読書ノートが有益である理由とやり方|文章力が高く年収も高く

スポンサーリンク
読書ノートが有益である 理由とやり方 |文章力が高く年収も高く

読書ノートとは、読書をして、書くことです。

読書でインプットをして、書くことでアウトプットをする。

アウトプットすることが重要。

当記事は、読書の管理をするためのノートではなく、人生が変わるきっかけとなるようにアウトプットする読書ノートについて、解説しています。

 

スポンサーリンク

読書ノート|読書の記録と行動は重要なアウトプット

読書 アウトプット 方法 おすすめ

読書を生かす最高の方法は、読書ノートに記録して行動に活かすことです。

本を読む人は、全体から見ると非常に少数派です。

しかし、それでも読書する人の数を数えれば、膨大な数です。

しかし、多くの人は、本を読んだ後に、人生に活かすことをしている人は、少数です。

多くの人は、本を読んでためになったな、と思う段階でストップしています。

 

そこで、読書をしたら、ノートを書く習慣を身につけてください。

学んだこと、得られた知識情報、自分の生活・仕事に活かせそうだと感じた気づきなどを、読書ノートに記録して、実際の行動に生かしてみてください。

アウトプット=書くこと・行動することをすることで、学んだ知識・情報が、自分自身の地となり肉となります。

 

特に、読書ノートに書くことは、読むことと同等以上に重要です。

本を読んで、ためになったと感じても、その後の人生や仕事に変化が起きないのは、読んで感じて、終了となっているからです。

まず、書くことから始めてください。

読書ノートに、最適化したノートやテンプレートがありますので、それらを利用する方法も良いですし、普通のノートに、手書きで、本を読んだら書くようにするのです。

 

書いたら、実際の生活や仕事の場面で、実行してみることです。

この繰り返しを継続していくうちに、仕事ぶりや生活面に変化が出てきます。

 

 

スポンサーリンク

読書ノート|本はふせんを貼りまくりメモを書きまくる

本 読み方 付箋

読書ノートの方法は、一般的には専用のノートを作って書いていくのです。

しかし、別に読書の専用ノートを作らなくても、本自体に書き込む方法もとても有効な読書ノート方法です。

3色や4色のボールペンで、色に役割を当てて、気づいたこと、今の自分に役立てたいこと、知らない言葉の意味などを書き込んでいけば良いのです。

もしも、本を汚したくないという考えを持っている方ならば、大きめの付箋紙を用意してください。

付箋紙は、2色〜3色用意して、意味を割り当てて、付箋紙に書き込んで、本に貼りまくるという方法です。

 

この読書ノートの良い点は、自分の成長度合いに応じて、貼り分けられることです。

特にビジネス書の場合によくあることですが、最初に読んだ時に、感じたことと、数ヶ月か数年後に感じることが、変化してくることがあります。

大きい付箋紙にノートとして書き込んで、後日再度読み込んだ時に得られることや感じることが変化しているはずですから、また大きい付箋紙に借り換えて、ノートを書けばいいです。

 

直接書き込む方法の場合であれば、ある意味どれだけ、本を書込みで汚しているのかで、学びのレベルアップを感じるかもしれません。

まるで、受験生のように感じられている人もいるかもしれません。

しかし、このような読書ノートの書き方を繰り返していくと、受験生と同様に、社会人としても、学びをレベルアップしていくことができるようになります。

 

学生だった頃を思い出してみてください。

ただ単に、教科書を読むよりも、書き込んだり、付箋を貼ったり、マーカーを引いて、覚えたではありませんか。

非常に良く似ています。

学生は、試験のための勉強として行動し、社会人は、自分のレベルアップのために、読書ノートを書くのです。

その結果、仕事がうまくいくことが増えるようになり、社内の評価も高まり、年収も上がるようになるのです。

 

 

スポンサーリンク

読書ノート|本を読む人だけが手にするものの一つは文章力

本を読む人だけが手にするもの

あなたがもし、学生あれば、読書感想文やレポートを提出する際に、文章の書き方に苦労した経験はありませんか。

あなたがもし社会人ならば、なおのこと、自分に文章がないことに、気づかされたことはありませんか。

社会人になり、職位が上がるようになれば、なおのこと、文章によって作成する書面がたくさんあることに、悩まされた経験がある人がいます。

話し言葉だけではなく、文章によって、コミュニケーションやプレゼン・企画や報告をするようになります。

つまり、文章を書けないと、非常に苦労するということです。

 

人が生まれてから何の経験も訓練もなくして、文章力があるということはあり得ません。

文章が上手にかける人がいたとすれば、その人は、これまでにたくさんの文章を読んで書いてきた経験があります。

正しい文章・何かを伝える文章には、文章力が不可欠です。

読書ノートを続けていけば、学んだこと・得られた知識情報をノートや付箋にまとめていくことを繰り返していく中で、文章力が訓練されていきます。

つまり、文章力というものは、本を読む人だけが手にするもの、ということです。

本を読むことを繰り返していなければ、良い文章、わかりやすい文章は、書けるようにはなりません。

読書ノートを書くことで、文章力が身につくスピードは、倍増します。

 

 

スポンサーリンク

読書ノートをアプリで書く|読書メーターの使い方

読書メーターの使い方 (1)

読書ノートのやり方として、紙のノートに書く方法と付箋紙に書き込む方法を紹介しました。

文字を書いた時に、後で自分の下手な文字を見るのが嫌という人がいるかもしれません。

筆者もそうでした。

後で、自分が書いた下手文字を見ると嫌な気持ちになることがありました。

 

そういう人は、ペンをキーボードに持ち替えてパソコンに記録する方法があります。

等記事で紹介する読書メーターは、単にパソコンに記録するのではなく、もっと進化させた方法です。

読書メーターは、いわば読書を通じたSNSです。

読書メーターでは、読書好きの人がたくさん集まり、自分が読書をして感じたことなどを記録しています。

まだ、読んでいない本についての口コミを読んでいる気持ちになります。

また、自分とは違う感じ方をする人の意見を読むこともできます。

 

読書メーターは、ブラウザでも使えますし、スマホやタブレットのアプリでも使えます。

特に、SNS的なコミュニケーションを取らなくとも、読んだ本が自動的に管理され、人の意見を参考したりすることもできるデジタルツールです。

 

自分がノートに書いた文字に対してストレスを感じる人ならば、読書メーターを利用して、読書ノートを書くことをお勧めします。

コミュニケーションは、二の次です。

読書をして、書くことが重要なのです。

非公開にすれば、誰からにみられることもありません。

おすすめの読書ノートの方法の一つです。

 

 

スポンサーリンク

読書ノート|読書量が進んでいくと年収も増えるという相関関係

読書と年収は関係は間違い

読書をしない人や苦手な人からすれば、信じたくないようなら、様々な研究データがあります。

特に、子供の頃(10歳)までの、家庭環境の中で、自宅に10冊以上の本があった人は、0冊の人と比べると大人になってからの年収に、20%以上の差があるというのです。

脳科学を研究する人の間でも、年収は、今まで読んできた本の量に比例する、と発言している方もいます。

 

しかし、一方では、文化庁のデータを見れば、世の中の8割以上の人が、ほとんど本を読んでおらず、読んでいてもせいぜい月に1〜2冊ということがわかっています。

この調査は、総務省の年収に関するデータのグラフと非常に良く似ています。

この2つのデータで、そのまま本を読まない人は年収が低いとまでは言い切れませんが、読書量と年収のグラフは非常に酷似しており、強い関係性があると考えざるを得ません。

 

ですので、根拠ある仮説として、月に7冊以上の本を読み続ければ、年収1000万円以上になる可能性は高いのだと、考えて良いのかもしれません。

しかし、時間的に、経済的に、そこまで読み続けるのが難しいとするなら、読書ノートで効果効率を上げる方法が、おすすめということになります。

読書をする時に、ノートに書くという、手指を動かし脳を刺激しながらの行為を続けることで、単に本を読む人よりも、身につく可能性が高まるのですから。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

読書ノートに書くという、1番目のアウトプットの次は、2番目の行動に生かすことです。

この2つのアウトプットを継続することで、月に7冊とは言わず、4冊程度でも、効果的になるはずです。

実は、筆者は、自分の体験として、読書ノートと行動に生かすことを継続した結果、成果を得た経験を持っています。

読書ノートを書いて、本を読むことは、本当に確実な自己投資です。

是非、お試しください。

 

 

  1. 本を読む|読書のコツとメリットを知ることで人生が変わる
  2. 本を読む人を続けると人生がトクに!続けない人が多いから
  3. 本を読む時間はスキマ時間を活用し頭も良くなる
  4. 本を読むメリット|顔つきが変わり年収が上がること・・・
  5. 本を読む人と本を読まない人との違い|読書苦手から克服できると
  6. 本の読み方は頭に入りやすく効果的に!姿勢・環境も大事
  7. 読書アプリで出来ることは何?おススメ機能や得する機能も紹介
  8. 読書のメリットは究極の時間短縮術かも知れません
  9. 読書の効果は記録をつけることで倍増!ノートを使う
  10. 読書の記録と行動は重要なアウトプット!続ければ人生が変わる!
  11. 本は付箋を貼りまくりメモを書きまくる|本の読み方
  12. 本を読む人だけが手にするものの一つ|文章力が高くなる!
  13. 読書メーターの使い方|ログインから
  14. 読書量と年収は相関関係にあります!参照データあり!
タイトルとURLをコピーしました