読書に集中できなくなったら、環境づくりが大事!

読書 集中できなくなった

こちらの記事では、読書をする際に、集中して、読み進めるための方法について、

解説しています。

それでは、解説いたします。

 

 

読書に集中できなくなったら、読書前の準備や読み方を工夫する必要がある

読書 集中できなくなった

 

読書は、様々な学びを得ることができるきっかけをもたらしてくれます。

よって、皆さんも読書を習慣化させようと考えている人は多いと思います。

しかし、いざ読書を始めるとなかなか集中して読むことができずに飽きてしまう、

といった経験は無いでしょうか。

 

今回はそのような方に、集中して読書するためにはどうすれば良いかという点に

ついて説明していきたいと思います。

それは、読書に集中できる環境作りにあります。

 

 

読書に集中できなくなったら、集中できる場所をつくる事

読書 集中できなくなった

 

家の中でも良いし、会社と自宅以外のサードプレイスでも良い。

読書に集中できる場所をつくる事です。

本を読むという場所、集中できる場所が必要です。

 

集中できる場所がないと、本の中のどの部分が必要な情報かはっきりせず、

ダラダラ読んでしまって読むモチベーションが無くなるからです。

集中出来ない状態で、読んでも身につかないということは、

想像できると思います。

 

読書の目的を設定し、集中できる場所をつくると、

その目的を達成するためにはどのような情報が必要かはっきりします。

 

つまり、集中すべき状況を自ら設定してあげるのです。

 

 

 

読書に集中できなくなったら、時間を確保する

読書 集中できなくなった

 

集中して読書するためには、そのための時間が必要です。

出来れば、「かたまりとしての時間」を取れると、非常に良いです。

 

しかし、現代に生きる人たちは、皆忙しく過ごしています。

しかし、「スキマ時間」は、1日の中に、あちこちに散らばっています。

何かと何かの合間の時間=スキマの時間、これを合わせると、

馬鹿にならない程の時間になります。

 

その中でも、最も無駄にしてしまっているのは、「移動時間」です。

もちろん、自分で車のハンドルを握っている状況では、無理です。

しかし、公的交通機関を利用している場合には、黙って座っていたり、

今日の仕事の内容のことを考えていたりする時間があるはずです。

 

ここに読書をあてるのは、意外に集中できるのです。

 

もし、電車の中は混雑して、「本を読める状況にない」という方でしたら、

オーディオブックを活用することです。

イヤホンで、耳から音声で読書をするのです。

使い慣れると分かりますが、

もし1日の通勤時間が30分・1時間とかかっているのでしたら、

行きと帰りでその2倍の時間が、黙って過ごしていた時間が、

生産性のあるものに変わります。

 

 

 

読書に集中できなくなったら、音楽

読書 集中できなくなった

 

音楽には、個人差があります。

 

「無音」の方が集中できるという人もいますし、

「静かな音楽」が流れている環境の方が集中できるという人もいます。

事実、ドクターがオペをする集中の場面で、

静かな音楽や好きな音楽をかけて、オペをするドクターがいます。

 

 

集中には、緊張がある方がいい人もいますし、

軽いリラックスの時に集中できる人もいるからです。

試してみて、自分がどちらのタイプなのか、判断してみたら良いです。

一般的には、静かなピアノ曲やクラシックの方が、

集中できる人の方が多い様です。

 

静かな曲が流れている環境というのは、

わずかな人の動きや生活音を隠してくれます。

「無音状態」を体験すると分かりますが、自分の周りには、

意外に小さな音が溢れていることに気がつくかも知れません。

 

 

 

読書に集中できなくなったら、集中できる環境作りと目的が重要

読書に集中できないということには、様々な細かな理由があります。

 

自宅だと家族がうるさいから、という理由もあるかもしれません。

先ずは場所を確保することです。

会社と自宅以外の場所を見つけて、

コーヒー1杯で1時間いられる場所でも良いと思います。

それを確保することです。

 

また単純に集中出来ないという人もいるかも知れません。

その場合は、その読書に目的を持っていないからという可能性があります。

その本を読んで、何を得ようとしているか、です。

何かを理解するため、何かを調べるために、

という目的を明確にして読書をすると、結果的に集中することが出来ます。

ぜひ試してみて下さい。

 

 

 

まとめ

読書に集中するには、まず環境作りです。

場所と時間と音楽です。

 

本来は、目から入れる情報の方が良いのですが、難しければ、

オーディオブックで耳から入れる情報でも良いです。

読書を集中して継続することで、得られる恩恵は非常に大きいものがあります。

読書と年収は相関関係にあります。

また、人生の豊かさも比例します。

是非、環境作りを頑張ってみて下さい。