習慣が読書という人が手にするモノ

スポンサーリンク

読書をすることが良いとされていることは、一般的に知られています。

しかし、読書をするための時間をとることになるし、本当に読書が良いことならば、みんながもっと本を読むはずだ、と思っている人もいると思います。

本を読むことを苦手としている人もいます。

実際に、読書をする人の数は減少しているとする調査データもあります。

しかし、現実には、40代・50代・60代と年齢を重ねるごとに、人の能力や立場や経済力に、大きな開きが生まれています。

その原因の全てが、読書をするかしないかに、かかるものではないです。

しかし、上位と見られるのほんのわずかな人たちの多くが、読書を習慣としていることは、事実です。

読書を習慣とする人が手にするものが、そうではない人よりも、多くを持つことは確かです。

 

スポンサーリンク

習慣が読書という人が手にするモノ

習慣 読書する人

若者の文字離れが進んでいる、とか、本を読まない人が増えている、というアナウンスがあることで、世の中の全般がその方向に加速していき、ますます経済的な格差が広がっています。

読書が、直接的原因でないにしても、間接的には大きな影響をしています。

 

読書を手にする人が手にするものは、何なのかを解明していきます。

ただ、満足度や幸福度というものの尺度は、万人に共通するものでは、ありません。

あくまでも、一般論としての基準として、解説します。

 

なぜかと言いますと、例えば、多くの人と関係性を持っていることで幸福を感じる人もいますし、ひとりでいることに幸せを感じる人もいます。

お金を持っていることで、安心する人もいますし、あまり持っていなくとも幸せという人もいるかもしれません。

人が感じている幸福度や満足度のバロメーターは、共通していないからです。

 

スポンサーリンク

習慣が読書になると、どんな効果がある

習慣 即書する人

読書を習慣とする人が手にするものは何なのか、どんな効果があるのかについて、解説していきます。

人は、人と出会うことで、影響されます。

ほんと出会うことも同様です。

人が現実社会で出会うことが可能な人数には、限界があります。

本との出会いは、望めば時間の範囲内で、無限に広がります。

 

思考が変わることで行動が変わる|マザーテレサの言葉

読書をする事で、影響されることに、思考が変わることがあります。

自分の知らなかった事について、読書をする事でふれること・知ることができます。

それによって、思考が影響されます。

 

マザーテレサの言葉とされるものに、次の言葉があります。

様々な方が応用して発言しているので、原点の出自は不明です。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 

2020年に亡くなった野村克也元監督の言葉にも似ている言葉があります。

心が変われば態度が変わる。

態度が変われば行動が変わる。

行動が変われば習慣が変わる。

習慣が変われば人格が変わる。

人格が変われば運命が変わる。

運命が変われば人生が変わる。

 

他の偉人たちにも似ている表現の名言があります。

 

読書をすると私たちは思考や心に影響を受けます。

「読書をしてもなにもかわらないよ」と言う人は、行動を変えることをしません。

行動が変わらなければ、折角良い影響を受けても、運命や人生は変わらないのだと思います。

 

 

読書は自己啓発のキッカケになる

自己啓発とは、ご存知の通り、自分の意志で自分の能力を高め、精神的な成長を目指すことです。

読書をしていると、様々な気づきが生まれます。

その気づきの中で、自分の課題を発見することが出来ます。

そして、自分の課題を解決しようというマインドが動き始めます。

それが、自己啓発へと繋がっていくのです。

読書をすることで、自己改善のキッカケを知ることが出来ます。

 

 

人生や仕事への不安が減少

仕事では、明快に役立つことが分かります。

また、人生においても、人間の基本的な性質が、本来ネガティブに出来ているから、未だ起きてもいない未来に対して、不安を感じるものです。

その不安は、明確になっている場合もありますし、漠然とした未来への不安を感じる場合もあります。

読書を習慣にしている人は、思考の仕方が論理的になっている人が多いです。

論理的な思考が出来るようになると、自分の人生の未来の不安に対しても、論理的に考えられるようになります。

自分の未来に対して、何が不安を感じさせているのかを、論理的に考えられることで、漠然とした不安が減少していく傾向があります。

 

また、仕事の不安に対しても、同様に、論理的に思考できることで、問題に気づいたり、解決するポイントを見つけられるようになります。

また、実際の仕事の壁や問題点に、気づいて対処していく思考も出来るようになっています。

 

 

読書を習慣にすることで、自分の経験以上の学びを得ることが出来る

人は学びの多くを自分の体験から学びます。

しかし、人生の時間は限られています。

ご存知の通り、1日の時間は誰にとっても同じ時間しかありません。

 

しかし、読書をすると、成功者の体験や思考や研究したことなどを、知ることが出来ます。

読書をすることで、擬似的に体験することで、自分の疑似体験が増加します。

読書をすることが自分の経験にレバレッジをかけられるという言葉もあります。

 

 

読書を習慣にしたことで得るモノの差は社会人で明確になる

読書を習慣にしたことの効果は、明日現れるものではありません。

薬やサプリのように、数日後にその効果が表れるものではありません。

この点が、読書をしないひとが増えている原因なのだと思います。

 

著名人には、多くの読書家がいます。

しかし、有名人でなくとも、一般の会社にも、組織の中に優秀だと言われる人材がいます。

もしかすると、あなたの先輩や上司の中にも、優秀といわれる人がいるはずです。

その人たちの多くが、読書家です。

 

40代50代と年齢が進むに従って、その差は開いていきます。

誤解のないようにと思いますが、読書を習慣にしていない人が、不幸だということではありません。

そもそも、幸福の尺度は、人によって、異なります。

人類が皆共通で思う幸福度はないのです。

 

しかしあくまでも一般論ですが、人間関係はいい方が良いですし、お金は持っている方が、不安になることは少ないです。

 

 

大人になってからでも読書の習慣は遅くない

読書の効果は、すぐに表れるものではないと説明しています。

しかし、例えば、読書の習慣をつけるのは40代50代になってからでは遅いかといえば、そんなことはありません。

筆者の場合でも、40代以降になってから、猛烈に読書をするようになりました。

その結果、読書の効果を実感しています。

 

子供時代に、本が周りにある生活をしている人は、大人になってから、年収格差が20%になるという研究データがあります。

しかし、大人になってからでも、読書の効果が感じられるようなことは、起きてきます。

しかし、大人になってからの場合、少し急いで読書量を増やすべきです。

 

 

読書をすると思考が変わる・独りよがりから脱出

読書をすると、思考が影響を受けることを説明しました。

読書を進めると、成功者や研究者たちの思考や経験を知ることが出来ます。

人は経験から学びを得るのです。

しかし自分の人生の時間には限りがあります。

読書を習慣にすることで、人の思考には様々な思考があることを知るようになります。

人には、様々な思考があることを知らないでいると、独りよがりな思考を持ちやすくなります。

他人の思考を理解しにくくなる可能性があります。

読書をすることで、独りよがりな思考から脱出することが出来るようになります・。

 

スポンサーリンク

まとめ

読書には、以上のように、良い効果がたくさんあります。

また、遅すぎるということもありません。

人生も仕事もうまくいくように考えるのなら、是非読書を習慣にすることをおすすめします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました