。

 

積ん読になってしまうと、自分は本を読み切れないんだという感情になってしまいます。

そして、段々読書に対する苦手意識が大きくなり、ますます本を読むのが嫌になります。

 

では、なぜ積ん読になってしまうのでしょうか。

それは、読む目的をはっきりさせてないからです。

 

目的を持たずに何となく読書すると、集中力を生み出すことができず、飽きやすくなってしまいます。

つまり逆を言えば、読書の目的がはっきりしているとモチベーションが上がります。

積ん読を防ぐことで、苦手意識は無くなるでしょう。

 

そもそも、読書は何かを知ろうとするために行う行為です。

読む目的が無い本を読む必要は、基本的にないのです。

関連記事

本を読む人と読まない人とでは、人生において明らかな違いが出来ます。本を読まない人は、本を読んだくらいで、会社から評価され、年収が上がるようになる様な事なんて、ないと思っています。 しかし、私は自分の体験から[…]

本を読む人

 

読書の苦手原因は、全文を読まないといけないという誤解があること

もう一つ、読書を苦手になる原因があります。

それは、読む本に書かれている文字を全部読もうとすることです。

全て読もうとすることで文字を読むのが段々だるくなってしまい、読書が苦手になる流れになってしまいます。

関連記事

特に、ビジネス書や自己啓発本を読むときは、この方法で読む事をおすすめします。読書を苦手に思う人は、1ページ目から読み始め、重要部分にたどり着く前に、読書が止まってしまいます。非常に勿体ない。 かなり[…]

読書 読み方 コツ

 

しかし、基本的に読書する際、本に書かれている文字は全て読まなくても良いのです。

本に書かれている文字が、全て自分に必要な情報では無いことがほとんどだからです。

 

例えば、既に知っている情報なら読む必要は無いですので、読み飛ばしても良いでしょう。

読書は、必要な情報だけ読むことで達成感を味わい、苦手意識を持たないようにするべきです。

実際、目次、図、太字の部分を読むだけで、飽きる前にある程度の内容は理解できます。

よって、既に苦手意識がだいぶある人は目次、図、太字だけで読んでみましょう。

 

要するに、文字を読むのが嫌になる前に、おおよその内容を理解するのがポイントです。

おおよその内容を理解すれば、どんどん内容が気になってもう少し読もうかなという感情がわいてきます。

関連記事

本を読むと、人生がよくなることは、明確です。ただし、うまくいかない人もいる。それには、ちょっとしたコツがあるように思う。それは、本の読み方にあります。過去40年の実体験から、気づきや学びを公開します。[…]

読書 効果的な読み方
読書 苦手 原因
最新情報をチェックしよう!