読書の読み方のコツ|目次を先に読み、不要部分は飛ばして読む

読書 読み方 コツ

特に、ビジネス書や自己啓発本を読むときは、この方法で読書をする(読み方のコツ)事をおすすめします。

読書を苦手に思う人は、1ページ目から読み始め、重要部分にたどり着く前に、読書が止まってしまいます。

非常に勿体ない。

 

一般的には、かなり分厚い本では、本文は400ページくらいあります。

しかし、著者がその本で、最も伝えたいことは、その中の1ページ分しかないということは少なくありません。

そこへたどり着く前に、読書をやめるのは、非常に惜しいことです。

読書の読み方のコツを覚えることをおすすめします。

 

読書の読み方については、読み方のコツがあります。

読書をすすめる為には、まず目次を読む事です。

内容が深い本でありましても、今の自分が理解出来て、役立つ部分は、一部しかない場合もあります。

その中で、今の自分が理解出来て、重要だと思う部分から、読み始めるのが私の考える正解です。

そして、数年後に再度その本を、読みますと、今度は違う部分が、光って見えたりします。

 

読書によって、自分の人生や年収などが大きく変化したと感じている、私から解説してまいります。

 

 読書の読み方のコツ|目次を先読み、不要な部分は飛ばして読む

読書 読み方 コツ

 

様々な本を理解しながら、効率良く読書するためには、目次をザッと先読みして内容全体を把握しておく読み方が重要nコツです。

 

読書の読み方のコツ|なぜ最初に目次で内容全体を把握すると、効率良く読書できるのか

読書 読み方 コツ

 

必要な情報だけに集中しやすくなる

いざ、本を選んで読書する時、何か知りたい情報や興味があるという理由が、ほとんどだと思います。

 

しかし、本に書かれている情報が、すべて必要ではありません。

よって読書では、必要な情報だけに目を向ける読み方をするコツをおすすめします。

 

そこで、読書で手っ取り早く、必要な情報を手に入れる読み方の準備があります。

本全体の内容を、目次などの先読みで理解する事です。

この本はどういう構成でどの情報を重要視しているかを、だいたいで良いので把握することが、読み方のコツです。

 

この読み方のコツによって、自分に必要な情報はどれだけ書かれているかが分かります。

どの部分に、集中的に書かれているかを知ることができます。

すぐに必要な情報を得ることができます。

大事な読み方のコツです。

 

先に全体を理解しておくと、読書に対する対するモチベーションが下がりにくい

本を買った直後は、さぁ読むぞと言う気持ちで、読書に対するモチベーションは大きくなってます。

 

そこで、張り切って一字一句丁寧に読んでいくと、いつの間にか飽きてしまう事があります。

読むのをやめてしまった経験は、無いでしょうか。

 

本の続きは、そのうちに、と思い、本は積まれてしまいます。

これを積ん読といいます。

 

全体を理解しておくと、最初から丁寧に読むよりも頭が整理されています。

情報が頭に入りやすく、速く読むことができます。

 

よって、読書の際に目次や図の先読みによる読み方でモチベーションを下げず、積ん読を防ぐことができます。

 

 

 

読書の読み方のコツ|実際の具体的な読書の効率的な読み方とは

読書 読み方 コツ

 

 

① 1番最初に「本のタイトル」、「帯」、「目次」、「はじめに」、「おわりに」の部分だけを読む

 

まずは、読書する本の全体内容と、具体的に何を問題視して述べられているのかを、ざっくりと把握する必要があります。

 

そこで、「本のタイトル」、「帯」、「目次」、「はじめに」、「おわりに」の部分だけを読んでいきましょう。

この読み方のコツによって、本の全体内容と筆者が1番伝えたい内容を理解することができます。

 

また本によっては、要点を目次で書いてくれているものが多々あります。

よって、目次を中心に確認することによって、本のおおまかな内容が理解できます。

 

② 「図」、「章のタイトル」、「太字」、「章のまとめ」の部分だけを読む

①が終われば、「図」、「章のタイトル」、「太字」、「章のまとめ」の部分だけを読んでいきましょう。

 

この読み方のコツで、本に書かれている内容はだいたい理解できます。

読書で①と②の読み方のコツを実践中に、気になるところやわからないところがあれば、随時印などをつけましょう。

ここで、気になったことや感じたことを、本の空いている部分にメモする読み方のコツで、より記憶に残り理解が深まります。

本を見返す時に、自分に必要な情報がわかりやすくなるため、便利です。

 

③ 気になるところを中心に本文を読む

読書の際、②までの読み方で充分内容の理解はできますが、どうしても読み返したい部分やわからないところが出てくると思います。

そういった場合は本文を読んでいきましょう。

この時に読みたいと思った本文が、本当に必要な情報です。

 

 

 

読書の読み方のコツ|自分にとって必要部分のみを読む

読書 読み方 コツ

 

読書をしていると、

最初の1ページから最後のページまでを読みたくなるときもあります。

 

しかし、多くの場合、今の自分にとって、大事なこと、理解しやすいことは、

自分の成長によって、変化していきます。

現時点で、不要な部分を読んで、時間を使ってしまうのであれば、

むしろ読み飛ばして、別の書籍の読書を進めるべきです。

 

一番勿体ないのは、現時点の重要度が低いのに、文章表現が難解だったり、

興味の薄い部分で、つまづいて読書をやめてしまうことです。

 

ですから、今の自分にとって必要な部分のみを読み進めるのが、

最も自分を成長させてくれる「読書の読み方のコツ」です。

 

 

 

まとめ

 

読書は、基本的にメリットしかありません。

 

しかし、世の中は、月に1冊の本を読まない人であふれています。

ですから、2冊でも3冊でも、読書を継続して行く人が、評価され、出世をして、年収が上がっていくということが言われ続けているのです。

 

時間が無いとか、忙しいというのは、言い訳ですね。

寝る時間もあるし、ご飯を食べる時間もあります。

電車に乗って、移動する時間もあります。

 

今の仕事をもっと良くしたいとか、優秀になりたいとか、年収を上げたいと思うのならば、読書をすることです。

タイトルとURLをコピーしました